『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

【融資を受けるために増資は有効な手段か?】『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

■■■★☆★■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏  『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
┏┏┏┏┏┏┏┏┏  
┏┏┏┏┏┏┏┏       ~法律と知識だけでは解決できない~
┏┏┏┏┏┏┏       
┏┏┏┏┏┏            ~情報と知恵こそ命~
┏┏┏┏┏             
┏┏┏┏          ■■■ 資金調達に成功するためのサイト ■■■
┏┏┏                 http://www.shikinguri.biz/?mail89
┏┏               
┏                           No.089  2011/6/8発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■★☆★■■■
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            
           ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
               http://www.shikinguri.biz/?mail89
                

             ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

               http://www.shikinguri.biz/lp/?mail89

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

こんにちは。

最近の相談で、保証協会の枠が一杯で借りられないと言うパターンが結構あります。

もうそろそろ、危ないかなと言う予備軍も入れると結構な数になりますね。

そんな時、どうすれば良いと思いますか?

簡単な事なんです。

前もって準備をすれば良いだけなんです。

でも、ほとんどの人が準備をしないんですよね。

今日の一言は、何を準備すれば借りられるのかって言うお話です。

とっても役に立つお話ですから、是非最後まで読んで下さい。


□■□~・★・~・☆・~・★・~・☆・~★・~・☆・~・★・~・■□■
         本日の経営者のための一言     
                               No089       
■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

