心に残るヒト以外の名言集

サンプル誌

--------------------------------------------------------------
       心に残ったヒト以外の名言集 第1回       
--------------------------------------------------------------



「どんなに偉くなっても
 仕事から離れればただの人でしかないのさ」




これは東京都世田谷区の家庭で飼われている
セント・バーナード犬のジャスティスが残した言葉である。

飼い主は美容界のカリスマとして
若くして成功を収めた男である。

彼は使いきれないくらいのお金と豪邸を所有していたため、
ジャスティスは遊ぶ為の広い庭も食事も何不自由無く与えられ
日本に住む犬の中でも極めて贅沢な生活を送っていた。

ジャスティスを散歩しているのは男である。
男はどんなに仕事が忙しくても
散歩をすることだけは怠らなかったので
ジャスティスは男からの絶え間のない愛情に感謝をしていた。

しかし、どんな犬でも
いわゆる排泄行為をせずに生きていくことはできない。
ジャスティスはどうしても散歩の途中でもよおしてしまうのだ。

男はジャスティスが排泄行為を始めると
ポケットに入れていたビニール袋を取り出し
袋越しに直接ジャスティスの出した便をつかんで
持って帰るのだった。

どんなに偉い人でも犬と一緒にいる時はただの飼い主。
ジャスティスは毎日それをしてくれている主人のことを見ている内に
そのようなことを考えるに至ったのだろう。



次回をお楽しみに!

心に残るヒト以外の名言集

発行周期: 不定期 最新号:  2017/04/08 部数:  6,660部

ついでに読みたい

心に残るヒト以外の名言集

発行周期:  不定期 最新号:  2017/04/08 部数:  6,660部

他のメルマガを読む