『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

【営業キャッシュフローが勝負を決める】『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

■■■★☆★■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏  『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
┏┏┏┏┏┏┏┏┏  
┏┏┏┏┏┏┏┏       ~法律と知識だけでは解決できない~
┏┏┏┏┏┏┏       
┏┏┏┏┏┏            ~情報と知恵こそ命~
┏┏┏┏┏             
┏┏┏┏          ■■■ 資金調達に成功するためのサイト ■■■
┏┏┏                 http://www.shikinguri.biz/?mail130
┏┏               
┏                          No.0130  2012/04/18発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■★☆★■■■
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            
           ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
               http://www.shikinguri.biz/?mail130
                

             ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

               http://www.shikinguri.biz/lp/?mail130

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

こんにちは。

最近、景気が少し回復して来たのか創業の相談が増えて来ました。

しかし、その相談の仕方が・・、腰が引けていると言うのか・・

何を相談して良いのかが分かっていないと言うのか・・

とにかく、漠然としているのです。

まだ、覚悟と言うか意思がハッキリ固まっていない状態に見えるのです。

実は、そこが一番大切なのです。

具体的な事は分からなくても、独立して事業を始めると言う意思が固まっ

ていれば、こちらのアドバイスにも積極的に質問も出ると思います。

意思が固まっていないと、事業計画を書くと言うだけで挫折してしまう人

もいます。

まずは、本当に創業して成功するまで頑張る気持があるのか、自問自答し

てみましょう。

その覚悟がしっかりしていれば、必ず何とかなるものです。

□■□~・★・~・☆・~・★・~・☆・~★・~・☆・~・★・~・■□■
         本日の経営者のための一言     
                               No130       
■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

※※※ 営業キャッシュフローが勝負を決める ※※※

営業キャッシュフローとは、本業による収入と支出の差額を言います。

ですから、収入(売上)より、支出(仕入)を先に支払わなければならな

い場合には、キャッシュフローがマイナスになってしまいます。

それでは商売を続ける事ができませんので、運転資金を金融機関から借り

る事になります。

このような支払条件で商売を続けていれば、売れるほど現金が足りなくな

ってしまい、運転資金も沢山借りなければなりません。

そうしますと、中小企業の借入は日本政策金融公庫と信用保証協会に頼っ

ていますから、ある一定の枠まで借入が膨らむと借りられなくなります。

しかし逆に、収入(売上)の方が先に入り、支出(仕入)を後で払えば良

い条件になっていれば、経費の支払額にもよりますが少なくとも前述の状

況より運転資金が少なくて済むと思います。

そしてこの支払時期の差が大きければ大きいほど、営業キャッシュフロー

が大きくなります。

例えば、月商2000万円の会社が一ヶ月だけ支払を遅らせるか、入金を

早める事ができれば、新たに2000万円の余裕資金が生まれます。

そうなれば運転資金として金融機関からの借入を少なくする事ができるの

です。

これが大事なのです。

中小企業は借入に限度がありますから、借り入れたお金を何に使うかで将

来が大きく違ってきます。

単純に収入(売上)と支出(仕入)のズレで不足が生じる運転資金に使っ

ていたのでは発展性がありません。

そこは、自力で何とかして金融機関から借りたお金は、新製品の開発や合

理化のための設備投資など利益率に貢献したり、成長するための資金とし

て使えるかどうかです。

自力で何とかすると言うのは、取引先や仕入先と支払条件を交渉したり、

ファクタリングを使ったりして、解決しておくと言うことです。

大体、常にキャッシュフローを豊かにしておくと経営に対する考え方が変

わります。

仕入に出物があればキャッシュで安く仕入れる事もできますし、場合によ

っては自社オリジナル商品を開発する事もできますから、常にそのような

チャンスがないかアンテナを張るようになります。

しかし、逆にキャッシュが無ければ、仕入先からキャッシュなら安く出し

ますと言われてもお断りするしかありません。

そのような事を続けていれば、良い話は自然と遠ざかり会社の発展も努力

しているつもりでも、成果が上がらなくなるのです。

そのような状態から抜け出したい方は、プロに相談する事をお勧めします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★★★ 使えば得する絶対お得なコーナー ★★★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(1)資金調達の無料相談は、こちらから
       http://www.shikinguri.biz/free.html?mail130

(2)信用保証協会の審査に通るかどうか知りたい方は、こちらから
        http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail130

(3)借りたいノンバンクが安全な業者であるか確認したい方は、こちらから
        http://www.shikinguri.biz/search.html?mail130

(4)融資を積極的に出す銀行を知りたい方は、こちらから
    http://www.shikinguri.biz/seek.html?mail130

(5)資金調達や資金繰りのノウハウを知りたい方は、こちらから
     http://www.keiei-juku.jp/?mail130


▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     実話風読物第二弾

          高額住宅ローンをリセットした男

                             第84話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

有田は電話を切った後も、その場に立ち竦んだ。

本当に売れたんだと言う嬉しいような怖いような感情が入り混じって頭の

中が混乱していた。

やはり債権者である公庫や信用保証会社の人達に囲まれて、買手の方と合

うのは抵抗がある。

山本さんが事情説明して貰っているとは言え、何だかバツが悪い。

しかし、人生をリセットするためには仕方がない。

そんな事を考えながら、悶々とした日々を送っていた。

そんな時10日ほど経って、山本氏から電話が掛かって来た。


山本「山本ですが・・・」


有田「はい、有田です。」


山本「日程の方が決まりましたので、ご都合をお伺いしようと思いまして

   ・・。」


有田「いつになりますか?」


山本「来月の3日の13:00に銀行の応接室でと言う事なのですが・・、

      ご都合はいかがでしょうか?」


有田「月曜日ですね。わかりました。それで結構です。」


山本「それでは、関係者にお伝えいたしますので、よろしくお願いします。」


有田「こちらこそ、よろしくお願いします。」


つづく

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

          ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
             http://www.shikinguri.biz/?mail130
                

            ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

             http://www.shikinguri.biz/lp/?mail130

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
======================================================
【クリックで救える命がある(クリック募金へのご協力のお願い)】
======================================================
インタープロスのビジネス経営塾では、志の高い経営者の皆様方
に今すぐ命が救える社会貢献に是非ご協力いただきたく、クリッ
ク募金のご案内をいたしております。
サイトにアクセスして右上にあるクリック募金から、あなたの
共感できる活動に1クリックをお願いします。
あなたに代わってスポンサー企業が1円を寄付してくれます。
一日一善の精神でご協力をお願いします。
●クリック募金はこちらから → http://www.keiei-juku.jp/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

**************************************************************************
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
----------------------------------------------------------------------
発行者
 インタープロス株式会社  
     http://www.keiei-juku.jp/modules/pico/index.php?content_id=3
 〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
  TEL:03-6717-4600  FAX:03-6717-4601  E-mail: info@interpross.jp
----------------------------------------------------------------------
     発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
     配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000294077.html 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
 お願いとご注意
 このメールマガジンは著作権法で保護されていますが、商用を除いた転送はご自由に行
 っていただいて構いません。
 その他商用の転載などのご利用は、お問合せください。
  また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害などに対して
 発行者であるインタープロス株式会社は、その責任を負いません。
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,441部

ついでに読みたい

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,441部

他のメルマガを読む