『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

【融資金額が少ない方が借り易いは間違い?】『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

■■■★☆★■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏  『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
┏┏┏┏┏┏┏┏┏  	
┏┏┏┏┏┏┏┏       ~法律と知識だけでは解決できない~
┏┏┏┏┏┏┏       
┏┏┏┏┏┏            ~情報と知恵こそ命~
┏┏┏┏┏             
┏┏┏┏    このメルマガは、「ホームページ」及び「まぐまぐ」から配信を御希望
┏┏┏      された方とご縁があり名刺交換をさせて頂いた方に配信させて頂い
┏┏       ております。               
┏                         No.0353  2017/07/05発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■★☆★■■■
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            
           ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
               http://www.shikinguri.biz/?mail353

                

             ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

               http://www.shikinguri.biz/lp/?mail353


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

おはようございます。

永尾です。

融資の相談の内、最低限の借入金額を希望する経営者の方が結構います。

つまり200万円とか300万円あれば、取りあえず何とかなると言う

その場しのぎの考え方です。

それで200万円借りられたとしますと、いつまで持ちますかと聞きます

と、ひどい場合には今月は何とかなりますが、来月はまた足りなくなるか

も知れませんと言う答えが返ってきます。

正に自転車操業と言うやつです。

それでその経営者に、「少額であれば金融機関に毎月のように足りなくなる

度に融資を申し込めば貸してくれるとお思いですか?」と聞きました。

すると「家のような小さな会社なら1000万円の大金を一度に申し込むよ

り200万円を5回に分けて毎月申し込む方が貸してくれるんじゃないんで

すか?」と言う驚きの答えが返ってきました。

今日は、そのようなお話です。

□■□~・★・~・☆・~・★・~・☆・~★・~・☆・~・★・~・■□■
         
本日の経営者のための一言 
                               No353
       
■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

※※※ 融資金額が少ない方が借り易いは間違い? ※※※

■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

世の中の経営者の中には、無借金経営(危ない思想)が理想でお金を借り

ると金利が掛かるので、最低限の借入で済ませ、足りなくなる度に借りる

方が良いと本気で思っている人がいます。

しかしながら、貸す金融機関側はそのような経営者には貸しません。

勿論、一定枠が与えられている当座貸越やカードローンのような何時でも

枠内であれば借りられる商品は別です。

通常の運転資金や設備資金の証書貸付と言うやつです。

まず、金融機関の立場からすれば毎月200万円の融資審査の稟議を書く

ぐらいなら、5ヶ月分まとめて1000万円の稟議を1回だけ書く方が効

率が良いですよね。

人件費と事務コストの削減になりますしね。

でもそれだけではありません。

毎月足りない分を借りに来る経営者の計画性のなさを疑われます。

第一、そんなに資金繰りが忙しいようでは、本業に集中できません。

大体の金融機関は、最低でも半年、出来れば1年間は資金繰りができる計

画の下で借入をして欲しいと思っています。

つまり、一度借りたら最低でも半年は借りなくとも良い計画を立てて、そ

の金額をまとめて借りて下さいと言う事なのです。

現実に、一度借りて2~3ヶ月以内に再度融資を申し込むと、断られた経

験をお持ちの経営者の方は結構いらっしゃると思います。

今月や来月までの計画や資金の使い道であれば雄弁に説明する社長さんも、

1年先までの計画をとなると良くわからないと言う人が多くなります。

それに、先々の計画を立て必要な資金をまとめて借りるとすれば金額も大

きくなりますので、審査が厳しくなるのも事実です。

それでも細切れに短期間に借りようとしますと貸してくれませんので、や

はりまとめて借りる方が良いと言えます。

まためた大きな金額を借りるには、やはり事業計画書を提出した方が有利

です。

ただ、決算書と試算表を出しただけでは、1000万円の資金がいつまで

持つのかもわかりません。

事業計画と言う程のものではなくても、資金繰り表を出せば1000万円

でいつまで会社が回るかが分かります。

そうすれば半年で1000万円なのか1年で1000万円必要なのかが分

かりますので、小さな会社でも1年以上資金が持つのであれば、融資額が

そんなに多いとは言えないと言う判断もあるのです。

このように書きましたが、借りたばかりで1か月後に資金が足りなくなっ

ても借りる方法はあります。

或いは、まとめて借りる方が良いと言っても1000万円を審査に通すの

は難しいと言う事も当然あります。

そのような場合でも借りる方法はあります。

しかしながら、それらの方法は緊急時に使うものであり、基本は半年又は

一年分をまとめて借りると言う努力をして頂ければと思います。

えっ、緊急時の方法ですか・・・。

信用保証協会付き融資で先月借りたばかりで、今月も足りなくてと言う場

合は日本政策金融公庫で借りるだけです。

1000万円では審査に通りそうにない時ですか・・・。

事業計画書に信用保証協会付き融資で500万円、日本政策金融公庫から

500万円と分けて借りますと書くだけです。

どちらかの枠が一杯でとか、枠が既に無くてとか、債務超過でとか言う方

々は、メルマガでは全ては書ききれませんので、下記の無料相談からお問

合せ下さい。

無料相談は電話番号がなければ、メールで回答しますが出来るだけ状況を

