『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

【社長が経理に興味が無い会社は不正の温床に?】『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

■■■★☆★■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏  『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
┏┏┏┏┏┏┏┏┏  	
┏┏┏┏┏┏┏┏       ~法律と知識だけでは解決できない~
┏┏┏┏┏┏┏       
┏┏┏┏┏┏            ~情報と知恵こそ命~
┏┏┏┏┏             
┏┏┏┏    このメルマガは、「ホームページ」及び「まぐまぐ」から配信を御希望
┏┏┏      された方とご縁があり名刺交換をさせて頂いた方に配信させて頂い
┏┏       ております。               
┏                          No.0306  2016/06/08発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■★☆★■■■
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            
           ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
               http://www.shikinguri.biz/?mail306

                

             ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

               http://www.shikinguri.biz/lp/?mail306


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

おはようございます。

永尾です。

3年位前の話ですが、龍角散マーケッティング部長が1億円を着服(特定の

取引先と結託して架空請求)と言う事件がありました。
    
大企業であれば、このような事件が起きても倒産の危機に直面することは、

滅多にありません。

しかし、中小零細企業で多額のお金を横領されれば、倒産の危機に直面し

てしまいます。

現に、弊社のクライアント様の中でも信頼して経理を全面的に任せていた

専務に6000万円を横領され、倒産の危機に直面した経験をお持ちの社

長さんがいらっしゃいます。

今日は、そのようなお話です。

□■□~・★・~・☆・~・★・~・☆・~★・~・☆・~・★・~・■□■
         
本日の経営者のための一言 
                               No306
       
■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

  ※※※ 社長が経理に興味が無い会社は不正の温床に? ※※※

■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

A社から相談を受けたのは、5年ほど前の話です。

税金が払えず、分割交渉に行ったらけんもほろろに断られ、弊社に相談に

来られました。

A社の社長さんは、経理の全てを専務に任せていました。

勿論、最初からではありません。

段々、信用して最終的には通帳も印鑑も預けてしまいました。

また、試算表や決算書に目を通しても解らないので、専務の口頭での報告

を信じるようになったようです。

ここまで来ると恐らく専務の心境は、任されたと言うよりこの社長は経理

の事は何も解らないのではないかと思い始めて来たのではないでしょうか?

