S先生の受験合格物語

S先生の受験合格物語の最新号です!!

カテゴリー: 2014年10月06日
『白石先生の受験合格物語』H26年10月6日号です。

こんにちは,白石先生です。

夢に向かって一直線!!

先生:どのようなご相談でしょうか。

保護者:すみません,お忙しいのに。…
うちの子は,高校一年生の女の子です。
実は,別の高校に行ってたんですけど,友達との関係などで,登校しなくなって,今の学校に転校したんです。
そのために遠くから引越ししてきました。

先生:そうなんですか。大変でしたね。

保護者:でも,また,学校に行かなくなっていまして……。
それで,よい学校があると聞いたので,また,転校しようかと思っているんです。

先生:はい,なるほどそうですか。…。

保護者:そこの編入試験が,今の学校の内容が分かっているかを試す試験になるそうなんです。
娘は,学校にほとんど行ってなかったので,学校の勉強には,非常に遅れているんです。
それで,その内容を個別指導で指導していただけないかと思いまして,Webで検索して,ここを見つけて来させていただきました。

先生:わかりました。お母さん,それは,ご苦労されておられますね。
うん~,そうですね~。おすすめの方法なんですが…。経験上…。

―― その後,先生が保護者におすすめの方法を説明する。
そして,高校1年生の娘さんも一緒に相談に来る。――

英語はS先生,数学はT先生,担当という形でがんばってもらうことに決まる。

数日後,保護者さんから電話がある。
保護者:先生,いつもお世話になっております。
うちの娘なんですけど,きちんと通っていますか。

先生:はい,毎日,朝から来られて,夜遅くまで自習もしながら,がんばっておられますよ。

保護者:先生,あの子がそんなにがんばれるなんて,ちょっと信じられないです。
なんか,感動しています。

先生:彼女はですね,目標ができたみたいです。実は,私が勝手に決めたんですけどね。
将来,英語と関係のある職業につきたいそうです。

―― 今後の予定について話し合う ――

後日,保護者さんから手紙が来る。

白石先生,いつもお世話になりありがとうございます。
娘の件,いつも本当にありがとうございます。
娘は先生からのアドバイスどおり,親友たちと一緒に遊んだり,勉強するようになりました。
そして,本当にありがたいことなんですが,学校に毎日通うようになりました。
先生方のお人柄やご経験の豊かさゆえの結果でしょうが,なんか,不思議な気持ちでいっぱいです。
一ヶ月だけでしたが,ありがとうございました。
このご恩は忘れません。
また,大学受験の時には,よろしくお願いいたします。
先生方の今後のご活躍をお祈り申し上げます。

―――――

私たちも感動しました。………

※※※※※※※※※※※※※※※※※

日本の教育を変える・エリートを育てる
ミリカ予備校・白石先生
⇒⇒⇒ http://myrica.info/

※※※※※※※※※※※※※※※※※

S先生の受験合格物語

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2018/06/20 部数:  50部

ついでに読みたい

S先生の受験合格物語

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2018/06/20 部数:  50部

他のメルマガを読む