『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

【事業再生に於けるM&Aを甘く考えてはいけない?】『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

■■■★☆★■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏  『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
┏┏┏┏┏┏┏┏┏  	
┏┏┏┏┏┏┏┏       ~法律と知識だけでは解決できない~
┏┏┏┏┏┏┏       
┏┏┏┏┏┏            ~情報と知恵こそ命~
┏┏┏┏┏             
┏┏┏┏    このメルマガは、「ホームページ」及び「まぐまぐ」から配信を御希望
┏┏┏      された方とご縁があり名刺交換をさせて頂いた方に配信させて頂い
┏┏       ております。               
┏                         No.0404  2018/08/29発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■★☆★■■■
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            
           ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
               https://www.shikinguri.biz/?mail404

                

             ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

               http://www.shikinguri.biz/lp/?mail404


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

おはようございます。

永尾です。

ある洋菓子製造メーカーの倒産が報道されておりました。

最盛期には、航空会社に焼き菓子等を供給し年商6億円あったとの事でし

た。

それが段々と売上が減少し2.5億円まで落ち、銀行から見放され親戚や従

業員からも借りてどうにもならなくなってからM&Aを選択したが時間が

足りずに破産手続きという事になったそうです。

基本的にM&Aを勘違いしている事例ですね。

今日は、そのようなお話です。

□■□~・★・~・☆・~・★・~・☆・~★・~・☆・~・★・~・■□■
         
本日の経営者のための一言 
                               No404       

■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

※※※ 事業再生に於けるM&Aを甘く考えてはいけない? ※※※

■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

基本的にM&Aで会社や事業を買いたいと思っている経営者の殆どが、利益

を得る事ができると思っているからです。

ですから、赤字の会社や債務超過の会社をそのまま売却するのは、買手が

少なくマッチングが難しいと言えます。

しかも規模がせめて数十億円以上あるのであれば色々な手段が取れますが、

2.5億円まで売上が落ちた業績の悪い会社を直ぐに売れると考えるのは間

違いです。

例えば、年商50億円の企業が2つの事業を行っており、メインの事業が

年商30億円で赤字が3億円で、もう一つの事業が年商20億円で利益が

2億円で、全体で1億円の赤字会社だとします。

このような場合であれば、20億円で2億円黒字の事業を分社化して売り

に出せば10億円程度で売れると思います。

これも分社化して2年から3年掛けて財務改善を行えば15億円から20

億円で売れる可能性がありますので、売り急ぐのは勿体ない話なのです。

しかしながら、事業再生時のM&Aは早期に資金が必要になりますので、

安くても売却せざるを得ないと言う事になります。

このように一定の規模があり黒字部門を抱えている場合の事業再生時のM

&Aは比較的短期間(それでも1年ぐらいは掛かります)で可能だと言え

ます。

しかしながら、年商が2.5億円まで落ちた赤字会社や債務超過会社の場合

には、このままでは買手はいませんので、手を加えて売れるようにするま

でに時間が掛かります。

案外と売れるようにする事と事業再生には親和性がありますので、同時に

進めるぐらいの決断をされないと時間切れで倒産処理と言う事になりかね

ません。

この洋菓子製造メーカーのケースでも、製造設備が重荷になっているのか、

販売力が無さすぎるのか等を分析して、製造会社と販売会社に分割して事

業再生を目指すと同時にM&Aでの売却も視野に入れて再生資金の調達を

考える必要があったと思います。

この規模で会社を分割して小さくすると更に売り辛くなったり、金融機関

の理解が得られなくなる場合があり決して簡単ではありません。

しかし、実際には製造と販売を分割すると、製造は自社内の販売が持って

くる仕事だけに捕らわれる必要がなく、自ら他社の製造も受託すると言う

発想が出るし、販売はもっとコストの安い製造メーカーに商品を発注する

と言う発想が、小さい会社であればあるほど早く実行できます。

このようにして、製造と販売の会社がそれぞれ別の顧客を開拓できる体制

を取ることにより、有力顧客に対して会社の売却を持ちかける方が高く売

れるケースが多いと言えます。

更に弊社のようM&A向け資金調達を得意とするケースでは、有力顧客が

買取る場合の資金調達までお手伝いしますので、通常のM&A仲介会社に

お願いするより成約率が高く、売却価格も高いと言えます。

今回は、たまたまニュースを見て感じた感想であり、私どもが引き受けた

らそのように出来たと言う意味ではありません。

特に事業再生が成功するかどうかは、経営者の決断力が大きく関係します。

成功率を上げるには、トータルプランが重要で途中でうまく行かなくなっ

ても、M&Aでの売却へ切り替えられる等の、複数のプランを同時進行し

ながら再生する方法が良いと言えます。

事業再生には余裕がありませんので、一つの方法が上手く行かなかったか

ら、次の手法を初めからと言う風にシリアルに進めていたのでは、ニュー

スで取り上げられた洋菓子製造メーカーのように時間切れになってしまい

ます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★★★ 使えば得する絶対お得なコーナー ★★★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(1)無料相談は、こちらから
