「税理士いらず」の使い方

「税理士いらず」の使い方 ≪第18号≫


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       「税理士いらず」の使い方

                       2010.05.30 ≪第18号≫
   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  税理士いらず                 http://www.z-irazu.jp
   小規模法人のための決算書・申告書一括作成タイプの税務会計ソフト
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□■□ 本日のメニュー ■□■ ----------------------------------------
 ☆初級編(6) ~決算申告書の確定と法人事業概況説明書の記載~
 ☆お知らせ  ~22年度版への年度更新手続きのご案内~
 ☆次回予告

========================================================================
● 初級編(6) ~決算申告書の確定と法人事業概況説明書の記載~ ○
========================================================================

昨年11月に第17号を配信して以来、またもや6ヶ月も経過してしまい、
読者の皆様には、たいへんご迷惑をおかけして申し訳ありません。
何とかして、月1回程度のペースでは配信したいのですが、次から次へと
優先作業が入ってしまい、思うようにいきません。
でも、ときどき間が空いてもメールマガジンは継続したいと思いますので、
お付き合いの程、よろしくお願いいたします。

さて、また間が空いてしまったので、まずは、簡単に前回の初級編までの
おさらいをしてから始めます。

これまでの流れは、以下のようになっています。
※詳しくは、バックナンバーをご覧ください。

 ■ 第8号 :初級編(1) ~初期利用メニューでデータ登録~
 ■ 第9号 :初級編(2) ~売上と仕入の仕訳を入力~
 ■ 第10号:初級編(3) ~減価償却と借入金の考察~
 ■ 第12号:初級編(4) ~人件費関係の仕訳を入力~
 ■ 第13号:初級編(5) ~販管費の入力と棚卸処理~

実は、第13号の初級編(5)までで、必要な仕訳はすべて入力済みですので、
後は、決算書と申告書を確認してから、法人事業概況説明書の記載を
完成させるだけでした。

------------------------------------------------------------------------
でも、ちょっと、その前に、補正仕訳を入力しておかなくてはなりません。

現段階での貸借対照表を確認してみましょう。

 決算完了時の貸借対照表 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/018/001.html

現金がマイナスになってしまうのですよね。。。
言い訳になってしまいそうですが、実際には、こういう決算書はあり得ないのですが、
これはあくまでもテストデータとして、いろいろな種類の仕訳を入力していったので、
結果として、現金がマイナスになってしまったのです。
テストデータだからと、割り切って、このままでもいいのですが、それもちょっと
気持ちが悪いので、「調整仕訳」を入れてしまいます。

  20/03/01  現金/短期借入金  6,000,000   鈴木一郎

期首日に代表者の鈴木一郎さんが、会社に現金600万円を一時的に、都合して
やったという想定です。
※実際の決算では、こんな仕訳を入力してはいけませんよ。。 念のため。

と、少しチョンボはありましたが、何はともあれ、決算書は確定しました。
確定決算書を確認してみましょう。

 確定決算書(貸借対照表) ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/018/002.html
 確定決算書(損益計算書) ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/018/003.html
 確定決算書(販管費内訳書) ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/018/004.html

------------------------------------------------------------------------
さぁ、やっと、完了。。。
と、安心したいところですが、まだ、少し、細かい設定などをする必要があります。

まずは、決算確定日の設定と株主資本等変動計算書の後半文書の記載です。

決算確定日は、「決算書作成」ダイアログの「決算確定日」のカレンダーで
設定します。

 決算確定日の設定 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/018/005.html

さらに、このときに、「決算書作成」ダイアログの「会社情報」タブを選択して、
電話番号も記載しておきましょう。

 電話番号の設定 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/018/006.html

「決算書作成」ダイアログの「会社情報」タブの会社名や住所などは、
既定の設定では、会社基本情報メニューで設定された内容が引用されますが、
電話番号は、会社基本情報では設定できませんので、この「決算書作成」
ダイアログで、設定する必要があります。
この「会社情報」タブの会社名や、住所、電話番号などは、決算書や申告書に
引用されます。
ですから、決算書や申告書に表示される会社名などを変更したいときには、
この「会社情報」タブの設定を変更すれば、よいのです。

次に、株主資本等変動計算書の後半文書の記載です。
「当期変動額」ボタンをクリックすると、株主資本等変動計算書の記載内容が
表示されます。
後半文章については、メモ帳のように、編集できます。

 後半文章の記載 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/018/007.html

もちろん、後半文章の記名欄などは、手書きで署名してもかまいません。
そして、代表印を捺印する必要がありますね。

ちなみに、配当などがあった場合には、「税理士いらず」は、処理しませんので、
ご自身で、この「株主資本変動額」ダイアログでマニュアル修正してください。
このダイアログの上段の「純資産の部の各項目の当期変動額」は、当期変動額の
金額部分をマウスクリックすれば、変更できます。

念のため、株主資本等変動計算書も確認してみましょう。

 確定決算書(株主資本等変動計算書) ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/018/008.html

これで、決算書の方は、完成したので、次は、申告書の確認作業です。

------------------------------------------------------------------------
申告書の確認方法は、もう、何度も説明していますので、割愛します。
ツールボタンの法人税、地方税などのボタンをクリックしてから、順番に確認する
だけですね。

原則的には、確認だけですが、法人税別表一(一)、地方税第六号、二十号様式など
では、提出日や代表者住所、事業種目などは、マニュアル記載する必要があります。
また、代表者氏名欄は、必ず、自署してください。

