THE相場観!

☆需給面で、海外勢の売り余力は限定的

カテゴリー: 2019年03月11日
◇◆◆◇ THE 相場観・畠添武士の株式投資情報 ◆◇◇◆
  
《8日大引》
 
◎日経平均  21025.56(-430.45)
◎売買高   16.7億株
◎売買代金  2.9兆円
◎騰落レシオ 98.51%
◎25日線かい離 -0.93%
◎日経平均PER・・・12.26
◎日経平均1株利益・・・1747円
◎空売り比率・・・50.2%
◎日経平均VI・・・19.89(+1.69)
◎米10年債(指標銘柄)・・・2.632%(-0,010)
◎長期国債353回債・・・-0.038%(-0.023)  
─────────
≪市場情報≫
ネットイヤー株の信用取引に関する臨時措置を解除 
北日紡株、霞ヶ関C株を日々公表銘柄に指定
新規上場=〔東証マザーズ〕サーバーワークス(4434、サーバワクス、情報・通信)は13日

▽整理銘柄に指定=〔東証1部〕パイオニアは8日(上場廃止は27日)

◇株価指数先物・オプション3月物の特別清算指数
日経平均 2万1348円40銭

▽日本経済新聞社は8日、整理銘柄に指定されたパイオニア株を日経平均株価の構成銘柄から除外すると発表した。新たにオムロンを補充する。オムロンのみなし額面は50円。銘柄の除外と補充は18日に実施する。日経500種平均株価は、18日にパイオニア株を除外し、堀場製作所を補充する。
───────── 
≪8日米国市場≫
・NYダウ    25450.24   -22.99                                
・ナスダック  7408.14   -13.32                  
・S&P500   2743.07    -5.86                                 
・VIX指数   16.05    -0.54                                         
・フィラデルフィア1318.21    -0.88                                         
・CME日経先物3月限(円建て)20905円 (大阪比+ + 135)  
・ドル円:111円10銭台、ユーロ円:124円80銭台(8時現在)
 
8日の米株式相場は5日続落。NYダウは2月14日以来ほぼ3週ぶりの安値で終えた。2月の米雇用統計で雇用者数の伸びが小幅にとどまり、米景気の減速懸念から売りが先行した。ただ、足元で下げた銘柄には短期的な戻りを見込んだ買いが入り、取引終了にかけて下げ幅を縮めた。
8日のNY外国為替市場で円相場は3日続伸。世界的な株安を受けてリスク回避の際に買われやすい円に買いが優勢になった。2月の米雇用統計が米景気の減速懸念を誘ったのも円買い・ドル売りを誘った。(日経より)
 
2月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が2万人増と市場予想の18万人増を大幅に下回るとともに、2017年9月以来約1年半ぶりの小幅な伸びにとどまった。
───────────
《9日(土)日経朝刊ニュース 主な見出し》
 
北朝鮮、サイバー攻撃で仮想通貨5億ドル奪う。17~18年の国連報告入手
外資の日欧コンテナ航路復活 EPA追い風  
米雇用、2月2万人増に減速 1年5カ月ぶり低水準
 文氏、保守潰しに日本利用 
世界の株価、景気不安視 日経平均、4日で800円下げ 
北朝鮮、ミサイル開発継続 国連報告書。民間施設に分散、非核化さらに不透明 
景気判断、分かれる見方 「後退局面」との声も 
メイ氏、EUに譲歩迫る 12日に英議会採決 離脱案の修正協議停滞 
延期支持43%、反対38% 離脱巡り英世論割れる 
北朝鮮ハッカーの関与示唆 日本のコインチェック巨額流出で 
鳥貴族、最終赤字に転落 今期単独 客離れで出店見直し 
中古スマホ 流通なお課題業界団体、品質格付け基準 「バッテリーの持ち」盛り込まれず 
広済堂、TOB価格700円に上げ 期間も25日まで延長 
消えた前向きな「驚き」世界の指標鈍化、株価に試練 
川崎汽 2カ月ぶり安値 大幅赤字で財務悪化懸念 
金、消えぬ上昇観測。米財政悪化 ドル安不安根強く 各国中銀は買い継続 
銀行株、世界で下落 欧州中銀年内利上げ断念で 
注目リポートから 景気停滞が潤す水関連株
─────────────────────
◎YOUTUBEの相場状況の動画一覧はこちらから↓

動画では、気になる日経記事や、注目銘柄情報などについて解説しています。

https://www.youtube.com/channel/UCc0hzLnnT9rk3fCyWLxN2BA?view_as

※Youtubeでチャンネル登録されますと、動画UPの通知が登録アドレスに配信され、閲覧しやすくなります。

─────────
≪今週の相場見通し≫

1月初旬からの株価の戻りを支えたのは、米FRBの引き締め路線からの転換と、景気の先行きへの過度な悲観の後退。だが、7日ECBが年内の利上げ断念を発表し、中銀のハト派転換がすでに市場で十分に織り込まれていたことで世界的に株価が下落した。市場では「景気懸念で売られる時は、むしろ買い」とみる投資家も多い。(日経記事参考)
 
今週は12日から15日にかけて4銘柄のIPOがあり、個別株物色を刺激してくる期待があります。14~15日は日銀会合、また14日に中国2月鉱工業生産、中国2月小売売上高などが予定されています。
 
※今週、多くの決算発表があります。↓

https://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/kessan_s/kessan_s.asp

注目は14日(木)、ネット印刷の2678アクスル、葬儀、仏壇、お墓のポータルサイト運営の6184鎌倉新書、『業務スーパー』をFC展開の3038神戸物産などです。
───────────────────
テクニカルでは、日経平均は12/25安値18860円から8日高値21860円までちょうど3000円幅、15.9%上昇。昨年10月高値からの下落幅5500円に対して3000円幅の戻りです。

8日高値21860円は200日線22048円や、週足26週線21666円や、週足一目雲下限22125円などが上値抵抗線として意識されました。

ここから8日安値20993円まで867円幅下落。

半値押し水準で20360円ですが、一目雲上20354円付近が意識されます。

目先のリバウンド期待としたら一目基準線21087円や75日線21085円などが下値抵抗線の可能性が出てきます。

需給面では、海外勢の売り余力は限定的とみています。

今週は売られすぎの 大きなリバウンドに期待しています。

週明けの短期銘柄を配信希望の方は 入会お待ちしております。 


    
◆↓会員お申し込みはこちらから↓◆

http://www.bullbear-dtc.com/ 


A会員向け推奨銘柄には【買い指示】【目標値】【ロスカット】等を明記し配信しています。
-------------株式投資のリスクについて-------------
「当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。株式等の有価証券の取引に際しては、株式市場等の相場の変動や発行会社の信用状態の悪化、取引した有価証券の流動性の低下等により、損失を生じるおそれがあります。取引を開始する際または継続する際には、『リスクについて』の記載を十分にご理解の上行ってください。当社に対してお支払いいただく報酬の額につきましてはHP『会員コース説明』の記載をご参照ください。
■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
ブライアン投資顧問 【福岡財務支局長(金商) 第76号】
株式会社ディーティーシー  担当 畠添
福岡県福岡市中央区赤坂1-14-22
センチュリー赤坂門ビル6F
URL:http://www.bullbear-dtc.com/ 
TEL:092-732-1098 
info@bullbear-dtc.com 

THE相場観!

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/03/22 部数:  6,524部

ついでに読みたい

THE相場観!

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/03/22 部数:  6,524部

他のメルマガを読む