『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

【金融円滑化法案の終了に備えて準備を!】『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

■■■★☆★■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏  『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
┏┏┏┏┏┏┏┏┏  
┏┏┏┏┏┏┏┏       ~法律と知識だけでは解決できない~
┏┏┏┏┏┏┏       
┏┏┏┏┏┏            ~情報と知恵こそ命~
┏┏┏┏┏             
┏┏┏┏          ■■■ 資金調達に成功するためのサイト ■■■
┏┏┏                 http://www.shikinguri.biz/?mail133
┏┏               
┏                          No.0133  2012/05/16発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■★☆★■■■
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            
           ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
               http://www.shikinguri.biz/?mail133
                

             ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

               http://www.shikinguri.biz/lp/?mail133

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

こんにちは。

最近、「パラノイアだけが生き残る」と言うインテルの創業者(アンディ・

グローブ)の言葉を思い出す機会が良くあります。

極度の心配性だけが生き残ると言う意味です。

それぐらい、不用意なミスや知識不足で、残念な結果を招いている例が多

いからです。

例えば、会社を設立して資本金を会社名義の通帳に振込んでいないとか、

(見せ金的設立になっている)二期連続決算の提出が遅れて青色申告を取

消されていたり、そんなチョットした事で融資が受けられなくなっている

例を見かけます。

もう少しだけ、心配性になっても良かったのでは・・・。

自己過信をせずに専門家の意見も聞いてみましょう。

一言のアドバイスが後々大きな成果の差になることが沢山あります。

□■□~・★・~・☆・~・★・~・☆・~★・~・☆・~・★・~・■□■
         本日の経営者のための一言     
                               No133       
■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

※※※ 金融円滑化法案の終了に備えて準備を! ※※※

金融円滑化法案が来年の3月で終了することは、皆さんご存知かと思います。

既にリスケを行っている方も、これからリスケを考えている方も気になる

話題だと思います。

平成23年3月までの時限立法だった訳ですが、2回延長されて平成25

年3月で終了することになっています。

この法案が施行されてからリスケは本当に簡単になりました。

場合によっては、金融機関の方からリスケを勧められた方もいたと思いま

す。

更に、法律が施行されて直ぐにリスケを行った方の多くは3回目の元金支

払棚上げを経験されて、それが当たり前の感覚になっている方も多いと思

います。

実は、この慣れが怖いのです。

3年間必死で経営改善すれば、大概の場合は何らかの成果がみえると思い

ます。

所が、金融機関があまりにも簡単にリスケの手続きを更新すると、経営改

善の手が緩んでしまいます。

国も金融機関も、このことを恐れています。

一生懸命、経営改善してくれるのであれば、待つ意味もあるのですが、只

の延命措置になるのであれば、いつまでも待てないと言うのが本音です。

来年の3月に終了して、そのままですと流石に倒産が大幅に増えますので、

終了後の方策が話し合われています。

DDS(債権の劣後ローン化)やDES(債権の株式化)なども登場して

いるようですが、仮に中小企業に適用されるにしても、リスケを承認した

企業全てに適応されない事だけは確かです。

つまり、セレクトされると言うことです。

現実に、金融庁からはリスケ中の貸出先を選別するように指導が出ています。

選ばれれば、その後もリスケと似たような効果を得ることが出来る可能性

があります。

しかしながら、見放されてしまいますと不良債権処理のターゲットにされ

兼ねません。

中には、担保付のままサービサー行きと言うケースも出て来るでしょう。

それでも多くは急激に無理な返済を迫られることは無いとは思いますが、

簡単に同条件にて更新してくれる事も期待できないでしょう。

何れにしましても、今から本気で経営改善を行う事をお勧めします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★★★ 使えば得する絶対お得なコーナー ★★★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(1)資金調達の無料相談は、こちらから
       http://www.shikinguri.biz/free.html?mail133

(2)信用保証協会の審査に通るかどうか知りたい方は、こちらから
        http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail133

(3)借りたいノンバンクが安全な業者であるか確認したい方は、こちらから
        http://www.shikinguri.biz/search.html?mail133

(4)融資を積極的に出す銀行を知りたい方は、こちらから
    http://www.shikinguri.biz/seek.html?mail133

(5)資金調達や資金繰りのノウハウを知りたい方は、こちらから
     http://www.keiei-juku.jp/?mail133


▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     実話風読物第二弾

          高額住宅ローンをリセットした男

                             第87話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

このまま銀行の手続きが終わるまで休憩となった。

有田には、居心地の悪い休憩である。

結局、有田の受取る2980万円から、滞納していた管理費(約10万円)

を支払う為の振込用紙と不動産屋に支払う手数料(約90万円)を支払う

ための振込用紙と住宅金融公庫への返済分(約2830万円)を支払うた

めの振込用紙と信用保証会社の抵当権を外して貰うためのハンコ代(50

万円)を支払うための振込用紙と4枚の振込用紙を書いて渡したのである。

住宅金融公庫の担当者も信用保証会社の担当者も非常に紳士的で、有田に

対して深々と頭を下げて、名刺を差し出しただけで何も言葉を掛けようと

はしなかった。

有田は、購入者の秋田氏の前で嫌みの一つも言われるのではないかと心配

していた。

特に信用保証会社には返済が出来ないだけに、まさか何も言われない所か

にこやかに挨拶までされるとは、想像もしていなかった。

皆、慣れているようで当たり障りのない世間話をしながら和やかな雰囲気

で過ごしている。


銀行員「皆様、お待たせいたしました。振込の手続きが終了いたしました。

    有田様と秋田様のお通帳をお返し致します。」


山本「これで、売買手続きの全てが終了いたしました。秋田様には、後日

登記謄本をお届けさせていただきます。本当に皆様本日はお疲れ様

でした。これにて、終了させていただきます。ご協力ありがとうご

ざいます。」

つづく

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

          ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
             http://www.shikinguri.biz/?mail133
                

            ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

             http://www.shikinguri.biz/lp/?mail133

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
======================================================
【クリックで救える命がある(クリック募金へのご協力のお願い)】
======================================================
インタープロスのビジネス経営塾では、志の高い経営者の皆様方
に今すぐ命が救える社会貢献に是非ご協力いただきたく、クリッ
ク募金のご案内をいたしております。
サイトにアクセスして右上にあるクリック募金から、あなたの
共感できる活動に1クリックをお願いします。
あなたに代わってスポンサー企業が1円を寄付してくれます。
一日一善の精神でご協力をお願いします。
●クリック募金はこちらから → http://www.keiei-juku.jp/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

**************************************************************************
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
----------------------------------------------------------------------
発行者
 インタープロス株式会社  
     http://www.keiei-juku.jp/modules/pico/index.php?content_id=3
 〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
  TEL:03-6717-4600  FAX:03-6717-4601  E-mail: info@interpross.jp
----------------------------------------------------------------------
     発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
     配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000294077.html 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
 お願いとご注意
 このメールマガジンは著作権法で保護されていますが、商用を除いた転送はご自由に行
 っていただいて構いません。
 その他商用の転載などのご利用は、お問合せください。
  また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害などに対して
 発行者であるインタープロス株式会社は、その責任を負いません。
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,443部

ついでに読みたい

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,443部

他のメルマガを読む