富山販売士協会メールマガジン

富山販売士協会メールマガジン 2009年9月号(第3号)

カテゴリー: 2009年09月08日
富山販売士協会メールマガジン 2009年9月号(第3号)

                編集&発行:富山販売士協会
                    
http://www.toyama-hanbaishi.org/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
   このメールは、以下の方を対象に配信しています。
  1.富山販売士協会に所属している方
   2.販売士検定を受験、販売士資格を更新する際などに配信希望された方
  3.販売士制度に興味があり、配信を希望された方
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
   
【目  次】

● 編集より

● 最新情報

■ 編集より
今年の夏はいつ始まったのか良くわかりませんでしたね。季節を感じないまま早9月。
先日、立山へ登山に行ってきました。9月初旬は夏山でもなく紅葉でもなく、中途半端な時期なのですが、
その代わり登山者は少なく比較的静かに登山ができました。
静かといえば、子供の幼稚園が始まり、家で仕事をする私も静かに仕事ができるようになりました。
秋の夜長。今年は何の秋にしようか思い悩むこの頃。思い悩んでいるうちに冬を迎えそうですね。
(吉田誠)
 

■ 最新情報
 例会
 8月18日(火)19:00~20:30 於:とやま市民交流館

1.新入会員である串田さん(大和 外商)に講演をしていただきました。
(1)登録販売士講座受講報告
・昨年の倍90数名が受講。串田さんと同世代が多かった。
・厚生労働省が職業訓練に販売士をカリキュラムとして検討中とのこと
・学生に普及して欲しいとの要望があった
(2)百貨店の業界動向
4大グループ(ミレニアムリテイリング、J.フロントリテイリング、三越伊勢丹ホールディングス、
高島屋+H2Oリテイリング)の現状とグループ化への要因について解説
大阪での百貨店戦争を例にグループの生き残りについての話があった
(3)自身の仕事
先日開催した横浜中華街展が非常にヒットした。本物を呼んだり揃えたことが受けたと分析している
外商は非常に厳しく、消費者が二極化していることと、顧客の高齢化に伴う継承が課題との話があった

2.今後の活動報告
(1)今年のベストショップコンテストは審査日10月7日・9日の2日間、
当協会からは成川氏が審査員といて参加いただくことになりました。

(2)10月2日に日本販売士協会運営懇談会が大阪で開催されます。
当協会からも平井会長と野村副会長、吉田事務局長が参加の予定です。

(3)11月27日(金)に視察会を実施します。行先は軽井沢アウトレットモール。
翌28日の予定は現在計画中です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
来月、大阪での運営懇談会に参加します。どんな懇談会になるか興味津々です。
日販協や各地の協会が何を考え何に悩んでいるのか。
傷を舐め合うのではなく、現状を打破するヒントを得たいと思っています。
(吉田誠)

■編集・発行 :富山販売士協会
        http://www.toyama-hanbaishi.org/
 メールマガジンに対するご意見・お問い合わせ、配信停止やアドレス変更
をご希望の方は、お手数ですが、「お問い合わせ内容」「お名前」を明記のうえ、
以下までご連絡ください。
 富山販売士協会事務局:http://www.toyama-hanbaishi.org/
            FAX 076-493-4420

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む