もっと知りたい!イタリアの言葉と文化

第115号「イタリア中部の伝統、聖ヨハネの水~自然の力を心身に。イタリア語オンライン記事を読む。」


カテゴリー: 2018年06月30日
=====================================================================

  もっと知りたい! イタリアの言葉と文化  第115号

 イタリア中部の伝統、聖ヨハネの水〜自然の力を心身に。
 イタリア語オンライン記事を読む。L’Acqua Di San Giovanni Battista

               2018年6月29日(金)

=====================================================================

---今号の目次--------------------------------------------------------
1 イタリア中部の伝統、聖ヨハネの水〜自然の力を心身に。
2 イタリア語オンライン記事を読む。L’Acqua Di San Giovanni Battista 
3 アッシジのバラ園とラベンダー祭り、地震2年後のカステッルッチョ
---------------------------------------------------------------------

 お久しぶりです。今号ではぜひ、できるだけ早く、7月上旬までの間に、皆
さんのお宅でもウンブリアの花の香りに満ちた伝統を経験していただきたいと
いう思いから、先に慣習について日本語でご紹介し、それから、関連のイタリ
ア語記事を、学習教材として取り上げています。すぐに教材に取り組もうとい
う中級以上の方は、1を飛ばして2を先にお読みください。まず慣習を試して
みようという方や入門・初級の方は、まずは1をご覧ください。



1.イタリア中部の伝統、聖ヨハネの水〜自然の力を心身に。


 ちょうど日本で、春分の前日、節分の日に豆をまいて、邪を払い、福を呼び
込む慣習があるように、ウンブリア州やその周辺には、古来、太陽や植物の生
命力が頂点に達する夏至(solstizio d’estate)の頃、花(fiore, pl. 
fiori)を水(acqua) に浮かべて一晩外に置き、月(luna)の光を浴びるよう
にしておいて、翌朝、その芳香豊かな水で顔を洗い、その自然のエネルギーを
心身に取り込んで、病気や災いを遠ざける風習があります。かつての異教の
儀式は、キリスト教が普及すると、夏至の頃、6月24日が記念祝祭日である
洗礼者聖ヨハネ(イタリア語ではSan Giovanni Battista)ゆかりの慣習と
なり、現代では花の香りと自然の力に満ちた水は、聖ヨハネの水(l’acqua di
San Giovanni)と呼ばれています。日本の節分とは違って、多くの地域で
失われていた風習が、我が家を始め、今イタリア中部などで、再び行われる
ようになったのですが、日本の皆さんも、興味があればぜひ、できれば6月の
うちに試してみてください。キョウチクトウなど、有毒な花は危険ですので使
わないようにだけ、ご注意ください。バラやラベンダー、セージなど、芳香の
いい薬草としても使われる花を中心に摘んで作ると、翌朝は、家中に驚くほど
いい香りが立ちこめます。

 聖ヨハネ、サン・ジョヴァンニの水の写真も載せたブログ記事へのリンクは、
こちらです。

・花の香り・自然の力浴びる朝、聖ヨハネの水
 https://cuoreverde.exblog.jp/29893099/


2 オンライン記事を読む。L’Acqua Di San Giovanni Battista


 今回学習する記事へのリンクは、こちらです。
 http://www.medioevoinumbria.it/home/lacqua-di-san-giovanni-battista-24-giugno/

 ここでは、風習の紹介に焦点を当てため、聖書の人物名やカトリック教関連
の語句が多い第1段落の大半は割愛し、題名・冒頭の一文、及び、第6・7段落
の風習について述べてある部分だけを、教材として取り上げます。


「L’Acqua Di San Giovanni Battista - 24 Giugno

Il 24 giugno, si celebra la nascita di San Giovanni Battista.(中略)
Nella tradizione si celebra San Giovanni con la raccolta dell’acqua
profumata(中略)
Per avere l’Acqua di San Giovanni alla vigilia del 24 Giugno e' 
sufficiente raccogliere le erbe profumate e belle che si trovano in
luoghi incontaminati. Si immergono le erbe in una ciotola piena di
acqua pura e si pone questo preparato al magico effetto della notte.
La luce della Luna e la rugiada mattutina estraggono dai fiori i
principi benefici di cui l’acqua si carica. Al mattino bisogna
bagnarsi con questa acqua, lavarsi il viso e offrirla ai nostri
familiari e amici. Questa acqua speciale porta fortuna, amore, 
felicita'…」

語注

San Giovanni Battista 洗礼者聖ヨハネ、イタリア語では「聖ジョヴァンニ」
tradizione s.f. 伝統、伝統文化; 慣例、ならわし
profumato agg. [pp.] 香りのついた、かぐわしい
vigilia s.m. (宗教的祭日の)前日、前夜  
incontaminato agg. けがれのない(石井注: ここでは「汚染されていない」)
ciotola s.f. わん、小鉢  
rugiada s.f. 露  
princìpio s.m. 4. 《化》(物質の)成分 
benèficio agg. 有益な、役に立つ 
caricarsi di … 石井注: ここでは、「…でいっぱいである、…に満ちている」 
familiare s.m. 家族の一員

