1分で見る、ベトナム新聞B級ニュース斜め読み!

ベトナムB級ニュース斜め読み!「気管にヒルが生息」



★☆  ベトナムB級ニュース斜め読み! ☆★


*「B級」
ある分野において、一流なものや一般的評価が高いものを「A級」としたとき、
二流なもの、一般的評価は高くはないが一部に愛好者がいたりするものを、
「B級」と称する。

例: B級映画、B級グルメ

安っぽいチープ感がポイント。
映画ならばセットやCGなどがセコいか、高予算とは思えない雰囲気が大事。
二流の店であっても、フランス料理などはB級グルメとは言わない。
(はてなキーワードより)

 

★はじめに★


ご無沙汰の発行であります(笑)。


5月病という病(?)がありますが、
仕事に趣味に勉強に、と頑張っていますでしょうか。


ホーチミン市は一年で一番暑い時期になり、
連日、四捨五入すれば40度の天気が続いています。


こういう環境では、労働意欲は著しく減退するものでして、
(いつも無いだろ!という突っ込みは、なしでお願い・・・)
今日もだらしなく過ごしており申します^^。


サイゴンの道端でよく見かける、
真昼間からビールを飲みつつ将棋をしている、謎のおじさん達のような、
あんな生活ですね(爆)。


石川はお酒は嗜まないのですが、
あんな生活が理想です、お金さえあれば…。


それでは、今週のB級ニュースを。





★ 今週のB級ニュース ★


ゲアン省医科短大の外来診察の医師が、
同省在住のX・N・Cさん(28歳)の気管から、
生きたヒル(体長6センチ、大人の小指ほどの大きさ)を摘出するのに成功した。 


(その摘出されたヒルの写真。うげ~)
http://betonamugaido.info/003wtats-new/post-79.php


Cさんによると、
畑で1度湧き水を飲んだところ、
3日後にのどの中に何か生き物がいるような異物感を感じるようになった。


それから1ヵ月ほどたつと、Cさんは咳き込んだり、息苦しくなったり、
胸の圧迫感や倦怠感を感じるようになり、声もかすれるようになった。


Cさんがゲアン省医科短大の外来診察に運ばれてきたとき、
医師たちは内視鏡検査で、何か奇妙な物体が気管付近を上がったり下がったりしているのを発見した。


現在、ヒルを摘出されたCさんは、完全に健康を取り戻している。


(2010年5月10日 法律新聞Bao Phap Luat) 




★ ★ ★


気管にヒルが生息・・・考えるだに気持ち悪い・・・。

5月の連休中にも、
ニャチャンのあるカインホア省で同様の事故(?)があったとのニュースを見ましたが、
農村ではヒルは珍しくないとはいえ、体内に生息ってよくあることなんですかね?


ヒルというと気持ち悪い生物の代表格のような感じですが、
調べてみると、これが結構、医療目的でも使われていたりするんですね。


漢方では乾燥したヒルの生薬名を水蛭(すいてつ)と呼び、
滋養強壮に効果があるのだそうです。


薬用ヒルの唾液腺からは、
ヒルディン(シャレみたいですけど、ホントです)という血液抗凝固成分が作られるし、
日本でも昔は、山間部の生活用品雑貨店で、
マムシに咬まれたときに毒を吸い出すためにヒルを売っていたらしいです。


なるほど、ちょっとヒルを見直しましたが・・・


でもやっぱり、血は吸われたくないですorz。 






======================================================================
このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 

1分で見る、ベトナム新聞B級ニュース斜め読み!
( http://www.mag2.com/m/0000283238.html )
マガジンID:0000283238
発行責任者:石川健太郎
発行元情報:  http://betonamugaido.info/
姉妹メルマガ: ベトナム語WEB留学
        http://archive.mag2.com/0000179325/index.html
★E-MAIL  acchcm@hcm.vnn.vn
☆配信中止はこちら 
http://www.mag2.com/m/0000283238.html 

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む