社長、上司があの人はすごいといわれるピカイチ情報

「パワハラ・セクハラ撲滅セミナー」のご案内

カテゴリー: 2019年03月22日
☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務
畑一筋で現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業
経営者のために語る

作者: 中川清徳  2019年3月22日号   VOL.4021
◆─────────────────────────────────◆

「きっとよくなる 」を口ぐせにすると
もっとよくなる


(続きは編集後記で)


◆─────────────────────────────────◆
 ■「パワハラ・セクハラ撲滅セミナー」セミナー 24,000円(税別)

   【東京】 5月14日(火)13時30分~16時 
    http://nakagawa-consul.com/seminar/088.html

   【Web】 4月18日(木) 13時30分~16時30分
    http://nakagawa-consul.com/seminar/088_web.html   

◆─────────────────────────────────◆

「パワハラ・セクハラ撲滅セミナー」のご案内


業務上精神障害(パワハラ労災)の認定率は36.8% 

いきなりですが、ゲッとする数字をご紹介しましょう。 
「36,8%」。 

これは「精神障害」(うつ病)が「業務上災害」だと認定されて
「労災保険給付」が決まった率です。

言ってみれば「パワハラ労災」です。 

平成28年度の場合、精神障害の労災申請は1586件あり、
そのうち498件(36.8%)が認められました。 

その精神障害の中で「自殺」は198件が申請され、
そのうち84件(47.7%)が認められました。 

業務上の災害だと認められた「出来事」を見てみますと、多いのは次の順です。 

1位「仕事の内容・仕事量の大きな変化を生じさせる出来事があった」 
2位「ひどい嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」 
3位「1ヶ月に80時間以上の時間外労働を行った」 
4位「2週間以上にわたって連続勤務を行った」 
5位「上司とのトラブルがあった」 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/dl/120427.pdf 
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11402000-Roudoukijunkyokuroudouhoshoubu-Hoshouka/h27_seishin.pdf


上記の中でパワハラかな?と想像させるのは「ひどい嫌がらせ、いじめ、
又は暴行を受けた」です。 

いったん業務上災害だと認められてしまうと、会社は次のようなリスクを
負います。 

(1)療養期間中、解雇できない。(ずっとです) 
(2)自殺でもされたら、とんでもない損害賠償・慰謝料を払うハメになる。 
(3)民事訴訟になったら、弁護士費用だけで目から火が飛び出そう
  (マンション1軒分) 

自殺案件になると、損害賠償はもちろん1億円超です。 

弊社がパワハラ・セクハラセミナーに力を入れている理由は、
わかっていただけたと思います。 
 
弊社では、「パワハラセクハラ撲滅セミナー」を開催してます。

お申し込みは下記からお願いします。
【東京会場】 http://nakagawa-consul.com/seminar/088.html
【Webセミナー】https://nakagawa-consul.sslserve.jp/seminar/web-seminar.html

または、下記の申込書欄にご記入のうえ、そのままご返信ください。
受講票と請求書を郵送します。
複数のご参加は連名でご記入ください。

********************************************************************
    「パワハラセクハラ撲滅セミナー」 24,000円(税別)
                         二人目 半額

1.社名

2.役職名

3.お名前

4.会社所在地

Webセミナーをご希望の場合下記の()内に○をご記入ください。

   ( )Webセミナーを希望 

            遠隔地でもその場で受講できます
      日程が合わないなどの事情で参加できない方に朗報です。
      お申し込み後、弊社より日程調整のご連絡を差し上げます。
      インターネットに接続でき、マイク、スピーカが接続できる 
      パソコンがあれば特別なソフトは不要です。

社内研修も承ります。

   (  )社内研修を希望

       日程、費用、内容等を打ち合わせをします。
       その結果で実施の可否を決定してください。
       ご希望があっても実施する義務は生じません。
********************************************************************

セミナーの内容(講師の都合で変更することがあります)


・ハラスメントの種類
・パワハラ・セクハラとは
・パワハラ・セクハラの事例
・パワハラを起こさないポイント
・パワハラによる精神疾患の予兆
・慰謝料の事例
・パワハラ・セクハラに対する社内体制のつくり方
・諸規程の作成
・社員教育の仕方
・経営者、上司がパワハラと言われない指導方法
・部下と信頼関係を築く方法
・使用者責任保険について

パワハラ、セクハラが中心となりますが、下記の行為についても
触れます。

・モラルハラスメント
・マタニティーハラスメント
・パタニティーハラスメント
・ジェンダーハラスメント

これ以外にもお伝えしたいことが多くあります。
セミナーに参加してご確認いただくのが良いかと思います。


(中川コメント)

 お申し込みをお待ちしております。


◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆

「きっとよくなる 」を口ぐせにすると
もっとよくなる


何か問題があるのですか?
心配?…ですか?

だいじょうぶです。
問題があれば、
その後はよくなるんです。

「きっとよくなる」
「必ずよくなる」
「もっとよくなる」

問題を解決していくことが
楽くなります。

問題を解決していくことが楽くなります。


これでハッピー!
問題は、さらによくなるチャンス!


(プチ紳士からの手紙 より http://giveandgive.com/)


◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。


◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報

☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ qwk01012@nifty.com
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
☆Facebook  http://www.facebook.com/profile.php?id=100003506067345
     	
◆─────────────────────────────────◆
	

ついでに読みたい

社長、上司があの人はすごいといわれるピカイチ情報

発行周期:  日刊 最新号:  2019/03/22 部数:  3,684部

他のメルマガを読む