詳しく書いて頂いていた方が、回答も的確に答えられます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★★★ 使えば得する絶対お得なコーナー ★★★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(1)無料相談は、こちらから
       http://www.shikinguri.biz/free.html?mail353

(2)信用保証協会の審査に通るかどうか知りたい方は、こちらから
        http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail353

(3)借りたいノンバンクが安全な業者であるか確認したい方は、こちらから
        http://www.shikinguri.biz/search.html?mail353

(4)融資を積極的に出す銀行を知りたい方は、こちらから
    http://www.shikinguri.biz/seek.html?mail353

(5)資金調達や資金繰りのノウハウを知りたい方は、こちらから
     http://www.keiei-juku.jp/?mail353


▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     何 で も 情 報 コ ー ナ ー

                 No.019
                             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼
◆財務改善スピードアップスキームの御案内(関東圏限定)
  
  1.仮払金や貸付金(対役員)の処理でお困りの方。
    
  2.債務超過解消や自己資本比率改善の為の増資資金が必要な方。
    
 3.将来の増資等に備えて会社のキャッシュフローを個人(役員)へ

       低税率で移したい方
 
 4.子会社や兄弟会社等を有効活用して統廃合を考えている方。

 5.社債を発行できる財務内容に改善したい方。 

6.M&Aで会社を売却したい方。


◆M&Aの御案内
 1.不動産管理会社
   売物を捜しております。
   ・売上の規模は問いません。
   ・管理物件数が数件と少なくても構いません。

 2.不動産担保ローン会社   
   不動産担保ローン会社の売物があります。
   この規模の売物は中々でませんので、ご興味のある方は早めにお問合せ下さい。
      貸出債権 約150億円
   経常利益 約5億~6億円
   売却価格 80億円~100億円
(但し、親会社からの貸付金70億円の清算が必要)

 
お問合先
 インタープロス株式会社  
      〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
         TEL:03-6717-4600  FAX:03-6717-4601  
         E-mail: nagao@interpross.jp
                                      担当者 永尾まで

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

          ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
             http://www.shikinguri.biz/?mail353
                

            ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

             http://www.shikinguri.biz/lp/?mail353

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
======================================================
【クリックで救える命がある(クリック募金へのご協力のお願い)】
======================================================
インタープロスのビジネス経営塾では、志の高い経営者の皆様方
に今すぐ命が救える社会貢献に是非ご協力いただきたく、クリッ
ク募金のご案内をいたしております。
サイトにアクセスして右上にあるクリック募金から、あなたの
共感できる活動に1クリックをお願いします。
あなたに代わってスポンサー企業が1円を寄付してくれます。
一日一善の精神でご協力をお願いします。
●クリック募金はこちらから → http://www.keiei-juku.jp/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

**************************************************************************
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
----------------------------------------------------------------------
発行者
 インタープロス株式会社  
     http://www.keiei-juku.jp/modules/pico/index.php?content_id=3
 〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
  TEL:03-6717-4600  FAX:03-6717-4601  E-mail: info@interpross.jp
----------------------------------------------------------------------
     発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
     配信中止はこちら https://mypage.mag2.com/subscribe/UnSubscribeMagazineInit.do

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
 お願いとご注意
 このメールマガジンは著作権法で保護されていますが、商用を除いた転用はご自由に行
 っていただいて構いません。
 その他商用の転載などのご利用は、お問合せください。
  また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害などに対して
 発行者であるインタープロス株式会社は、その責任を負いません。
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,441部

ついでに読みたい

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,441部

他のメルマガを読む