設計事務所と建築士のための業績アップレポート

設計事務所と建築士のための業績アップレポート<vol.43>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━ConsultingforArchitect━
■
2017年7月10日
■■
設計事務所と建築士のための業績アップレポート<vol.43>
~経営コンサルティング現場からお贈りする経営の原理原則~
■
創成窪田株式会社 代表取締役 窪田順司(JUNJI KUBOTA)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この度の集中豪雨によりご被害に遭われました方々に、心よりお見舞いを申し上
げます。
被害状況が報道で明らかになるにつれ、変わってしまった町の姿に胸が痛みます。

さて、先月6月24日の設計事務所経営勉強会「創成倶楽部」は、
NAP建築設計事務所の建築家 中村 拓志先生に、
「これまでの歩みと振る舞いのデザイン」と題してご講義いただきました。

そして、当日の目玉である改装したばかりの事務所見学をさせて頂きました。
ご参加いただきましたすべての皆様に衝撃を与えたようでした。

3階建ての元アクセサリーメーカーの工場をリノベーションされた事務所は、
1階の打合せスペースの天井高が5メートル以上あり、その天井まで伸びる本棚
には洋書がぎっしり埋まっています。また、表通りに面する電動シャッターを
開けると外と繋がり、気持ちの良い一体空間になります。
フロアの奥にある備え付けの大理石のオープンキッチンカウンターの幅は4,500
以上あり、奥にはMieleのオーブン・レンジ、食洗器等が備え付けられています。
さらにその上方には、25個の石でNAPの文字が形作られています。
その石の1つ1つが大きさも形も違いますが、河流で磨かれ光っています。
それはまるで所員さんお1人おひとりのようです。

また、フロアに並ぶすべての椅子は1つとして同じものはなく、アンティーク調
のものからモダン、北欧、ヨーロピアン、東南アジア風のものまで大きさも
フレーム素材も座面の材質も様々です。座り心地はもちろん、座る、立ち上がる、
引き出す、さらにはその時の使用者の視線などの振る舞いの違いを感じて欲しい
とのことでした。

特別に2階、3階の執務スペースも見学させていただきましたが、それは参加
された方のみの秘密にしておきます。

昨年の会で見学させていただいた飯田善彦建築工房様のArchiship Library&Cafe
やその前の見学会でお邪魔した昭和設計様のリノベーションされた大阪本社とも
また違う、工夫が盛りだくさんの個性的なオフィスでした。

中村先生をはじめ、スタッフの皆様には、このような機会を与えていただき、
改めて、感謝申し上げます。

このように設計事務所経営勉強会「創成倶楽部」は、本物を追究される事務所様
に訪問させていただき、研鑽を深めています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コンペに勝てるコツ「わかる・できる・そして、・・・・・」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、学習塾の超プロ講師に教えていただいた言葉をお伝えしたいと思います。
わかる・できる、だけではダメなのだそうです。
子どもたちに問題の解き方を教えれば、わかる、理解できるようになります。
そして、できる、問題を解けるようになります。
しかし、それだけでは十分でないのです。

学習塾ですから入学試験で合格する。

つまり、結果が出せる。
この状態にする必要があるのです。

これを設計事務所の経営に置き換えてみると、
「わかる」とは、お客様の意図が汲み取れる。
所長や先輩から教えてもらった図面の書き方を理解できるということになります。
「できる」とは、実際に図面として描ける、建築として形になることです。
そして、「結果が出せる」とは、その建築を見て、紹介、問合せ、リピートの依頼
が来ることです。

しかし、現実には、どのようなことが起こっているでしょうか?
スタッフが図面データをコピーして使用しているため、雨が多い地域、北風が強い
場所など関係なく、いつも同じ収まりの断面詳細で済ませている。

所長がお客様に説明している内容ぐらい、自分でも説明できると頭ではできると思
っていても、いざ自分の言葉で説明してみると、所長の半分も話せないなどという
ことがあったりします。

また、プロポーザルのヒアリングで、これまでの実績から言えば、自社が当選する
ことが、ほぼ確実視できている案件で、管理技術者に所長自身の名前を記載してい
たのに、どうしても日程の都合で出張から戻って来られないために、他の取締役が
出席するから大丈夫だろうと解釈し、自ら出席せず対応し、落選してしまうなど、
実際の現場では、動けていないことが多々あります。

「わかる」「できる」「結果が出せる」自らの行動を振り返ってみて下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
設計事務所経営勉強会「創成倶楽部」では、自社だけでは、なかなか続けられない
ことも、師や友と呼べる仲間とともに力を合わせ達成します。
会員事務所様は、誠実で前向きな方ばかりなので一緒にいるだけで気持ち良いです。
次回の開催は、8月24日(木)です。
ゲスト講師には、株式会社内藤廣建築設計事務所の内藤 廣先生をお招きします。
どうぞお楽しみに。

今回は、「設計事務所がコンペ・プロポーザルに勝つ!マニュアル」を出版し、
1周年になります。
よって、ご入会をご検討の方には初回参加を無料でご招待させていただきます。
なお、ご参加には、費用はかかりませんが、参加条件がございます。
まずは、お気軽にお問合せ下さい。
▼お申込み方法は、コチラから▼
http://www.make-success.co.jp/otoiawase/
皆様との出会いを楽しみにしております。
===================================
発行責任者:窪田順司(くぼたじゅんじ)
発行元 創成窪田株式会社 http://www.make-success.co.jp/
〒107-0052 東京都港区赤坂7-6-7-205
TEL:03-5797-7335 / FAX:03-5797-7336
メール:info@make-success.co.jp
====================================
■「配信停止はこちら」をクリックしてください。
配信中止はこちらhttp://archive.mag2.com/0000282966.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright 2017  Souseikubota Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

設計事務所と建築士のための業績アップレポート

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2017/07/10 部数:  285部

ついでに読みたい

設計事務所と建築士のための業績アップレポート

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2017/07/10 部数:  285部

他のメルマガを読む