       https://www.shikinguri.biz/free.html?mail404

(2)信用保証協会の審査に通るかどうか知りたい方は、こちらから
        https://www.shikinguri.biz/crd.html?mail404

(3)借りたいノンバンクが安全な業者であるか確認したい方は、こちらから
        https://www.shikinguri.biz/search.html?mail404

(4)融資を積極的に出す銀行を知りたい方は、こちらから
    https://www.shikinguri.biz/seek.html?mail404

(5)資金調達や資金繰りのノウハウを知りたい方は、こちらから
     http://www.keiei-juku.jp/?mail404


▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     何 で も 情 報 コ ー ナ ー

                 No.020
                             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼
◆M&Aで会社を高く売却したい方は下記の無料相談からどうぞ。
 
 https://www.shikinguri.biz/free.html?mail404


◆資金調達付きテナント募集
  
  下記の物件に出店される方には、内装費用や運転資金などの必要資金を
無料で調達いたします。

1.場所
    埼玉県川越市的場北2丁目11-5 山根ビル2F
    ・東部東上線 霞ヶ関駅より徒歩5分
    ・JR川越線  的場駅より徒歩14分
  
  2.使用部分面積 114.80平方メートル(34.72坪) 
    
 3.賃 料:¥138,240(税込)
 
 4.内装状態:スケルトン(空間を自由にデザインしたい方に向いています)

 5.築年月:1986年8月築 

6.フリーレント6ヶ月(半年間家賃が発生しません)

7.風俗営業やカラオケ設置の飲食店はNGです。

8.内装費、設備費及び運転資金などの資金調達を無償でお手伝いさせて頂きます。

 
お問合先
 インタープロス株式会社  
      〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
         TEL:03-6717-4600  FAX:03-6717-4601  
         E-mail: nagao@interpross.jp
                                      担当者 永尾まで

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

          ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
             https://www.shikinguri.biz/?mail403
                

            ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

             http://www.shikinguri.biz/lp/?mail403

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
======================================================
【クリックで救える命がある(クリック募金へのご協力のお願い)】
======================================================
インタープロスのビジネス経営塾では、志の高い経営者の皆様方
に今すぐ命が救える社会貢献に是非ご協力いただきたく、クリッ
ク募金のご案内をいたしております。
サイトにアクセスして右上にあるクリック募金から、あなたの
共感できる活動に1クリックをお願いします。
あなたに代わってスポンサー企業が1円を寄付してくれます。
一日一善の精神でご協力をお願いします。
●クリック募金はこちらから → http://www.keiei-juku.jp/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

**************************************************************************
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
----------------------------------------------------------------------
発行者
 インタープロス株式会社  
     http://www.keiei-juku.jp/modules/pico/index.php?content_id=3
 〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
  TEL:03-6717-4600  FAX:03-6717-4601  E-mail: info@interpross.jp
----------------------------------------------------------------------
     発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
     配信中止はこちら https://mypage.mag2.com/subscribe/UnSubscribeMagazineInit.do

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
 お願いとご注意
 このメールマガジンは著作権法で保護されていますが、商用を除いた転用はご自由に行
 っていただいて構いません。
 その他商用の転載などのご利用は、お問合せください。
  また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害などに対して
 発行者であるインタープロス株式会社は、その責任を負いません。
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,441部

ついでに読みたい

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,441部

他のメルマガを読む