現代人がありとあらゆる手段を使って生き残る指南書

特命司令 税金を支払わなくて済む方法

------------------------------------------------------------
現代人がありとあらゆる手段を使って生き残る指南書
------------------------------------------------------------

年末の特命司令じゃ。
読者諸君は、これを読んだら速やかに実行せねばあかん。

良いか。税金を支払ってはいけない。
税金を払ったら最後、それは俺の親分。
金玉親分の言うところの、詐欺師の懐に入ってしまうんじゃ。

だからとことん滞納せよ。
はっきり言って、まぁ、お役所の奴らの税金の使い方は恐ろしい。
枚挙にいとまがないのでやめておくが。
タクシー代から、飲食費、はたまた視察旅行に。芸者、デリヘルの代金。
渡り鳥のように、あっちの役所からこっちの特殊法人で退職金を何憶とせしめている
事務次官のような奴ら。

それは全部おれたち庶民の税金だぞ。
だから税金はこんりんざい払うな!
絶対だぞ。来年からの特命司令である。


まぁあと2、3年以内に日本経済は破綻する。
それまで延滞すればよろしい。

まず、サラリーマン諸君。
君らの給料からきっと、市民税、県民税なるものは天引きされてしまっている
はずじゃ。さすがに所得税は源泉徴収を会社がしているとあがらうことは
できんが、市民税・県民税は支払わなくすることが可能なのである。

給与支払報告・特別徴収にかかる給与所得者異動届書
これを来年から提出しろ。
絶対だぞ。

固定資産税とか市県民税とか軽自動車税等、その自分が住んで
いる役所に支払う税金これらは、必ず払わないといけないと義務づけされている。
ま、当たり前の話だわな。

しかし 何ヶ月も払わないでいると役所から「督促状」という封書が、
家に届く。
これも当たり前だな。

届いても届いても、そのままにしているとしばらくすると、役所から電話もしくは、財産などの差し押さえの文章が届く。
これも当たり前だな。

その時に、必ずこう言う。電話するんじゃ。
「この税金を支払ったら生活ができません。死ねと言うのですか。」
と できるだけ大声でな。

しかし、直接役所の窓口で直接叫んだほうが効果がある。
そうすれば、必ず管理職が対応してくるのであった。
多分、別室に案内される。(俺がいた市役所がそうであった。)

そこで、色んな話があると思うが、適当にかわして、最後にこう言う。
「別に払わないとは言ってない。
払う意思はあります。
毎日10円(100円)でも払うので、毎日家まで集金に来てください。」

それも、その対応した管理職に直接「あなたが毎日来てください。」と必ず。

役所側は、払う意思のある住民にはとことんまで言えないのが現状なのだ。
「払う意思はある」と必ず言うのがコツである。

ここがミソだな。

払う意思。これがミソなのだ。

この伝家の宝刀を出されたら、手も足もでなくなるんじゃ。

俺は現に、8名の市税滞納者の友人にこのことを教えてあげた。
その8人は未だに毎日10円もしくは100円を納税し毎日領収書をもらっている。(笑)

あと2,3年、うだらうだらで、延滞せよ。

ちなみに言っておくが、これは、正確に言うと支払わない方法でなくて
支払うのであるが、ちょっとずつ支払う方法である。違法でもなんでもない。

そのうち国は破産する。
来年からこのメルマガを読む奴は、実行すること。
特命である。

以上だ。 
------------------------------------------------------------
購読解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0000278285.html
------------------------------------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む