 上の語中の大半は、小学館の『伊和中辞典』(https://amzn.to/2KvoxfQ)
の語義を借りて、記入しています。入門から上級までずっと使えて、語彙・
用例の多い、頼りになる辞典です。

 重要語句で、かつ、文の理解に大切な言葉については、あえて語注を記して
いませんので、中級以上の方は、文脈や既存の語彙から、意味を推測しながら、
まずひととおり読んでみてください。難しくてほとんど分からない場合は、
冒頭の日本語で説明した記事を先に読み、聖ヨハネの水がどういうものかが
分かれば、文も理解しやすくなるかと思います。

 まずは分からない言葉があっても、語注を参考にしつつ自力で何度か読み、
理解しようとすることによって、右脳を使い、次に、分からない言葉を辞書で
調べ、分析的に内容を押さえようとして左脳を使い、最後に、さらに読み直し、
統合的に内容を理解するために右脳を使うと、ちょうど、母語で言語を理解
するときと同じように脳を使うために、学習効果が上がり、読む底力もが
ついていくはずです。

 2度ほど通して読んだあと、今度は、次の問いに答えるべく、文の骨子を
理解するために、さらに読み直しましょう。

 次の問いに日本語で答えてみましょう。

1. 6月24日は、何を祝う日ですか。
2. 聖ヨハネの水(l’Acqua di San Giovanni)は、いつどんなふうに準備し、
   どんなふうに使いますか。
3. 聖ヨハネの水には、どんな効果があるとされていますか。


 では、問題に答えるためにも、題名や文章を順を追って、詳しくみて
いきましょう。


I.「L’Acqua Di San Giovanni Battista - 24 Giugno

Il 24 giugno, si celebra la nascita di San Giovanni Battista.(中略)」

 nascitaは、「生まれる、誕生する」と言う意味のnascereから派生した名詞
で、「誕生; 出生」という意味です。celebrareは、英語のcelebrateと語形が
似ていることから、意味が類推できるでしょうか。「祝う」という意味の
他動詞です。si celebraとあるのは、「si + 他動詞の3人称単数形」で、
受動態になっているためです。
(詳しくはhttp://www.geocities.jp/naoko_ishii/vol96.05_11_2014.html)

 題名および冒頭の一文を訳すと、次のようになります。

「洗礼者聖ヨハネの水 - 6月24日

6月24日には、洗礼者聖ヨハネの誕生が祝われる。」

                                         (「 」内は石井訳、以下同様)

 ですから、1の答えは、「洗礼者聖ヨハネの誕生(を祝う日)」となります。

続いて、2の問いに答えるべく、文の続きを見ていきましょう。

2. 聖ヨハネの水(l’Acqua di San Giovanni)は、いつどんなふうに準備し、
    どんなふうに使いますか。

II. 「Nella tradizione si celebra San Giovanni con la raccolta dell’
acqua profumata(中略)
Per avere l’Acqua di San Giovanni alla vigilia del 24 Giugno e'
sufficiente raccogliere le erbe profumate e belle che si trovano in
luoghi incontaminati. Si immergono le erbe in una ciotola piena di
acqua pura e si pone questo preparato al magico effetto della notte. 
La luce della Luna e la rugiada mattutina estraggono dai fiori i 
principi benefici di cui l’acqua si carica. Al mattino bisogna 
bagnarsi con questa acqua, lavarsi il viso e offrirla ai nostri 
familiari e amici. 」

 sufficienteは「十分な」を意味する形容詞、accogliereは他動詞で、
「集める」という意味です。si trovanoについては、trovarsiが「ある、
いる」という意味を持つことを覚えておきましょう。

 動詞がかなり形を変えるために、不定形が分かりにくい動詞がいくつか
あります。pone、estraggonoの不定詞がお分かりでしょうか。それぞれ
porre、estrarreです。

 この文を訳すと次のようになります。

「6月24日の前夜に聖ヨハネの水を準備するには、汚染のない場所に育つ、香り
のいいきれいな草花を集めればいい。集めた草花を清らかな水でいっぱいの鉢に
浸し、こうして準備した鉢と水を、夜の魔法の効果が得られるように置いておく。
月の光と朝露が、花の有益な成分を引き出し、聖ヨハネの水は、そうした有益な
成分に満ちたものとなる。朝は、この水で体を洗い(体を濡らし)、顔を洗い、
家族の友人にも、この水を提供する必要がある。」

