『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

【意外と無視できない保全率】『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

■■■★☆★■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏  『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
┏┏┏┏┏┏┏┏┏  
┏┏┏┏┏┏┏┏       ~法律と知識だけでは解決できない~
┏┏┏┏┏┏┏       
┏┏┏┏┏┏            ~情報と知恵こそ命~
┏┏┏┏┏             
┏┏┏┏          ■■■ 資金調達に成功するためのサイト ■■■
┏┏┏                 http://www.shikinguri.biz/?mail77
┏┏               
┏                           No.077  2011/3/9発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■★☆★■■■
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            
           ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
               http://www.shikinguri.biz/?mail77
                

             ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

               http://www.shikinguri.biz/lp/?mail77

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

こんにちは。

予想通りの事が起きました。

日本の国債の格付けが下がったのは、ニュース等でご存知かと思います。

その国債を大量に買い込んで、貸し渋りを行っているメガバンクは、一体

どうなるのだろうと思っていました。

国債の格付けが下がれば、メガバンクの格付けも下がるべきでは・・ってね。

その通りになりましたね。

ムーディーズジャパンが22日に3メガ銀行グループの格付け見通しを「安定的」

から「引き下げ方向(ネガティブ)」に変更したとの発表がありました。

銀行さんも貸せば不良債権が増えるし、安全だと思っていた国債を買い込んで

いたら格付けが下がり、海外で相手にされなくなる恐れがあり、大変です。

こうなりゃ、日本の景気を良くするしかないのですから、もう少し日本の基盤を

支えている中小企業を支えて欲しいものです。

でも、当面は変わらないかな

□■□~・★・~・☆・~・★・~・☆・~★・~・☆・~・★・~・■□■
         本日の経営者のための一言     
                               No077       
■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

※※※ 意外と無視できない保全率 ※※※

零細企業が金融機関からプロパー資金を借りる事は、例え黒字であっても

難しい場合が多いと言えます。

それでも、借りる方法がないわけではありません。

分かり易く言いますと10万円借りるのに、友人知人1人から全額借りる

より10人から1万円づつ借りる方が借り易いと言う理屈と同じ手法を使

えば良いのです。

一千万円のプロパー資金を借りようと思って、口座はあるが借入の無い金

融機関に申し込んだら、まず断られます。

だからと言って信用保証協会の枠一杯まで借りているメインバンクに頼ん

でも、難しい場合が多いでしょう。

仮に零細企業で保証協会の枠が3000万円しかなかったとします。

この場合3000万円をメインバンク一行から借りずに、例えば15

00万円づつ二行から借りたとします。

そして、その二行に500万円づつプロパー融資を申込むとします。

メインバンクも1500万円を保証協会の100%保証で貸していますの

で、現時点の保全充足率は100%になります。

そこへ500万円のプロパーを出しても、保全充足率はまだ75%ありま

す。

もう一行も同じ事情ですから、500万円のプロパーを出しても保全充足

率はやはり75%です。

しかも両行ともリスクの絶対額は500万円だけです。

しかし、メインだけに頼って3000万円を保証協会付きで借りたらどう

でしょう。

まず、借入の無い金融機関へいきなりプロパーの話をしても、金額に拘わ

らず保全充足率が0%なので零細企業には厳しいでしょう。

それで、メインに1000万円のプロパーを頼めば、保全充足率は同じ7

5%ですがリスクの絶対額が1000万円になる訳ですから、同じ保全充

足率でも500万円の時より、厳しくなりますよね。

ここでのポイントは二つあります。

一つは、銀行のリスクの絶対額を分散して複数行から借り入れると言うこ

とです。

もう一つは、銀行は保全充足率を気にしていると言う事です。

可笑しな話ですが、借入の無い銀行より、保全充足率100%の借入が1

000万円ある方が仮にプロパー1000万円をだしても保全充足率が5

0%ありますので、貸しやすいと言う性質が銀行にはあるのです。

資金調達に魔法のような方法はありません。

そんなちょっとした事の積み重ねで、借入が出来たり出来なかったりする

のです。

ちなみに保全充足率と言うのは、返済出来なくなっても回収の目途が立っ

ている貸出の事を言います。

保証協会の保証だけではなく、担保を取っての貸出も含みます。

▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     実話風読物第二弾

          高額住宅ローンをリセットした男

                             第32話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

有田「そうなんですか?それで、いくらぐらいなら売れるのでしょうか?」


不動産屋「そうですね。弊社の査定ですと3500万円ですね。」


有田「そんなバカな。一応、定価が1億500万円ですよ。

   それが3500万円って事はないでしょ。

   造りが全然違うし、広さも違うじゃないですか。

   それに何と言っても土地の持分がその辺のマンションとは全然

   違いますよ。

   だって部屋の面積が124平米で約38坪に対して、

   土地の持分が45坪もあるんですよ。

   極論を言えば地震で崩壊しても各自で一戸建てを建てられるんですよ。

   そんなマンションあります?」


不動産屋「残念ですが、造りの良さも土地の持分も評価には加味されません。

     唯一、広さは価格の上乗せになります。

     結局は、同じ広さであれば、新築より高い中古マンションは売れ

     ないんです。

     今は、年々新築価格が下がって来ていますから、中古マンションの

     価格もどんどん下落して行っています。

     ですから、お売りになるのであるなら、早い方がお得ですよ。」


有田「そうですか。あまりにもショックな価格でしたので、少し考えさせて

   下さい。」


不動産屋「お売りになる時は、是非お声を掛けて下さい。

     できるだけの事はさせていただきますので。」


有田は、バブル崩壊と言う記事を何度も新聞で見た上に、会社もその影響

を受けリストラ策を発表せざるを得ない羽目に合いながらも、どこかまだ

他人事のように思っていた。

しかし、今回の査定で、初めてバブル崩壊が他人事ではないと強く感じた

のであった。

まさか1億円のマンションが7年済んだだけで3500万円まで値が下が

るとは夢にも思っていなかったのである。

つづく
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
======================================================
【クリックで救える命がある(クリック募金へのご協力のお願い)】
======================================================
インタープロスのビジネス経営塾では、志の高い経営者の皆様方
に今すぐ命が救える社会貢献に是非ご協力いただきたく、クリッ
ク募金のご案内をいたしております。
サイトにアクセスして右上にあるクリック募金から、あなたの
共感できる活動に1クリックをお願いします。
あなたに代わってスポンサー企業が1円を寄付してくれます。
一日一善の精神でご協力をお願いします。
●クリック募金はこちらから → http://www.keiei-juku.jp/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓


〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

          ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
             http://www.shikinguri.biz/?mail77
                

            ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

             http://www.shikinguri.biz/lp/?mail77

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓
◆資金繰りの無料相談は、こちらから
  http://www.shikinguri.biz/free.html?mail77

◆コンサルタント料金が気になる方は、こちらを!
  http://www.shikinguri.biz/menu.html?mail77

◆信用保証協会が審査に使うCRD診断を受けてみたい方は、こちらから
 http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail77

◆ノンバンク(登録貸金業者)情報検索で安全な業者であるか確認したい方、こちらから
 http://www.shikinguri.biz/search.html?mail77

◆インタープロスのビジネス経営塾 
 http://www.shikinguri.biz/lp/?mail77 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
**************************************************************************
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
----------------------------------------------------------------------
発行者
 インタープロス株式会社  
     http://www.keiei-juku.jp/modules/pico/index.php?content_id=3
 〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
  TEL:03-6717-4600  FAX:03-6717-4601  E-mail: info@interpross.jp
----------------------------------------------------------------------
     発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
    配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000294077.html 
**************************************************************************
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
 お願いとご注意
 このメールマガジンは著作権法で保護されていますが、商用を除いた転送はご自由に行
 っていただいて構いません。
 その他商用の転載などのご利用は、お問合せください。
  また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害などに対して
 発行者であるインタープロス株式会社は、その責任を負いません。
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,441部

ついでに読みたい

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,441部

他のメルマガを読む