※※※ 融資を受けるために増資は有効な手段か? ※※※

保証協会の枠が一杯とは、どう言う事かと言いますと、多くの場合は制度

上の枠を全て使い果たしたと言う事ではなく、審査の上でこれ以上貸せな

いと言う事です。

ですから売上と利益を伸ばして業績を良くすれば枠は広がるのです。

しかし、そんな事が簡単に出来れば、融資に困る人はいませんよね。

そんな時はどうすれば良いかと言いますと、社長個人の財布から1000

万円ぐらい会社に入れてもらって増資するのです。

そうすれば、規模にもよりますが大概は自己資本比率が上がって、枠が広

がります。

この1000万円を会社に貸し付けても1000万円にしかなりませんが、

資本に回せば2000万円も3000万円も借りられる場合がありますの

で、やはりここは貸付より資本の方が、沢山の資金を集める事が出来る場

合が多いと言えます。

でもそんなお金があれば、苦労しませんよね。

そこで、何事にも準備が必要なのです。

例えば1000万円を5年で貯めようと思えば良いのです。

年収800万円の社長さんなら、役員報酬を上げて貯めようとすれば年間

200万円の手取りのアップが必要ですから、実際には税金や社会保険料

を考えると年間300万円ぐらい上げないと貯まりません。

つまり、月額25万円のアップが必要になります。

でも、これってまずいですよね。

融資を受けたい会社の社長さんが、役員報酬を上げるなんて、金融機関か

らすれば、社長の給与を払うために貸すのかと言う事になりかねませんよね。

それに、役員報酬を上げたら社会保険料や税金まで上がってしまいますしね。

そんな社長さんの悩みを解決する方法があります。

役員報酬は一切上げずに、3年~5年の内に会社のお金を合法的に社長個

人のお金に振り替えられれば良い訳です。

それも税金が掛からない形でです。

勿論、会社から借りたり仮払ではないですよ。

正に、社長個人のお金になります。

更に、会社のリスクヘッジにもなります。

この方法を継続的に使って、資本金1000万円の会社が3年~5年に一

度1000万円を増資して行ったら9年~15年の間に、資本金4000

万円と言う腰の強い会社に生まれ変わります。

このまま何の準備もせずに資本金1000万円のままで経営していたら、

不況の荒波が来て1500万円の赤字を出してしまうと資本金が-500

万円となり、債務超過になってどの銀行も貸してくれなくなります。

しかし、資本金4000万円なら、まだ資本が2500万円も残っていて

債務超過になりません。

経営改善計画を立てて、保証協会や日本政策金融公庫に相談すれば、まだ

借りられます。

資本を増やすと、税金が高くなるからと言う社長さんがいますが、そんな

もの些細な問題です。

長く航海するためには、最初は小舟でも段々増築して船を大きくしていか

ないと、何年かに一度しか来ない大きな時化や大型台風などがくれば、直

ぐに転覆してしまいます。

船を大きくすれば、維持費が掛かるからと言っていつまでも小舟で航海し

ているといつか転覆してしまいます。

この船を大きくするための資金(資本金)を貯めるために、役員報酬を上

げずに会社の資金を無税で社長個人のお金に振り替える方法にご興味が

ある方は、電話番号を明記のうえ下記の無料相談からお問合せ下さい。

(1)資金調達の無料相談は、こちらから
     http://www.shikinguri.biz/free.html?mail89

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★★★ 使えば得する絶対お得なコーナー ★★★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(1)資金調達の無料相談は、こちらから
   http://www.shikinguri.biz/free.html?mail89

(2)信用保証協会の審査に通るかどうか知りたい方は、こちらから
        http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail89

(3)借りたいノンバンクが安全な業者であるか確認したい方は、こちらから
        http://www.shikinguri.biz/search.html?mail89

(4)融資を積極的に出す銀行を知りたい方は、こちらから
    http://www.shikinguri.biz/seek.html?mail89

(5)資金調達や資金繰りのノウハウを知りたい方は、こちらから
     http://www.keiei-juku.jp/?mail89


▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     実話風読物第二弾

          高額住宅ローンをリセットした男

                             第43話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

有田は、早々に話を切上げ社長室を出た。

流石に社長の前では緊張した。

それでも課長の辞職を了承させ、自分の辞職も何気なく匂わせて置くこと

が出来た。

ただ、役員に推薦するほど買ってくれているとは思わなかった。

もう既に、転職を決めている事が社長を裏切ったようで心が痛い。

しかし、それしか生きる道はないのだ。

仮に、自宅を手放す決意をして会社に相談したところで残債の2000万

円を会社が出してくれる訳でもない。

それが解っている以上、出来るだけ早く会社を辞めたいと思っているが、

まさか社長と話したばかりで、辞表を出す訳にはいかない。

本来なら、転職日のギリギリまで勤めて給料をもらってから辞めて、転職

したいところだが、それでは住宅ローンのリセットは出来ない。

今、辞めれば退職金は少ないながらも保証されている。

それで、半年程度の生活なら何とかなる。

社長には悪いが、やはり早めに辞めるしかない。

それには、社長が納得する理由が必要だ。

しかし、良い理由が中々思い浮かばない。

母親が癌で地元に帰りたいでは、47歳のおやじとしてはあまりにも恥ずか

しいし、それならこちらへ呼んで治療しろと言われれば、返す言葉がない。

あの社長なら俺が良い病院を紹介してやるぐらいの事は言いそうだ。

あれこれと考えたが、やはり一番言いたくない理由で勝負するしかない。

つづく

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

          ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
             http://www.shikinguri.biz/?mail89
                

            ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

             http://www.shikinguri.biz/lp/?mail89

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
======================================================
【クリックで救える命がある(クリック募金へのご協力のお願い)】
======================================================
インタープロスのビジネス経営塾では、志の高い経営者の皆様方
に今すぐ命が救える社会貢献に是非ご協力いただきたく、クリッ
ク募金のご案内をいたしております。
サイトにアクセスして右上にあるクリック募金から、あなたの
共感できる活動に1クリックをお願いします。
あなたに代わってスポンサー企業が1円を寄付してくれます。
一日一善の精神でご協力をお願いします。
●クリック募金はこちらから → http://www.keiei-juku.jp/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

**************************************************************************
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
----------------------------------------------------------------------
発行者
 インタープロス株式会社  
     http://www.keiei-juku.jp/modules/pico/index.php?content_id=3
 〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
  TEL:03-6717-4600  FAX:03-6717-4601  E-mail: info@interpross.jp
----------------------------------------------------------------------
     発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
     配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000294077.html 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
 お願いとご注意
 このメールマガジンは著作権法で保護されていますが、商用を除いた転送はご自由に行
 っていただいて構いません。
 その他商用の転載などのご利用は、お問合せください。
  また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害などに対して
 発行者であるインタープロス株式会社は、その責任を負いません。
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,441部

ついでに読みたい

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,441部

他のメルマガを読む