『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

【交渉術を磨きましょう】『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

■■■★☆★■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏  『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
┏┏┏┏┏┏┏┏┏  
┏┏┏┏┏┏┏┏       ~法律と知識だけでは解決できない~
┏┏┏┏┏┏┏       
┏┏┏┏┏┏            ~情報と知恵こそ命~
┏┏┏┏┏             
┏┏┏┏        ■■■ インタープロスのビジネス経営塾 ■■■
┏┏┏             http://www.keiei-juku.jp/?mail34
┏┏               
┏                          No.034  2010/04/07発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■★☆★■■■
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

                        ■■■ インタープロスのビジネス経営塾 ■■■

                              http://www.keiei-juku.jp/?mail34


                              ■資金調達に成功するためのサイト■

                   http://www.shikinguri.biz/?mail34

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

こんにちは。

ついに銀行の国債保有残高が126兆円(1月)を超え、最高を更新しました。

預貸率(預金が貸出に回っている比率)も75%と過去最低水準です。

設備投資などの資金需要が少ないと言う面もあるでしょうが、

やはり企業への貸出はセーブぎみであったと言う証拠ですよね。

この厳しい環境のもとで資金繰りを行うためには、

早め早めの対応が必要ですね。

一つや二つトライしてうまく行かなくても、

次の手を打てる余裕があるかないかで随分違ってきますよ。

相談が必要な方は、早めにしましょう。


□■□~・★・~・☆・~・★・~・☆・~■□■
   本日の経営者のための一言     
                 No034       
■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~□■□

※※※ 交渉術を磨きましょう ※※※

銀行への交渉へ同行することがありますが、

正直過ぎると言うか、言わなくても良い事まで言ってしまう

社長さんが、結構いらっしゃいます。

銀行員から、今後の業界動向などを聞かれますと

『厳しいですねぇ~。正直、先の見通しはどこの会社も立たないと思いますよ。』

なんて、へいきで答えちゃう社長がいるんですから。

そんな危ない業界に貸しますかって・・、常識で考えれば解りますよね。

そんな調子じゃ、信用保証協会や政策金融公庫は、横でフォローする人を

入れてくれないんですから、益々心配になります。

交渉事をうまく進めるポイントを一つ教えましょう。

それは、相手がなるほどと思う例え話ができるかどうかです。

先程の業界動向の話なら

『確かに業界全体としては決して良いとは言えませんね。

しかし個別には健闘している会社は結構ありますよ。

例えば、○○会社さんは○○が大ヒットしましたし、

○○会社さんは、今度の新製品が評判が良くて、

納品まで3ヶ月待ちですしね。

まだまだ、マーケットは研究次第で沢山あります。』

と具体的な例えを出して説明した方が、遥かに印象も良いし

説得力も増します。

人に何か説明する時に、常に具体的な例えを交えて話しをする

よう心がけて見てはいかがでしょうか。


▼△▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  実話風読物第一弾

       カードローン取立との戦い-033

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

5.取り立て-26

高木「はい、高木ですが・・・」


林 「オリ○○ト・コーポレーションの林でございます。

      ご無沙汰いたしております。」
  

高木「あぁ、林さんですか。今頃何の御用でしょうか?」
  

林 「実は、高木様にお詫びがございまして、ご連絡させていただきました。」
    

高木「お詫び・・・、何の件ですか?」
    

林 「実は、私どもの管理部がミスをしてしまいまして・・・、

      高木様の債権に対して裁判所に間違えて提訴してしまったんです。

      誠に申し訳ありません。何とお詫び申し上げて良いか・・・。」
    

高木「御社がその気がないのに、間違えて提訴されたと言うことならば、

      取り下げていただければ良いだけではないですか?」
    

林 「それが・・・、気が付くのが遅くなりまして・・・、

      取り下げが出来なくなりまして・・・、誠に申し訳ありません。

      勿論、勝訴いたしましても差押え等する気は、全くありませんから、

      そこだけはお約束いたしますので、

      何卒今回の不手際はお許しいただけますよう、お願いいたします。」
    

高木「勝訴とか差押えってなんですか?

      お宅の中村さんは詐欺罪で訴えるとおっしゃったんじゃなかったんですか?」
    

林 「いえ、単なる貸金請求事件としての提訴でして、

      裁判所と言いましても東京簡易裁判所でございまして・・、

      詐欺罪なんて飛んでもございません。単なるミスでございます。」
    

高木「それって、わざとじゃないんですか?

