映画「時空警察ハイペリオン」ハイパー時空通信

いよいよ7/25(土)ロードショー!!映画「時空警察ハイペリオン」ハイパー時空通信

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
映画「時空警察ハイペリオン」メールマガジン
             ハイパー時空通信vol.3
                      発行:時空警察広報部
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

▼===============================▼
映画・エンタメファンの皆さん!「ハイパー時空通信」編集部です。
「ハイパー時空通信」は7月25日(土)よりシネマート新宿で劇場公開
される映画「時空警察ハイペリオン」(http://www.hyper-orion.com)
の情報,コラム等をお届けするメールマガジンです。いよいよ公開が
近付いて来ました!!
▼===============================▼

■ 時空警察ハイペリオンとは…------------------------------------
2001年からテレビ、DVD、グッズ等が展開されて来た大人向け特撮
アクションドラマシリーズ「時空警察ヴェッカー」シリーズの第4弾に
して初の劇場用新作映画です!
7月25日から新宿伊勢丹横の「シネマート新宿」にてロードショー公開
されます。
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/lineup/20090420_3561.html
-----------------------------------------------------------------

■原作者でもある畑澤和也監督に聞く「ハイペリオン」のすべて!!-その2

前回に引き続き時空警察ハイペリオンの監督、畑澤和也さんにロングインタ
ビュー!ここだけでしか聞けないお話もあるかも!?

--今回の脚本はアニメ作品で活躍されている竹田裕一郎さんが担当されて
 います。竹田さんの起用のいきさつは?
僕からプロデューサーにお願いしました。前作の「ウ゛ェッカーシグナ」の
全話脚本を担当した兵頭一歩さんの先輩にあたるんですが、竹田さんはいわ
ゆる「萌え」に依らない硬質なSFストーリーと緻密な設定に定評があります
ので、単に脚本だけではなく設定制作からご一緒して頂きました。あまり
「ウ゛ェッカー」を知らない人の方が新しいものに出来るだろうというのも
理由のひとつでしたが、竹田さんは「ウ゛ェッカー」シリーズを猛勉強して
来られて、原作者である自分より深く洞察されていて驚きました。

-- 脚本を拝見すると、ずいぶん難しいSF用語や専門用語が沢山出て来ま
 すが…
竹田さんの豊富なSF知識に裏打ちされつつ、用語自体の意味や理由は解らな
くてもストーリーは理解出来る内容になっていると思います。ただちょっと、
普段からSFっぽいものに馴染みにない方には理解しずらいかもしれませんが、
不特定多数の方対象というよりはアニメや漫画などに親しんでいる方対象に、
という事で、SFアニメを執筆されている時の基準で書いてください、とお願い
しました。今や、特撮作品とカテゴライズされていても単純な勧善懲悪ストー
リーだともう通用しない…いや、個人的には勧善懲悪ヒーローもの大好きなん
ですが…ですから。

-- いわゆるタイムパラドックスや多元宇宙論などが中心に展開されています。
いきなりコアなデティールの話になりますが、これまでの「ウ゛ェッカー」の
世界観では多元論は否定していたんですね。いわゆる「自己無矛盾の原理」は
堅守し、歴史は必ず揺り戻しがあって、必ず一本のラインに定まるのだという。
ただ、最近のSFでも多元論の方が主流になってるし、現在放映中の「仮面
ライダーディケイド」では、多元論そのものがストーリーになってたりします
もんね(笑)。ただ、SF設定ってやっぱり設定でしかないので、それをストー
リーに活かせないと意味がないんですが、巧くテーマとも合致して使えたかな
と思っています。

-- この作品のテーマとは?
「僕は君のいるこの世界を護りたいんだ」です。「この世界」のとこがポイン
トです。主人公二人、折尾光四郎と織田優生…そして悪の主人公といえるアレス
のそれぞれが「君のいる世界」を護る為の戦いを繰り広げる。その戦いに勝者は
あるのか?…そういった内容です。なんか、全部喋っちゃいましたが。解ります?

