自分を好きになってもいいよ

【自分を好きになってもいいよ】私が若者に伝えたいこと

カテゴリー: 2017年12月09日
♪………★………κ………∞………♪………★………κ………∞………♪


    自分を好きになってもいいよ
       ~心のセラピストの ちょっとためになるお話~

                2017.12.9 No.137
♪………★………κ………∞………♪………★………κ………∞………♪

こんにちは 自信を育てるセラピストけいたんです。
気がつけばもう12月。今年は皆さんにとってどんな1年だったでしょうか。
私は次女の就職が決まって子育てが一段落し、母親という大きな役割が
かなり終わったのかなという気分です。

結婚してすぐに子供を授かり、最初はエーッ???と思っていましたが、
あまり体力がある方ではない私にとって、子育てを早目に経験できたことは
ありがたかったと、子育ての後半になって思いました。

私もそうでしたが、若い頃は将来のプランなどわかりません。
いつ誰と結婚できるかわからない、
特に女性は仕事と子育てと両立できるかわからない、もしくは
出産したら仕事は辞めたいがそういう状況が許されるのかわからない。
未経験かつ予測不能な若者に予定は立てづらいと思います。ですが・・

結婚に適齢期はないが、出産・子育てには適齢期がある
それはいくら文明が進化してもあまり変わらない

と私は思っています。
子供を産む・産まないの自由はありますが、
もし欲しいのならなるべく早めに出産を計画しましょう!
と世の若者に言いたいです。
女性の一番忙しい時期をどこに持ってくるのかということです。

今後、働く女性の割合は更に増えてくると思います。
出産後も働きたいというよりも、正直旦那の稼ぎだけではやっていけない
あるいは将来が不安・・という方が増えると思われるからです。

これからは、「いつかいい人を見つけて適当な時に結婚し、旦那様を支えて
(の収入に頼って)生きていこう」などと漠然と考えるのは超危険です。
少しでも自分で収入を得る方法を持っておきたいものです。

特に出産後、正社員として多少無理をしてでもがんばりたいのか、
仕事はセーブ・転職しても子育てを最優先したいのか、その位は決めておき、
辞める場合は悩みませんが、そうでない場合は
今の会社でそれが実現可能かどうか、あるいは今の職種は出産後も働ける
環境にあるのかどうかきちっと検証していく必要があります。

人生思った通りにいかないとしても、その都度プランを立て直し、
これからの将来がある若い方々には、賢く生き抜いていっていただきたい。
ある程度箱が決まった方は、今与えられている範囲の中で精一杯生きていきましょう!

★カウンセリングへのお問い合わせ・申し込みはこちらから★
   http://k6image.com/info.html
---------------------------------------------------------
■発行者 中澤敬子
■カウンセリングルーム 「イマージュ」 HP
        http://k6image.com/
---------------------------------------------------------

自分を好きになってもいいよ

発行周期: 月刊 最新号:  2018/09/17 部数:  1,086部

ついでに読みたい

自分を好きになってもいいよ

発行周期:  月刊 最新号:  2018/09/17 部数:  1,086部

他のメルマガを読む