      そんなミスある訳ないじゃないですか・・・。」
    

林 「いえいえ、本当にわざとじゃないんですよ。

      我々は保留にしておいたんですよ。

      それが、いつの間にか保留が解除されておりまして、

      原因を調べて見ましたら管理プログラムのバグでして

      一定の条件のもとで半年以上経つと自動的に保留が

      解除されると言う事が判明いたしまして・・・、
 
      その上管理部が確認せずに提訴してしまいまして・・、

      それでそのような事が起こってしまいまして・・・、

      今は修復しまして二度と起こらないように改善をいたしました。

      大変ご迷惑をおかけしました。」
    

高木「そうですか・・。

      私の方はあれから何のご連絡もありませんでしたので、

      余程御社の代表取締役宛てに内容証明を送らせていただこうかと

      思いましたが、林さんが「また、連絡します」とおっしゃったんで、

      当然調査結果をしらせていただけると思いお待ちしてたんですよ。

      それが半年経っても連絡がないじゃないですか。

      こちらもそこまで事を荒げる必要もないのではないかと、

      少しは怒りも収まって来ていた所だったんですが・・・、

      それが調査結果の報告も無くあげくの果てに、

      ミスで提訴して止められないなんて言われましても納得できませんね。」
    

林 「御立腹はごもっともですが、私どもと致しましては、

      何とか償いたいと言う気持ちはございますが、

      まさか借金を棒引きにして済む話でもありませんし、

      そんな失礼な事もできませんし、

      また社内規定におきましてもそのような処理は認められておりませんので、

      ただひたすらお詫びするしかありません。

      それから、調査結果の件ですが、実はあれから中村が退社いたしまして、

      正確な調査ができなくなりまして・・、

      その件も含めまして、本日はお詫びのお電話を差し上げた次第でございます。」
    

高木「えっ~、中村さんはお辞めになったんですか?」
    

林 「ええ、そうなんです。

      ですから、正確な調査ができなくなりまして・・・。

      申し訳ありません。」
    

高木「なるほど。そう言うことだったんですか?」
    

林 「ええ、まぁそれでお詫びの電話を差し上げたしだいでございます。

      何卒、ご理解いただけますようお願いいたします。」
    

高木「・・・」

   
林 「取り敢えず、今日はこれで失礼させていただきます。」

つづく。

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
==================================================
【クリックで救える命がある(クリック募金へのご協力のお願い)】
==================================================
インタープロスのビジネス経営塾では、志の高い経営者の皆様方に
今すぐ命が救える社会貢献に是非ご協力いただきたく、クリック
募金のご案内をいたしております。
サイトにアクセスして右上にあるクリック募金から、あなたの
共感できる活動に1クリックをお願いします。
あなたに代わってスポンサー企業が1円を寄付してくれます。
一日一善の精神でご協力をお願いします。
●クリック募金はこちらから → http://www.keiei-juku.jp/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓


「「「「「「「 メルマガ紹介 「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
  ★★★ファイナンス・リテラシーが身につくメルマガ紹介★★★
財務コンサルタントでUSCPAの古谷文太さんが執筆するニュースレター、
「『日経新聞』+アルファ」をご紹介します。その日の日経記事を題材にして
元コカ・コーラのCFOが書く、企業財務の活きた教材。読者急増中です。
http://www.mag2.com/m/0001051900.html 
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■■■ インタープロスのビジネス経営塾 ■■■

http://www.keiei-juku.jp/?mail34


■資金調達に成功するためのサイト■
      
http://www.shikinguri.biz/?mail34

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓
◆インタープロスのビジネス経営塾 
http://www.keiei-juku.jp/?mail34

◆資金繰りの無料相談は、こちらから
  http://www.shikinguri.biz/free.html?mail34

◆コンサルタント料金が気になる方は、こちらを!
  http://www.shikinguri.biz/menu.html?mail34

◆信用保証協会が審査に使うCRD診断を受けてみたい方は、こちらから
 http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail34

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
***************************************************************************
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
----------------------------------------------------------------------
発行者
 インタープロス株式会社  
http://www.keiei-juku.jp/modules/pico/index.php?content_id=3
 〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
  TEL:03-6717-4600  FAX:03-6717-4601  E-mail: info@interpross.jp
----------------------------------------------------------------------
     発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
    配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000294077.html 
**************************************************************************
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
 お願いとご注意
 このメールマガジンは著作権法で保護されていますが、商用を除いた転送はご自由に行
っていただいて構いません。
 その他商用の転載などのご利用は、お問合せください。
  また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害などに対して
 発行者であるインタープロス株式会社は、その責任を負いません。
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,449部

ついでに読みたい

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/20 部数:  6,449部

他のメルマガを読む