-- 脚本を拝見していて、最後に主人公たちが選んだ結論に泣けました。
もう一つ…というか、これが本当のテーマかもしれないけど、気持ちを「言葉」
にして伝える…という事ですね。これは「言葉」を操るにに長けた「声優」
さんが演じるドラマのテーマとしても相応しいんじゃないかと思います。

-- 「言葉」といえば…セリフの分量が半端じゃないような…
主演の和田三四郎さんは普段身体だけでで演技を見せるスーツアクターさん
なので…「一生分のセリフがありました」と言ってましたが…今回は脚本も
演出も「会話する」という事に注力しました。激しい戦闘をしながらも「会話」
を繰り広げてます。ヒーローって変身すると何故か黙々とただ戦うのが主流なん
ですが、それだとドラマが途切れた感じがするんですよね。
テーマが「言葉を伝える」でもありますから。もともとセリフが長いので知ら
れる竹田脚本ですし、それを知っていてお願いして、更にセリフ…「会話」を
足しましたから(笑)。

-- すごく凝縮されたものになっていますね。
上映時間は2時間ちょっとですが、「ウ゛ェッカーシグナ」と比較しても3巻分
以上の分量がありますしね。アクションも形式的にではなく随所に入れてます。
見応えはあると思いますよ。

-- 中でも「見どころ」と言うとどういう部分になるでしょうか?
「聞きどころ」でもありますが、声優さんの声の威力とそれらが織りなす
「会話」ですね。やっぱり。

-- アクションシーンの見どころは?
アクションシーンとしては、大掛かりで意味の無いワイヤーアクションなどは
今回はやってません。あくまで生身&着ぐるみのガチのぶつかり合いを、あえて
ローテクに撮影してます。
それでいてアクション監督には「従来のヒーローものっぽくない」アクション
演出を心がけてもらいました。もっとも、南辻アクション監督にお任せすると、
お願いしなくてもそうなるんですが(笑)。むしろちょっとした会話の合間に
入れているアクションに主演の和田さんを初め俳優陣の身体能力の高さを感じて
もらえると思います。

-- 予告編を拝見すると、CGなど特撮にも力が入っているように見受けられますが
特撮作品とカテゴライズされるのが恥ずかしいぐらい「特撮」ってやってないん
ですけどね。予算の問題もあるし…ていうかこれが一番大きいんですが(笑)、
CGの物量で大作映画に太刀打ち出来る訳ないし、個人的には「CGがこんなに凄い
!」っていう映画ってもう食傷ぎみだと思っています。シーンごとのクオリティ
や、いわゆる特殊造形物のクオリティとしては大作の特撮映画にも負けてない
つもりです。

--最後にメルマガの読者さんにメッセージをお願いします。
えーっと…メッセージは作品そのものです。なので、見てください。そして
「言葉」を伝えてください。

           ロードショー公開をお楽しみに!

■映画公開直後にDVDも発売---------------------------------------
劇場版「時空警察ハイペリオン」はもともとDVDオリジナルドラマ(全2巻)
として制作されていた作品を再編集して劇場公開されるものです。
劇場未公開シーンも収録、60分以上にも及ぶメイキングも収録されて株式
会社マクザム(http://www.maxam.jp/)より7月31日に発売されます。
 http://www.maxam.jp/products/detail/235/
--------------------------------------------------------------------

    ===▼ハイペリオンの世界観を体感していただくためにも
                 ぜひ、映画館に足をお運びください☆▼===

       ■■■映画「時空警察ハイペリオン」■■■
 出演:和田三四郎 森久保祥太郎 しほの涼 山口ひかり 寺島拓篤 
    入野自由 村田あゆみ 新名彩乃 葉月あい 彩月貴央 
    黒部進(特別出演) 高峰圭二(特別出演)ほか 
 原作/監督:畑澤和也 脚本:竹田裕一郎 音楽:永田一直
 企画/製作:マクザム・ミリオンエンタテインメント
 公式ホームページ:http://www.hyper-orion.com
 監督ブログ:http://ameblo.jp/bitbullet/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む