この社長なら横領しても解らないと確信したのでしょう。

結果として6000万円も横領されてしまいました。

その時の社長は、稼いでも稼いでも経理がお金が足りないと言って来るの

で、もっと営業しなければと思っていたそうです。

では、何故発覚したかと言いますと税務署から何回も呼び出し状が来てお

り、たまたま営業から戻って来た社長が見てしまった訳です。

何故、税金も払えず呼出や差押を受けていたのかと言いますと、横領を隠

すために会社を潰そうとしていたからです。

経理を握っている専務は、税理士も解雇して自ら決算を行っていました。

その決算書を、提出期限を過ぎて出されていたのです。

この事を聞いて、「それが何か経営に大きな影響があるのか?」と思った社

長さんは危ないですね。

これを2年連続行われると、繰越欠損金(過去の赤字)が使えなくなるの

です。

つまり、過去の赤字が残っているにも拘らず、今期の黒字と相殺できない

のです。

期限内に決算書を提出していたら、税金を払わずに済んだものを税金をわ

ざと発生させて、一番取立ての厳しい税務署に取立てをさせたのです。

税務署の呼出を社長に知らせず無視して金融機関の預金口座を差し押さえ

られるよう仕向けたのです。

そうなると、少なくともその銀行からの融資は全額一括返済になりますし、

勿論どんなに事情を説明しても融資は受けられなくなります。

このように経理に無関心で気が付くのが遅ければ、横領だけでは済まずに

証拠隠滅のために会社を倒産させようとするケースもあるのです。

このA社は、2000万円あった税金を全て払い、今では金融機関から借

りて欲しいと言われるまで回復しました。

ここまでの例は少ないですが、他にも色々あります。

年商5億円ぐらいの会社の社長さんでしたが、融資の交渉は全て経理担当

者に一任して、銀行と会おうとしないと言う方でした。

融資交渉を任された経理担当者が同じ銀行に、口座をもう一つ作り社長に

報告せずに、5000万円の融資の内、3000万円を普段使用している

口座に振り込ませ、残りの2000万円は、新たな口座に振り込ませまし

た。

そして、社長には5000万円申し込んだが3000万円しか下りなかっ

たと嘘の報告をした訳です。

その経理担当者は、決算が来る前に会社を止めて、その2000万円を着

服した訳ですが、その社長は決算書のPL(損益計算書)しか見ない方だ

ったので、3年間も気がつかなかったと言う事がありました。

決算ぐらいは見ていると言う社長さんでも、PL(損益計算書)だけでBS(貸

借対照表)は見ていないと言う方が多いですね。

PL(損益計算書)だけでは、売上が幾らで、利益が幾らかと言うぐらいで、

幾ら借りたのかなどは分かりません。

決算を見ると言う事は、BS(貸借対照表)まで見ないと意味がありません。

これらは、氷山の一角ですが社長が経理財務に興味を示さない会社は、犯

罪を誘発する危険性が高いと言えます。

少なくとも決算書のBS(貸借対照表)の数字が何を意味し、何を改善す

べきかを理解できるようになりましょう。

それが、犯罪の誘発防止にもつながるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★★★ 使えば得する絶対お得なコーナー ★★★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(1)無料相談は、こちらから
       http://www.shikinguri.biz/free.html?mail306


(2)信用保証協会の審査に通るかどうか知りたい方は、こちらから
        http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail306

(3)借りたいノンバンクが安全な業者であるか確認したい方は、こちらから
        http://www.shikinguri.biz/search.html?mail306

(4)融資を積極的に出す銀行を知りたい方は、こちらから
    http://www.shikinguri.biz/seek.html?mail306

(5)資金調達や資金繰りのノウハウを知りたい方は、こちらから
     http://www.keiei-juku.jp/?mail306


▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     何 で も 情 報 コ ー ナ ー

                 No.014
                             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼
◆財務改善スピードアップスキームの御案内(関東圏限定)
  
  1.仮払金や貸付金(対役員)の処理でお困りの方。
    
  2.債務超過解消や自己資本比率改善の為の増資資金が必要な方。
    
 3.将来の増資等に備えて会社のキャッシュフローを個人(役員)へ

       低税率で移したい方
 
 4.子会社や兄弟会社等を有効活用して統廃合を考えている方。

 5.社債を発行できる財務内容に改善したい方。 

◆M&Aの御案内

 1.不動産担保ローン会社   
   不動産担保ローン会社の売物があります。
   この規模の売物は中々でませんので、ご興味のある方は早めにお問合せ下さい。
      貸出債権 約150億円
   経常利益 約5億~6億円
   売却価格 80億円~100億円
(但し、親会社からの貸付金70億円の清算が必要)

 
お問合先
 インタープロス株式会社  
      〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
         TEL:03-6717-4600  FAX:03-6717-4601  
         E-mail: nagao@interpross.jp
                                      担当者 永尾まで

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

          ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
             http://www.shikinguri.biz/?mail306
                

            ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

             http://www.shikinguri.biz/lp/?mail306

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
======================================================
【クリックで救える命がある(クリック募金へのご協力のお願い)】
======================================================
インタープロスのビジネス経営塾では、志の高い経営者の皆様方
に今すぐ命が救える社会貢献に是非ご協力いただきたく、クリッ
ク募金のご案内をいたしております。
サイトにアクセスして右上にあるクリック募金から、あなたの
共感できる活動に1クリックをお願いします。
あなたに代わってスポンサー企業が1円を寄付してくれます。
一日一善の精神でご協力をお願いします。
●クリック募金はこちらから → http://www.keiei-juku.jp/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

**************************************************************************
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
----------------------------------------------------------------------
発行者
 インタープロス株式会社  
     http://www.keiei-juku.jp/modules/pico/index.php?content_id=3
 〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
  TEL:03-6717-4600  FAX:03-6717-4601  E-mail: info@interpross.jp
----------------------------------------------------------------------
     発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
     配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000294077.html 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
 お願いとご注意
 このメールマガジンは著作権法で保護されていますが、商用を除いた転用はご自由に行
 っていただいて構いません。
 その他商用の転載などのご利用は、お問合せください。
  また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害などに対して
 発行者であるインタープロス株式会社は、その責任を負いません。
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝


『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,442部

ついでに読みたい

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,442部

他のメルマガを読む