 ですから、2の問いの答えは、「前の晩に汚染のない場所で草花を摘み、
一晩水に浸しておいて、翌朝、花の有益な成分でいっぱいになった水で、
顔を洗う」となります。

 さあ、最後の問いです。

3. 聖ヨハネの水には、どんな効果があるとされていますか。

 最後の一文を読んでみましょう。

「Questa acqua speciale porta fortuna, amore, felicita'…」

 この文の述語は他動詞portare「もたらす」ですから、「この特別な水」が、
動詞の後に続く抽象名詞で述べられたことをもたらしてくれるということです。

 fortunaは「幸運」、amore「愛」、felicita'は「幸福、幸せ」という意味
ですから、訳すと、

「この特別な水は、幸運や愛、幸せなどをもたらしてくれる。」ということに
なり、これが、そのまま三つめの問いの答えになります。

 幸運と愛、幸せを運び、花の有益な成分たっぷりのこの聖ヨハネの水を、
ぜひ日本の、また世界各地でこの記事をお読みの皆さんも、7月上旬までの
太陽や植物の力が頂点に達している今の時期に、お宅で試してみてください。

 以下のブログの記事に、わたしたちが用意した今年の聖ヨハネの水の写真が
あります。ぜひ参考にしてください。

・花の香り・自然の力浴びる朝、聖ヨハネの水
 https://cuoreverde.exblog.jp/29893099/


3 アッシジのバラ園とラベンダー祭り、地震2年後のカステッルッチョ


 今号では、花や自然の力を暮らしに取り込んだウンブリアの風習について
お話ししましたので、ここでは、今の時期に、花や風景が美しいウンブリアの
名所を、ブログ記事を通して、ご紹介します。近年、アッシジの大聖堂や
中心街の眺めもすばらしい場所に、バラ園とラベンダー園ができたのですが、
どちらもすばらしい庭園で、今この季節にはとりわけきれいなバラやラベンダー
の花を愛でることができます。

・大聖堂眺め美しバラ麗し、アッシジのすてきなバラ園
 https://cuoreverde.exblog.jp/29815837/

・アッシジ ラベンダー祭り  https://cuoreverde.exblog.jp/29898864/

* 記事がいいなと思ったら、励みになりますので、二つのブログランキング
への応援クリックをお願いします。クリックすると、イタリア情報を語った
ブログの一覧表が現れます。

 先週土曜日に、イタリア中部地震から2年後のカステッルッチョを訪ねまし
た。中心街は、まだ地震で倒壊した建築物が多くて、立ち入ることもできず、
ノルチャからの車道も、数か所復旧中のため、信号による片道通行となってい
ます。復興のめどが立たない村の高原に、けれども野の花は咲き始め、週末には
多くの観光客が訪れていました。

・地震2年後のカステッルッチョと高原の花 
 https://cuoreverde.exblog.jp/29895053/

 メルマガには、イタリア語のアクセントつき母音の文字を載せルことができ
ないため、アクセントをアポストロフィで代用しています。

 メルマガの発行当初から、Yahoo! ジオシティーズにサイトを作り、
アクセントがきちんと分かるように記した記事を、写真入りで載せていたの
ですが、数年前から、ジオシティーズの設定が変わり、このイタリア語の
アクセント入り母音のアクセント記号が、画面に表示されなくなってしまい
ました。さらに、この数年、わたしのウィンドウズパソコンの調子が悪いため
に、主としてマックブックを使うようになったのですが、ジオシティーズは、
マックパソコンからでは、ジオクリエーターでの編集ができず、html編集に
不慣れなわたしには、記事を載せたりページを変更したりすることが、ひどく
難しくなってしまいました。そのため、いっそメルマガの記事も、エキサイト
ブログと統合しようか、それとも、新たに別のサイトを使おうか、でも、過去
記事へのリンクをすべて貼り直すのは難しいと悩んでいて、最近は、メルマガ
の発行がすっかり滞っていました。

 問題を解決するには時間がかかりそうですので、とりあえずは、強勢アクセ
ントはないものの、過去のメルマガについては、すべてをまぐまぐのメルマガ
紹介ページから見られるように、設定を変更しました。

 最近は、せっかく長年の間購読してくださっている方も多いメルマガの発行
が滞ってしまって、申しわけありません。これからは、月に1、2度の発行を
心がけますので、よろしくお願い申し上げます。

 夏休みが近づき、イタリア語学習に熱が入った方、イタリア旅行情報に興味
がおありの方もおいでのことと思います。次のバックナンバーのページから、
関心のある内容があれば、ぜひお読み下さいませ。

・バックナンバー http://www.geocities.jp/naoko_ishii/backnumber.html

105号以降については、次のまぐまぐページの「最近の記事」や
「アーカイブ」のリンクからご覧ください。

・http://archives.mag2.com/0000280229/

 皆さん、どうかお体を大切にお過ごしくださいませ。

 このメルマガの著作権は石井に帰属します。引用・転載を希望される方は
ご連絡ください。

 バックナンバーはこちらのホームページからご覧になれます。
 http://www.kitsunenomado.com

-----------------------------------------------------------
メールマガジン 「もっと知りたい! イタリアの言葉と文化」
発行者      石井直子
登録・解除    http://www.mag2.com/m/0000280229.html

もっと知りたい!イタリアの言葉と文化

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2018/06/30
部数 725部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

もっと知りたい!イタリアの言葉と文化

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2018/06/30
部数 725部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング