THE相場観!

☆今月、期待の注目新人(IPO)2銘柄とは・・・

カテゴリー: 2018年12月11日
◇◆◆◇ THE 相場観・畠添武士の株式投資情報 ◆◇◇◆


◎YOUTUBEの相場状況の動画一覧はこちらから↓

https://www.youtube.com/channel/UCc0hzLnnT9rk3fCyWLxN2BA?view_as
 
※Youtubeでチャンネル登録されますと、動画UPの通知が登録アドレスに配信され、閲覧しやすくなります。

最近、字幕や効果音など動画編集しないでUPしているので、18時前後には動画は閲覧できます。
────────────────────────
≪独り言≫

やはり14日(金)のSQ前後は目先の相場の転機になる可能性があります。

過去にもメジャーSQが相場の転機になることが多々ありました。

また、年内受け渡しベースでの売買最終日が25日ですが、損益通算がらみの売りが出るのが25日までなので、来年渡しの26日から相場が様変わりすることが過去にもあります。

また26日以降は新規公開(IPO)がないので、年始にかけて既存のIPOが人気化する傾向があります。
個人的には26日~28日(大納会)は投資のチャンスとみています。

あと、本日、2銘柄が新規上場となりました。
今月、期待の注目新人(IPO)2銘柄は、本日のA会員レポートで配信しました。
初値を買って、短期で2バーガー狙いとなるか?
────────────────────────
 ≪ A会員レポートでは短期銘柄をご紹介 ≫ 
────────────────────────
【1357 日経ダブルインバース】株価 1282円 +9

4日終値 1183円 → 11日高値1293円(上昇率8.4%)

日経平均ダブルインバース・インデックスは、日々の騰落率を日経平均株価の騰落率の-2(マイナス2)倍として計算される株価指数です。日本経済新聞社が算出・公表しています。2001年12月28日の指数値100,000ポイントを基準値としています
-------------
≪空売り≫

【4004 昭和電工】株価 3605円 -135

4日終値 4290円 → 11日安値3545円

5301東海カーボン、5302日本カーボンと同じように黒鉛電極関連。
中国景気の影響を受ける業種です。
-------------
≪金融株・空売り対象銘柄≫

【メガバンク・生保】

【8306 三菱UFJ】株価 584円 -11

4日終値 616円 → 11日安値580円
-------------
【8411 みずほ】株価 179円 -2

4日終値 185.9円 → 11日安値177.7円
-------------
【8750 第一生命】株価 1840円 -27

4日終値 1962円 → 11日安値1810円

米長期金利利回り下落や、国内長期金利利回り下落などは金融株にはデメリットです。
-------------
日経平均は下値を試される局面。

リバウンド狙いの短期銘柄(買い)や、

短期銘柄(空売り)配信希望の方は 入会お待ちしております。

◆↓会員お申し込みはこちらから↓◆

http://www.bullbear-dtc.com/

◎A会員レポートは、フォローは月~木は11時前後に前場レポートと
18時前後に大引けレポートの1日2回配信しています。
短期銘柄は ザラ場中含め不定期ですが タイミング見て配信しています。
-------------株式投資のリスクについて-------------
「当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。株式等の有価証券の取引に際しては、株式市場等の相場の変動や発行会社の信用状態の悪化、取引した有価証券の流動性の低下等により、損失を生じるおそれがあります。取引を開始する際または継続する際には、『リスクについて』の記載を十分にご理解の上行ってください。当社に対してお支払いいただく報酬の額につきましてはHP『会員コース説明』の記載をご参照ください。
■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■
ブライアン投資顧問 【福岡財務支局長(金商) 第76号】
株式会社ディーティーシー  担当 畠添
福岡県福岡市中央区赤坂1-14-22
センチュリー赤坂門ビル6F
URL:http://www.bullbear-dtc.com/
TEL:092-732-1098 
info@bullbear-dtc.com 



THE相場観!

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2018/12/11 部数:  5,787部

ついでに読みたい

THE相場観!

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2018/12/11 部数:  5,787部

他のメルマガを読む