『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

【税金滞納で融資は受けられるのか?】『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

■■■★☆★■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏  『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
┏┏┏┏┏┏┏┏┏  
┏┏┏┏┏┏┏┏       ~法律と知識だけでは解決できない~
┏┏┏┏┏┏┏       
┏┏┏┏┏┏            ~情報と知恵こそ命~
┏┏┏┏┏             
┏┏┏┏          ■■■ 資金調達に成功するためのサイト ■■■
┏┏┏                 http://www.shikinguri.biz/?mail78
┏┏               
┏                           No.078  2011/3/16発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■★☆★■■■
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            
           ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
               http://www.shikinguri.biz/?mail78
                

             ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

               http://www.shikinguri.biz/lp/?mail78

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

こんにちは。

大変な地震が起こりましたね。

私は、新宿で地下鉄を待っている時に今までに経験のない大きな揺れを体

験しました。

当然、クライアントさんとの打合せも出来ませんでしたし、自宅にも帰れ

ませんでした。

しかし、テレビを見て東北地方が大変な事になっている事を知り、日本沈

没と言うドラマを思い出し、背筋がゾーッとしました。


この度の東北地方太平洋沖地震によって、お亡くなりになられた方に心よ

りお悔み申し上げます。

また、被害に遭われた地域が一刻も早く復旧される日が来ることを念じて

おります。


被災者の方に少しでもお役に立てればと思い、次の情報をお知らせします。

・政府系金融機関が相談窓口を開設(財務省)
  http://www.mof.go.jp/jouhou/seisakukinyu/sk230311.htm

・日本政策金融公庫の特別相談窓口
  http://www.jfc.go.jp/common/pdf/news230312a.pdf

・被災者の申告納税の延長措置(国税庁)
  http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h23/jishin/index.htm

・東北地方太平洋沖地震被災者救済融資制度(みちのく銀行)
  http://www.michinokubank.co.jp/getpdf.php?id=601

・東北地方太平洋沖地震被災者救済融資制度(青森銀行)
  http://www.a-bank.jp/contents/information/news/2011/031301/031301.html


□■□~・★・~・☆・~・★・~・☆・~★・~・☆・~・★・~・■□■
         本日の経営者のための一言     
                               No078       
■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

※※※ 税金滞納で融資は受けられるのか? ※※※

まず、税金の滞納を起す人には、二通りいます。

正しい支払優先順序を守っていても税金を払えない人。

もう一つは、支払優先順位が間違っているために税金を滞納している人で

す。

殆どの人が、後者のタイプです。

念のため正しい支払順序をお知らせしておきます。

1.役員報酬(自分の生活が成り立つ最低のお金は必ずキープする。)

2.給料&仕入(仕事を継続させるために絶対必要な支払)

3.税金

4.その他必要経費

5.借金返済

勿論、事情の違いにより順番が多少入れ替わる事もありますが、基本的に

はこのような順番で支払を行うのが正しい順序と言えます。

この順番を守っていれば、借金返済は何とか遅れずにやっているが、税金

を滞納しているので新たな借入が出来ないと言うことにはなりません。

それでも、滞納してしまった方は、税務署に相談して分割払いをお願いします。

その時に注意すべきは、一度取り決めた分割金額を、再度滞納しないように本

当に払える金額で交渉することです。

約束を破ると場合によっては、差押えになる事もあるからです。

その払える金額が一年以内の場合であれば、話合いだけで解決することも

ありますが、長期の分割に渡る場合には、やはりそれなりの資料を作成し

て丁寧な説明が必要です。

一般的には、経営改善計画書と利益計画書と資金繰り表ぐらいは揃えて行

きましょう。

そして、その承認を得たら信用保証協会や日本政策金融公庫へ相談に行く

と良いと思います。

特に信用保証協会では「ご利用いただける中小企業とは」に税金を完納し

ている事と言う条件もありませんし、「ご利用いただけない中小企業とは」

の中に税金を滞納し完納の見通しが見込めないとあるだけです。

つまり、分割すれば完納の見通しが立つ計画が存在し、その計画を税務署

が認めたと言う事をしっかりと説明する事が重要です。

税務署が、その計画に信頼性が無ければ分割を認めず差押えをしても良い

だけの権限を持っているわけですから、それが認めたと言うことは計画に

一定の合理性があったと言うことです。

但し、税金の滞納まで来ている会社は決して軽傷とは言えませんので、一

つだけ忠告させて下さい。

これを読んで、この通りにすれば誰でも成功できるわけではありません。

今まで、何度も事業計画や資金繰り表を作成した経験をお持ちの方なら

何がポイントかわかると思います。

しかし、普段から書きなれていない人がインスタントに仕上げて望んでも

大概失敗します。

失敗してから、専門家に相談しても再度資料を提出するしかありませんか

ら、前に提出した資料と何故内容が違うのかと信頼性がなくなります。

ですから、自信が無い方は、早めに専門家に相談する事をお薦めします。

▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     実話風読物第二弾

          高額住宅ローンをリセットした男

                             第33話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

問題は、今朝の不動産屋である。

本当に、実勢価格が3500万円なら、どうなるのだろう。

しかも、今は7年前と比べて金利も安く2.55%位で借りられる。

もし、同じマンションが不動産屋の言う通りの値段で買えるのであれば、

35年のローンを組めば、月額12.6万円のボーナス払い無しで買える事

になる。

支払総額は、5,300万円で済む。

これなら、リストラされた給料でも支払は出来そうだ。

しかし、今のローンを支払続けたら4000万円も多く支払わなければな

らないので、とてもリストラされた給料では支払っていけない。

・・かと言って、今のマンションを処分すれば3500万円でしか売れな

いので、残債が残る事になる。

・・まてよ。一体いくら残るのだろう。

早速、計算を始めた。

7年間返済して来た元金分を控除すると、現時点で約5,530万円も残っ

ていることになる。

これでは、売った代金の3,500万円を当てても、2000万円以上の残

債が残る事になるのだった。

これでは、マンションを売って新たに3500万円で同じマンションを購

入する意味がない。

癌は、2000万円の残債にある。

これが無くなれば、何とかなるんだが・・・

ゲームのようにリセットボタンを押せば、2000万円の残債が消える

って事はないよな・・、なんて考えながら女房にリストラで給料が下が

る事をどう切り出すか考えていた。

しかし、どう考えても妙案は浮かばない。

今日は、寝るとしよう。

つづく
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
======================================================
【クリックで救える命がある(クリック募金へのご協力のお願い)】
======================================================
インタープロスのビジネス経営塾では、志の高い経営者の皆様方
に今すぐ命が救える社会貢献に是非ご協力いただきたく、クリッ
ク募金のご案内をいたしております。
サイトにアクセスして右上にあるクリック募金から、あなたの
共感できる活動に1クリックをお願いします。
あなたに代わってスポンサー企業が1円を寄付してくれます。
一日一善の精神でご協力をお願いします。
●クリック募金はこちらから → http://www.keiei-juku.jp/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓


〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

          ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
             http://www.shikinguri.biz/?mail78
                

            ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

             http://www.shikinguri.biz/lp/?mail78

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓
◆資金繰りの無料相談は、こちらから
  http://www.shikinguri.biz/free.html?mail78

◆コンサルタント料金が気になる方は、こちらを!
  http://www.shikinguri.biz/menu.html?mail78

◆信用保証協会が審査に使うCRD診断を受けてみたい方は、こちらから
 http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail78

◆ノンバンク(登録貸金業者)情報検索で安全な業者であるか確認したい方、こちらから
 http://www.shikinguri.biz/search.html?mail78

◆インタープロスのビジネス経営塾 
 http://www.shikinguri.biz/lp/?mail78 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
**************************************************************************
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
----------------------------------------------------------------------
発行者
 インタープロス株式会社  
     http://www.keiei-juku.jp/modules/pico/index.php?content_id=3
 〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
  TEL:03-6717-4600  FAX:03-6717-4601  E-mail: info@interpross.jp
----------------------------------------------------------------------
     発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
    配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000294077.html 
**************************************************************************
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
 お願いとご注意
 このメールマガジンは著作権法で保護されていますが、商用を除いた転送はご自由に行
 っていただいて構いません。
 その他商用の転載などのご利用は、お問合せください。
  また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害などに対して
 発行者であるインタープロス株式会社は、その責任を負いません。
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/13 部数:  6,466部

ついでに読みたい

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/13 部数:  6,466部

他のメルマガを読む