石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―

塾に入りました

-----------------------------------------------------
第445号 塾に入りました 
-----------------------------------------------------



 石渡浩です。このメールマガジンでは、不動産賃貸業を本業にするために有益な情報、特に、売上アップやコストダウン、そして、融資による資金調達に関する情報を不定期に提供いたします。



■先週のバックナンバー

 まぐまぐの配信システム変更により、今月配信したメールマガジンが届いてない方が多いようです。損害保険料削減等の有益な記事を書いていますので、次の各バックナンバーを是非お読みください。

 特に、Gmailの方は「プロモーション」のフォルダもご確認下さい。

・12月11日「今年買った不動産の消費税還付を受けて来年に備える」
https://archives.mag2.com/0000279415/20181210085538000.html

・12月9日「多くの投資家が知らない支店決済と本部決済の秘密」
https://archives.mag2.com/0000279415/20181209175636000.html

・12月7日「年内の地震保険切替で重要なのは火災保険料」
https://archives.mag2.com/0000279415/20181207163000000.html

・12月2日「来年融資を受けて事業拡大するために今日すべきこと」
https://archives.mag2.com/0000279415/20181202115818000.html



■2019年1月26日(土)品川開催融資セミナーは明日募集開始予定

 次回融資セミナーは1月26日の13時から17時になります。もちろん、今までのセミナーとは違う話をします。明日このメールマガジンで告知して受付を開始します。



■来年の事業展開

 収益不動産価格は未だ高いです。今年私が買ったのはすべて戸建てまたは区分所有建物でした。一棟のアパート・マンションはまだ高いからです。

 そんな中で新たな「不動産投資」に取り組んでいます。それは、世界一の「不動産投資」サイトを作ろうと企てています。誰が「世界一」と認めるのか、それはグーグルです。すなわち、「不動産投資」という日本語のキーワードでグーグル検索エンジン(ヤフーも連動)に上位表示されるサイトを作ることを意図しています。

 検索エンジンにキーワード「不動産投資」にてリスティング広告(通常の検索結果の上にくるもの)を出すと毎日何万円もの広告料がかかってしまうところ、検索結果として自然に表示されれば広告料はかかりません。つまり、無料で集客できます。

 サイトを訪問して下さった方々にメールマガジンに登録して頂くことはもちろん、そのサイトで私のセミナー収録DVD等の商品やその他のサービスを販売します。また、不動産投資に関連する他の事業者さんの広告を出すこともできます。

 2009年から書き始めたブログが2012年に実質的に終わっているところ、インターネットメディアでの頻繁な執筆を再開しようと思っています。その中で一番と評価される不動産投資のサイトができれば、家賃収入とは別の不労所得が得られます。

 まだ割高な収益不動産を借入とリスクを負って買うよりも、借入もリスクもなく不動産投資サイトを作るほうが私に合っていると考えているのです。



■塾に入りました

 しばらくインターネット集客を学んでいなかったので、今回、石田さんというその世界の達人が主宰する通信制の個別指導塾に入りました。受講期間は来年7月までです。従業員とともに石田さんの指導を受けて検索エンジンから集客できる不動産投資サイトを作るつもりです。

 石田さんと私とはとても長い付き合いなのですが、この個別指導塾は一般募集されています。特に、現在、解説教材の一部を次のページ経由で無料視聴できます。
http://mail.omc9.com/l/028yZu/c8MAVphU/

 インターネット集客して事業を立ち上げたい方や、既存事業を拡大したい方は、是非上記ページにアクセスしてみてください。特に、私がしているようなメールマガジン、アフィリエイト広告、情報販売、出版にご関心のある方は、それら全てのエッセンスが無料視聴教材から学べますので特にお勧めです。また、それ以外の自社商品・サービスの販売促進を図りたい方にも向いています。

 私が今取り組んでいる新たな「不動産投資」の成果は、その進捗に合わせて追って報告致します。 
 


石渡 浩(いしわた ひろし)

ツイッター:https://twitter.com/ishiwatahiroshi

フェイスブック:https://www.facebook.com/ishiwatahiroshi
       (閲覧にはアカウントが必要です)









ついでに読みたい

他のメルマガを読む