地元密着食品スーパー悪戦苦闘の日々

ニーズとウオンツの違い


カテゴリー: 2018年11月11日
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 
       『地元密着食品スーパー悪戦苦闘の日々』

                                        < 第365回>

                   
  ―― 地元で生き抜く食品スーパーの日々を事例レポート  ―― 

      著者へのご意見・ご質問 → foodsup@maia.eonet.ne.jp


               http://www.mag2.com/m/0000292532.html  
             

                      2018年 11月 11日 発行

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    
    「人間味ある地元とのかかわり愛」を通じて地元スーパーが

     如何に生き抜くかを日々の売場を通してレポートします。

     商品を売る前に人の成長がお店の繁盛の基であるという

     地元スーパー悪戦苦闘の日々がそこにあります。

             
        「まごころで 込めるひと味 人間味」
         
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   第365回 

            【ニーズとウオンツの違い】

   
──────────────────────────────────
今週のテーマからの言葉としては当り前のこと、このフレーズとしては

聞き飽きたくらいのことばだと思う。

売場とは現場であり、現物としての商品であり、現金としてはやはり数字と

しての実績を上げて毎月の新たな現金が通帳に残せること。

これしかない。

創業160年にもなる日本で有数の電機メーカーの事業再構築としてテレビで

ドキュメントされていた。現実の数字の上で昨年との改善を突きつけられて

いる中で交通費が昨年の数字から上回っていることを副社長が怒っていたが

大企業病とはそういうことが数字の上で明確にできない組織体なのかもしれ

ない。

地元密着のビジネスでは特には社長が細かい数字を掌握するにあたって

何を実行するべきかがはっきりしない限り結果の数字に反映されることなど

あるわけがない。

そこで言われるのが「お客様の不満を社長が直接お客様に聞く」ということ。

このところから言えることはこんなこともできない地元密着のビジネス

であれば社長の職務怠慢であり売上げ不振などとはもってのほかとなる。

ではお客様の不満を直接に社長が聞くこととは具体的にはどういうことかと

言うと要するに地元密着に対するお客様が求めている具体的な商品を見つける

ということになる。

売れて、儲かる商品として地元のお客様の求める商品は一体何なのか?

に尽きる。具体的なその商品を見つけてくるしかないわけだ。

だから「品切れ」が発生してしまう。

横並びの品揃え、横並びの発注、では売れる商品の仕入れができていない

さらに売れる商品の見極めができていないことから起こることだ。

さらに売るための努力とはお客様にその単品の良さを伝えきれていないこと。

これが職務怠慢社長の現実にやるべきこととなる。

つまりこれがお客様のニーズに向き合うことでのやり方である。

ではお客様に向き合うことでのウオンツな対応、具体的な商品の存在とは?

である。

例えばテレビでも献立をレシピ提供するアプリであっても今や卑近なテーマ

としては「時短献立」となっている。

もちろん単に時短というだけではなくおいしさにも健康的にも満足したうえで

求められることは当然のことだ。

そのような切り口で「時短献立」が求められていくこともウオンツな対応

といえる。例えばこの時期に献立として挙がってくるのがやはり「鍋もの」

となる。まずこのなべ物でもメーカーの最近の商品開発から見れば様々な

鍋の献立に対応する「鍋つゆ」のバリエーションとなっている。

確かに鍋つゆとしての味わいや健康を意識した味付けの存在はわかるのだが

それだけではお客様のウオンツが解決されたとは言い難い。

具体的にはどのようなことが上げられるかだが例えばしゃぶしゃぶ鍋の

お客様から見たウオンツ的な食べ方である。

しゃぶしゃぶの食べ方となると何か高級な和牛がイメージされる中での

最高級鍋といったことにもなるのだがここをウオンツ的に見たらどうなる

だろうか?

ちょっと考えてみてほしい。

しゃぶしゃぶ鍋となれば鍋そのものも土鍋ではなくて鍋の真ん中に煙突の

ついた鍋を使うとか鍋からしてしゃぶしゃぶ用みたいな特別感がある。

そしてこの鍋もしゃぶしゃぶとしての早く熱を通すという意味での熱効率

からこの鍋もあるのだろうけれどこの鍋の存在も後始末を考えると厄介な

代物だ。ここはこのしゃぶ鍋よりも土鍋を使ってしゃぶしゃぶをと考えて

みるとどうだろうか。

そして、このしゃぶしゃぶの良さというのはほかのなべ物と違って煮込ま

ないということ。

つまりしゃぶしゃぶの良さは適度に脂を落としたうえで食べる食べ方

というのが健康志向からも求められることだ。

こうなれば先ほどのメーカーが開発している鍋つゆのバリェーションに

相反している鍋ものとなるのだがお客様のウオンツはそこにあるのでは

と考えている。

何よりも健康的だからだ。

そうなってくると今度は「味わいとしてのつけタレのバリェーションが

求められる。このしゃぶ鍋のつけタレの味わいの種類としては基本的には

ポン酢とゴマたれとなる。鍋つゆの種類からすれば20分の1くらいの

種類ではないだろうか。

私はここにウオンツの大きなマーケットがあるように見ている。

そしてここで私から見るべきこのウオンツの価値観の第一は「安いこと」

「経済的にお値打ちにできる」ということだ。

もちろん先ほども申し上げたように脂を落とすので健康的にもバッチリ

である。

ここで私が肉の専門家として言いたいことはやはりこれが牛肉であり

豚肉でもその他の肉でも肉の切り方にあることを最後に申し上げたい。

肉の切り方とこの食べ方ので健康的でお値打ちなしゃぶ鍋の存在が

ウオンツマーケットを切り開いていく。

このようなウオンツ商品をぜひとも見つけ出していただきたいものだ。

あなたのお店が地元のお客様から愛されて、圧倒的に繁盛することを

ココロより応援しています

「地元密着スーパー悪戦苦闘の日々」のご意見、ご感想をどうぞ

http://form.mag2.com/dutejegana
↑こちらのアドレスまで よろしく願います。

──────────────────────────────────
【編集後記】

今週も最後まで読んでいただきありがとうございます。

しゃぶしゃぶ鍋だから薄くスライスするという必要性はないとみるべきだ。

薄く切れることに越したことはないぐらいの切り方でよい。そんなに商品化に

手間ひまをかけなくても要するに切れてあればよいだけのことだ。

つまり、お安くできて、健康的で、おいしい鍋であればそれが1番良いのだから。

====================================================================
 
    メルマガ
   ◎  【地元密着食品スーパー悪戦苦闘の日々】
 
  ◎ メルマガの発行者名:馬淵 靖幸(まぶち やすゆき)
   
  ◎ 住所:〒521-0072
       滋賀県米原市顔戸1313-11

  ◎ fax番号:0749-52-3752  

  ◎ メールアドレス:foodsup@maia.eonet.ne.jp

   ・メルマガの配信停止はこちらです。
     ⇒ http://www.mag2.com/m/0000292532.html
   
    発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/    

====================================================================

地元密着食品スーパー悪戦苦闘の日々

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/11/11
部数 274部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

地元密着食品スーパー悪戦苦闘の日々

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/11/11
部数 274部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング