『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

【緊急保証制度は借換えもできる】『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

■■■★☆★■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏      
┏┏┏┏┏┏┏┏┏  『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
┏┏┏┏┏┏┏┏     
┏┏┏┏┏┏┏        ~法律と知識だけでは解決できない~
┏┏┏┏┏┏            
┏┏┏┏┏             ~情報と知恵こそ命~
┏┏┏┏            
┏┏┏            http://www.shikinguri.biz/?mail23
┏┏               
┏                         No.023  2010/1/20発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■★☆★■■■
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

                        ■資金調達に成功するためのサイト■

             http://www.shikinguri.biz/?mail23

                          CRD(保証協会スコアリング)
                     http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail23

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

こんにちは。

今週の「本日の経営者のための一言」は、注目ですよ。

延長はあるかも知れませんが、取り敢えず今年の3月末までの制度です。

そんな利用の仕方もあるんだと思った方は、急いで申込んで下さい。

ここが長くなると、次を読まない人がいますので、

今日は、ここまで。


□■□~・★・~・☆・~・★・~・☆・~■□■
   本日の経営者のための一言     
                 No023       
■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~□■□

※※※ 緊急保証制度は借換えもできる ※※※

市町村からセーフティネットの5号認定を取れる方が利用できる

緊急保証制度を年末に利用した方は、結構いるのではないでしょうか?

この緊急保証は、一般には「全国緊急」と呼ばれていますが、

各地域にも同じような制度がある場合があり、

東京都では都の制度として「経営緊急」と言うものがあります。

これらの制度は保証協会100%保証ですから、今一番多く使われていますが、

多くの方が融資だけだと思っているんですね。


でも、これらの制度は借換え一本化して10年の長期に引き直して、

更に上積みの融資もできるんですね。

そんな事、どこに書いてあった?

パンフレット隅から隅まで見たけど、そんな事どこにも書いていないって??

そうなんですよね。

借換え出来る基準が明確ではないので書きたくても書けないのか、

利用が多過ぎたら困るので書いてないのかは定かではありませんけど・・・


要するに保証協会が認めたら借換えができると言うことなんです。

但し、都の経営緊急の場合は、都や区市町制度で借りたもので

100%保証のものしか借換えはできません。


全国緊急の場合は、保証協会の制度も都や区市町制度も含めて、

100%保証のものならまとめて借換えが出来ます。

それなら、全国緊急の方が良いのではと思うかも知れませんが、

都の経営緊急の方が金利が安いですから、経営緊急で借換えがきく方は、

こちらを利用した方がお得です。


どうやれば、保証協会が認めてくれるかって?

それは、企業秘密です。

そんな企業秘密を満載した経営塾的なコンサルティングサイトが

今年、オープンします。

乞うご期待!!


〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

                      ■資金調達に成功するためのサイト■
      
                       http://www.shikinguri.biz/?mail23

                         CRD(保証協会スコアリング)
                    http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail23

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓



▼△▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  実話風読物第一弾

        カードローン取立との戦い-023

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼

5.取り立て-17

    しかし、1月も中旬に入った頃、○○シーカードの藤本氏より電話が入った。

    藤本「高木さん、引っ越したでしょ。新しい住所はどこですか?」

    高木「どうしてわかったんですか?」

    藤本「手紙が戻ってきましたよ。」

   高木「手紙は、郵便局に転送届を出していますから、届くはずですけど・・。
          郵便局の手違いだと思いますので、もう一度出していただけませんか?」

   藤本「内容証明郵便ですから、転送は出来ませんよ。
           それに、そう言う問題ではありませんよ。
              引っ越したら連絡していただかないと困るじゃないですか。」

   高木「内容証明ですか。
            いよいよ法的手続きに入ると言うことですか?
                  それじぁ、ますます教えられませんよ。」

   藤本「高木さん、それはあまりにも不誠実ではないですか?」

   高木「そんなことはありませんよ。
          電話番号はそのままで、こうやって連絡がつくじゃないですか。
            それに、普通の郵便物も届きますよ。
              これで不誠実と言われるのであれば、
                 夜逃げしたり連絡の取れない人と同じ扱いじゃないですか。
                   そんな言い方されるのであれば、電話番号変えさせてもらいますよ。」

  藤本「いやいや、そんな意味で言ったんじゃないんですよ。
      でもですね、引っ越した場合には届けていただかないと困るんですよ。」

  高木「実はですね。家には高齢の親父がいまして、大正生まれなんですよ。
            そして、少し痴呆気味でして、その上心臓が弱っていまして、
               何せ昔の人間ですからドアをノックされるだけで借金取りが来た
                 殺されると大騒ぎになりまして、心臓発作を起こしまして救急車で
                   運ばれたんですよ。
      
             カード会社の中には、電報をよこす会社もありまして、
               電報配達の方はドアをノックされるんですよ。
           それで、命には変えられないと言うことで、
                    新しい住所は教えない事にしているんですよ。」

  藤本「それは、大変ですね。うちは電報は出しませんので、
             それはお約束しますので、その心配はありません。」

  高木「ありがとうございます。しかし、こちらは命が掛かっておりますので、
            会社として誓約書でも出していただけると言うのならまだしも、
                個人のお約束では担当者が代わってしまえばどうなるか
                   わかりませんので・・・。」

  藤本「うちは、担当者を変えませんし、私も保証しますから」

  高木「それならば、藤本さんの戸籍謄本と免許書かパスポートのコピーを
             送っていただけますか?
         電報は、送られなくても内容証明を送られたようですから、
                 住所をお知らせすれば、差押えなどが可能になります。
                   そうなれば、電報どころではなく裁判所の人間が家の中まで、
                     入って来て、物品の査定をする訳ですから、
                      ドアをノックされただけで救急車の世話になったんですよ。
                   ショックで心臓が止まったら、どうしてくれます?

       当然、藤本さんが保証すると言う事は、
                個人で賠償してくれると言う意味ですよね?
           それだけの資産をお持ちだと言う証拠も一緒に送っていただけますか?」

   藤本「いや~、それはちょっと大袈裟じゃないですか?」

   高木「今、何とおしゃいました? 
              私は命の話をしているんですよ。
        命を守るのに大袈裟だとか、
                  大袈裟じゃないとか言う基準があるのですか?」

   藤本「いや、その決して命を軽んじている訳ではないんですが・・」

    
      高木「だったら、聞かないで下さいよ。
             連絡は取れるようにしているんですから・・、
               夜逃げした人達だっているじゃないですか。
                  こちらは出来ることは誠意を示しているじゃないですか。」

   藤本「わかりました。とにかく、連絡だけは取れるようにお願いします。」

   高木「わかりました。」

   藤本「それでは、また連絡させていただきます。今日は、これで失礼します。」

つづく。

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

                          ■資金調達に成功するためのサイト■
      
                          http://www.shikinguri.biz/?mail23

                          CRD(保証協会スコアリング)
          http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail23

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓


「「「「「「「 編集後記 「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
 今、経営塾的なコンサルティングサイトのオープンに向かって、睡眠時間
  4~5時間で頑張っています。眠い・・と誤字脱字が・・、増えて・・
   と言う事情ですから、メルマガの多少の誤字脱字はご容赦下さい。
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

                          ■資金調達に成功するためのサイト■
      
                           http://www.shikinguri.biz/?mail23

                            CRD(保証協会スコアリング)
                       http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail23


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓


◆資金繰りの無料相談は、こちらから
  http://www.shikinguri.biz/free.html?mail23

◆コンサルタント料金が気になる方は、こちらを!
  http://www.shikinguri.biz/menu.html?mail23

◆信用保証協会が審査に使うCRD診断を受けてみたい方は、こちらから
 http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail23

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
***************************************************************************
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
----------------------------------------------------------------------
発行者
 インタープロス株式会社  
   http://www.shikinguri.biz/company.html?mail23
 〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
  TEL:03-6717-4600  FAX:03-6717-4601  E-mail: info@interpross.jp
----------------------------------------------------------------------
     発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
    配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000294077.html 
**************************************************************************
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
 お願いとご注意
 このメールマガジンは著作権法で保護されていますが、商用を除いた転送はご自由に行
  っていただいて構いません。
 その他商用の転載などのご利用は、お問合せください。
  また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害などに対して
 発行者であるインタープロス株式会社は、その責任を負いません。
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/13 部数:  6,467部

ついでに読みたい

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/13 部数:  6,467部

他のメルマガを読む