法人税別表一(一)だけ確認してみましょう。

 有限会社初級商事第4期の法人税別表一 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/018/009.html

なお、この別表一(一)は、白黒様式ですが、20年度様式だからです。
21年度様式や22年度様式では、法人税別表一(一)は、カラー表示です。

------------------------------------------------------------------------
最後に、法人事業概況説明書を記載します。
この法人事業概況説明書は、数年前までは、「任意提出」でしたが、現在は、
提出を義務付けられていますので、必ず、法人税申告書と一緒に税務署に提出する
必要があります。

法人事業概況説明書に記載すべき項目は、ほとんどの情報が、「税理士いらず」が
内部情報として保持していない情報なので、お客様自身が、最初はマニュアル記載
する必要があります。
ただし、マニュアル記載した項目は、ほとんど、毎年、変わらない内容なので、
通常は、初めて「税理士いらず」で申告書を作成するときだけ記載すれば、
翌年からは、次年度更新処理で、次期データに継承されます。

黄色の項目は、「税理士いらず」が、内部情報として保持していますので、
予め記載されています。(ただし、必要であれば、修正もできます)
水色の項目は、お客様自身が記載する必要があります。
特に、同族会社の場合は、「10代表者に対する報酬等の金額」は、
忘れずに記載してください。

記載イメージを少し確認してみましょう。

 法人事業概況説明書(表面) ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/018/010.html

「税理士いらず」を使っての法人事業概況説明書の詳しい記載方法は、
ホームページの以下のページに詳細に説明されていますので、ご参考ください。

    http://www.z-irazu.jp/gaikyo.html

------------------------------------------------------------------------
これで、当期のすべての決算申告処理は、完了したので、決算書と申告書一式を
PDFファイルとして保存してから、印刷して、税務署などに提出します。

完成した、決算書、申告書をPDFで確認してみましょう。

 有限会社初級商事第4期の決算書 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/018/011.pdf
 有限会社初級商事第4期の申告書 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/018/012.pdf

ずいぶんと、長い期間がかかってしまいましたが、これで、一旦、
初級編は、終了とさせていただきます。

========================================================================
● お知らせ ~22年度版への年度更新手続きのご案内~ ○
========================================================================

既に、ホームページではご案内済みですが、「税理士いらず」は、昨年9月に
22年度版に年度更新されました。

22年度版の詳しいご案内は、ホームページの以下のページに記載されています。

    http://www.z-irazu.jp/h22rel.html

毎年、年度更新後には、最低1回は、ユーザ登録などをされているお客様に
ご案内を送付していますが、今回は、5月になってから、ようやくご案内メールを
送付させていただきました。

弊社では、バージョンアップ案内などのお客様にとって、重要なご案内以外は、
あまり頻繁に、DMメールを配信しておりません。
また、バージョンアップ案内も、毎年、必ず配信するとは限りませんので、
ときどき、ホームページをご訪問になってから情報をご確認ください。

また、バージョンアップは、一部の無償対象のお客様を除いて、有償ですので、
バージョンアップをされるかどうかは、お客様自身のご判断にはなりますが、
やはり、毎年、バージョンアップをされた方が何かと問題がありません。
ときどき、19年度版などのかなり古い年度版をご利用になっていて、
ユーザサポート等で、ご質問がありますが、古いバージョンをお使いでも、
ご質問に対する回答はさせていただきますが、最新版との差分などもあって、
解決が容易でない場合もございますので、いつも最新のバージョンをご利用に
なることをお勧めします。

特に、22年6月1日以降に、21年度版を新規ご購入のお客様は、22年度版
へのバージョンアップは無償ですが、まだ、バージョンアップ手続きをされて
いないお客様も多数おられます。
放置しておくと、23年度版リリースと同時に、無償バージョンアップの権利が
消滅してしまうばかりか、23年度版も新規ご購入される必要が生じますので、
充分にご注意ください。

========================================================================
■ 次回予告
========================================================================

今回で、初級編は、完了となります。
このメールマガジン、不定期発行とはいえ、いつも、かなり間を空けての
発行になってしまっています。

なるべく早期に、このような不自然な状況を改善していきたいのですが、
次から次へと優先課題が発生して思うようにいきません。
今後も継続して発行努力をしていきますので、気長にお付き合い願います。

さて、次回からは、中級編とさせていただきます。
中級編は、これまでの入門編や初級編のように、1つのテストデータについて
継続して解説するのではなくて、番外編のように、1回きりの個別のテーマに
ついての解説とさせていただきます。

とりあえず、次回のテーマは。。。 すみません、まだ、未定です。
次回のお楽しみ、かな。。。

テーマは、ユーザサポートなどで、お客様からのお問合せが多いものを選択
させていただきます。

それでは、次回もお楽しみに!

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
  「税理士いらず」の使い方
    発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
  バックナンバーと配信停止はこちらまで
        ⇒ http://www.mag2.com/m/0000278053.html 
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 【発行元】
 有限会社アイソフト 「税理士いらず」販売事務局
 〒194-0013 東京都町田市原町田1-24-5-A203
 TEL : 042-720-7262 FAX : 042-720-7263
 e-mail: sales@z-irazu.jp <- ご意見、ご要望はコチラのメールアドレスまで
 URL   : http://www.z-irazu.jp
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

「税理士いらず」の使い方

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/08/10
部数 741部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「税理士いらず」の使い方

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/08/10
部数 741部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング