「税理士いらず」の使い方

「税理士いらず」の使い方 ≪第9号≫


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       「税理士いらず」の使い方

                        2009.02.06 ≪第9号≫
   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  税理士いらず                 http://www.z-irazu.jp
   小規模法人のための決算書・申告書一括作成タイプの税務会計ソフト
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□■□ 本日のメニュー ■□■ ----------------------------------------
 ☆初級編(2) 〜売上と仕入の仕訳を入力〜
 ☆よくあるお問合せ 〜会計期間を間違えて設定してしまった!〜
 ☆次回予告

========================================================================
● 初級編(2) 〜売上と仕入の仕訳を入力〜 ○
========================================================================

今回からは、前回の第9号で、初期登録した「有限会社初級商事」の仕訳を
入力して、決算処理の様子を考察してみます。

 ※決算処理は、すべての仕訳の入力が完了してからでないとできない、
  ということはありません。
  むしろ、ある程度、入力したら決算処理をやってみて、内訳書の記述などに
  間違えがないかを確認しながら進めた方がベターです。
  この初級編でも、少しづつ仕訳を入力して、決算状況を確認しながら
  進めていきます。

今回は、売上(売上高、売掛金、売掛金の回収)、仕入(仕入高、買掛金、
買掛金の支払)関係の仕訳を入力して、内訳書3、内訳書9の完成状態を
確認してみます。

------------------------------------------------------------------------
今回の設例としては、初級商事の当期(4期)の仕入、売上の取引状況を
以下とします。

 仕入1:株式会社健康商会(月末締め、60日サイト)
  前期計上分の支払:
   [1] 20/03/31  3,000,000  (20/01/30 買掛金計上)
  当期の仕入高の計上:
   [2] 20/04/30  2,500,000  (20/06/30 支払予定)
   [3] 21/02/28  3,500,000  (21/04/30 支払予定)
  当期中の支払:
   [4] 20/06/30  2,500,000  (20/04/30 買掛金計上)

あくまでも設例ですので、上記のように、簡単にしておきます。
上記ですと、処理すべき取引は4件ですが、送金手数料の控除がありますので、
仕訳数は、若干、増えます。

同様に、その他の仕入や売上も決めておきます。

 仕入2:株式会社横浜商会(月末締め、60日サイト)
  前期計上分の支払:
   [5] 20/04/30  2,000,000  (20/02/29 買掛金計上)
  当期の仕入高の計上:
   [6] 20/11/30  1,500,000  (21/01/31 支払予定)
   [7] 21/01/31  1,200,000  (21/03/31 支払予定)
  当期中の支払:
   [8] 21/01/31  1,000,000  (20/11/30 に買掛金計上)
   ※資金不足で、100万円だけ支払ったということにしておきます。

 売上1:株式会社吉本食品(月末締め、30日サイト)
  前期計上分の入金:
   [9]  20/03/31  4,000,000  (20/02/29 売掛金計上)
  当期の売上高の計上:
   [10] 20/08/31  5,000,000  (20/09/30 入金予定)
   [11] 21/02/28  3,500,000  (21/03/31 入金予定)
  当期中の入金:
   [12] 20/09/30  5,000,000  (20/08/31 売掛金計上)

 売上2:有限会社田中販売(月末締め、30日サイト)
  前期計上分の入金:
   [13] 20/03/31  1,000,000  (20/02/29 売掛金計上)
  当期の売上高の計上:
   [14] 20/10/31  3,000,000  (20/11/30 入金予定)
   [15] 21/02/28  4,500,000  (21/03/31 入金予定)
  当期中の入金:
   [16] 20/11/30  2,000,000  (20/10/31 売掛金計上)
   ※得意先の資金不足で、200万円だけ入金したということにしておきます。

 売上3:一般顧客(現金決済)
   [17] 20/05/31  1,000,000  (現金で入金)

以上で、売上、仕入関連の取引件数は、合計17件ということになります。

------------------------------------------------------------------------
それでは、この17件の取引について、一気に仕訳を入力しましょう。
仕訳の入力順は、もちろん、どれから入力してもかまいませんが、ここでは
分かりやすく、取引の分類毎に入力します。
仕訳入力方法は、例によって、「伝票入力->マニュアル入力」メニューを
使いますが、ここでは、入力直後の伝票入力画面のみ確認のため表示します。
(借方、貸方金額は同一で、会社名は第1摘要になります。)

 1)仕入高の計上

   [2] 20/04/30  仕入高/買掛金   2,500,000  株式会社健康商会
   [6] 20/11/30  仕入高/買掛金   1,500,000  株式会社横浜商会
   [7] 21/01/31  仕入高/買掛金   1,200,000  株式会社横浜商会
   [3] 21/02/28  仕入高/買掛金   3,500,000  株式会社健康商会

   仕入高計上仕訳 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/009/001.html

 2)売上高の計上

   [17] 20/05/31  普通預金/売上高  1,000,000  現金売上
   [10] 20/08/31  売掛金/売上高   5,000,000  株式会社吉本食品
   [14] 20/10/31  売掛金/売上高   3,000,000  有限会社田中販売
   [11] 21/02/28  売掛金/売上高   3,500,000  株式会社吉本食品
   [15] 21/02/28  売掛金/売上高   4,500,000  有限会社田中販売

   売上高計上仕訳 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/009/002.html

 3)買掛金の支払

   [1] 20/03/31  買掛金/普通預金  2,999,370  株式会社健康商会(*1)
           買掛金/支払手数料    630  株式会社健康商会(*2)
           支払手数料/普通預金   630  送金手数料(*3)

   [5] 20/04/30  買掛金/普通預金  1,999,370  株式会社横浜商会
           買掛金/支払手数料    630  株式会社横浜商会
           支払手数料/普通預金   630  送金手数料

   [4] 20/06/30  買掛金/普通預金  2,499,370  株式会社健康商会
           買掛金/支払手数料    630  株式会社健康商会
           支払手数料/普通預金   630  送金手数料

   [8] 21/01/31  買掛金/普通預金   999,370  株式会社横浜商会
           買掛金/支払手数料    630  株式会社横浜商会
           支払手数料/普通預金   630  送金手数料

   買掛金の支払仕訳 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/009/003.html

   買掛金の支払時には、「送金手数料控除」という支払条件になっていますので、
   上記のように、1つの取引に対して、3件の仕訳が必要になります。
   ここのところは、少し、ご説明します。

    *1は、本来は、300万円送金するところですが、送金手数料630円を
    控除するので、実際の送金額は、3,000,000 - 630 = 2,999,370 になります。

    *2は、送金手数料は、仕入先負担になりますので、その手数料分も
    買掛金の支払に含まれるということで、相手科目を支払手数料として、
    このような仕訳になります。
    ここで、気をつけなくてはならないことは、この*2の仕訳についても、
    買掛金を支払ったのだから、第1摘要は、「株式会社健康商会」と
    設定しておく必要があります。

    *3は、実際に金融機関に送金手数料を支払ったのですから、
    このような仕訳になります。
    結局、*2と*3の支払手数料は、借方/貸方で相殺されて、
    支払手数料を支払ったことにはなりません。

   ※もし、預金通帳をOCR認識するのであれば、通帳には、*1と*3の
    記録だけが表示されていますので、*2は追加仕訳として、入力する
    必要があります。
    (「設定->銀行登録」メニューで、「出金登録」しておけば、
    「税理士いらず」が、この追加仕訳は作成しますが、このご説明は
    後日とします)

 4)売掛金の入金

   [9]  20/03/31  普通預金/売掛金  3,999,370  株式会社吉本食品(*4)
           支払手数料/売掛金    630  株式会社吉本食品(*5)

   [13] 20/03/31  普通預金/売掛金   999,370  有限会社田中販売
           支払手数料/売掛金    630  有限会社田中販売

   [12] 20/09/30  普通預金/売掛金  4,999,370  株式会社吉本食品
           支払手数料/売掛金    630  株式会社吉本食品
 
   [16] 20/11/30  普通預金/売掛金  1,999,370  有限会社田中販売
           支払手数料/売掛金    630  有限会社田中販売

   売掛金の入金仕訳 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/009/004.html

   今度は、買掛金の支払仕訳とは、逆の考え方になりますが、1つの取引に
   ついての仕訳は2件になります。
   ここでも、*4、*5はともに、売掛金の入金仕訳ですから、
   第1摘要は同じ文字列に設定しなくてはなりません。
   実際に通帳に表示されるのは、*4だけですから、*5は追加仕訳になります。

以上で、初級商事(4期)の売上、仕入に関する仕訳入力は完了です。

------------------------------------------------------------------------
元帳で、入力した買掛金を確認してみましょう。
  元帳で買掛金を確認 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/009/005.html

この時点で、当期の買掛金の期末残高が、520万円ということが分かります。
この金額は、当然、試算表や決算書の貸借対照表の買掛金科目の金額と一致します。

でも、「健康商会」と、「横浜商会」が混在していて、ちょっと、分かりずらいですね。
それでは、「健康商会」だけ、表示してみましょう。
手順は、以下です。

 (1) 画面中央上部の「すべて表示」のチェックをはずす
 (2) 画面左側上部の「検索」で、「摘要1」を選択する
 (3) その右側の入力欄に、「株式会社健康商会」と入力する
 (4) その右側の「検索」ボタンをクリック

これで、表示されている仕訳の中で、

  ・第1摘要が「株式会社健康商会」という仕訳

だけが抽出して、表示されます。
  元帳で健康商会の買掛金を確認 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/009/006.html

 ※ただし、この場合(検索表示した場合)には、買掛金残高は、正しく表示されません。
  「繰越残高」が、すべての買掛金の期首残高だからです。
  この点は、今後、改善の余地がありますが、ご留意ください。

また、もし、「健康商会」の買掛金仕訳だけを検索表示した状態で、
画面中央上部の「一括削除」ボタンをクリックすると、現在、表示されている
仕訳だけを削除します。
なんだか勘違いして、全然、関係ない金額を入力してしまったときなどは、
便利ですね。
元帳や仕訳日記帳の「一括削除」ボタンは、すべて、現在、表示されている仕訳に
対して有効になります。

------------------------------------------------------------------------
それでは、この状態で、決算処理を行って、売掛金と買掛金の内訳書を確認して
みましょう。

その前に。。

 ・会社基本情報で、「特殊支配同族会社に該当する」のチェックを
  はずしてしまってください
  (今回は、内訳書のご説明なので、話を複雑にしないためです。
  最終的には、もう1度、チェックを付けます。)

例によって、「決算」ボタンをクリックして、決算調整処理を始めます。

「減価償却」、「棚卸」ボタンをクリックして、それぞれ処理する必要が
ありますが、今回のご説明は、売掛金、買掛金関係なので、そのまま、
それぞれの処理で、「閉じる」ボタンをクリックして、終了してしまって
ください。

最後に、「未払法人税」ボタンをクリックして、処理を進めて、
確定決算書を一度、確認してください。
※この確定決算書は、あくまでも、現在までに入力済みの仕訳に基づいたものです。
 決算書は、何度でも、再作成できます。

ツールバーの「法人税」ボタンをクリックして、内訳書3と内訳書9を確認して
みましょう。
  初級商事(4期)の内訳書3 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/009/007.html
  初級商事(4期)の内訳書9 ⇒ http://www.z-irazu.jp/mag/009/008.html

ご覧のように、内訳書3、内訳書9ともに、

  ・前期末の得意先(仕入先)毎の期末残高
  ・当期分の得意先(仕入先)毎の仕訳

によって、集計されています。

このように、「税理士いらず」をご利用になる場合は、

 ・すべての仕訳を入力してから決算処理をするのではなくて、取引の分類毎に
  仕訳入力しては、その結果を確認する

という方法をお勧めします。

まったく、「仕訳の入力ミスが0」ということであれば、すべの仕訳を入力して
から、決算処理を行ってもいいのですが、通常は、なかなか、そうはいきません。
確認しやすいところから、1つづつ確認しながら、進めた方が、実際には
後で、仕訳帳とにらめっこする必要もなく、効率的に処理できます。

今回は、ここまでにします。
次回は、さらに、仕訳を追加していきます。

========================================================================
● よくあるお問合せ 〜会計期間を間違えて設定してしまった!〜 ○
========================================================================

これは、たいへんなことです。

初期登録時に設定された会社基本情報は、原則として、「設定->会社基本情報」
メニューで、いつでも、再設定できますが、

 ・決算期
 ・会計期間
 ・保存フォルダ

だけは、変更できません。
これは、これらの設定の変更を許容してしまうと、内部的な処理に矛盾が発生する
可能性が高いからです。
(一般的に、通常の市販会計ソフトでも、これらの設定は変更できません)

原則としては、

 ・残念ながら、一度、データを削除してから、もう1度、初期利用メニューで
  登録し直していただく必要があります。

でも、もし、

 ・設定ミスに気が付かないで、仕訳を大量に入力してしまった!

のなら、「なんとか、ならないの。。」ということになりますね。
 -> という、お問合せをたくさんいただきます

答えは、

  「なんとか、なります!」

でも、申し訳ありませんが、動作保証はできません。
(通常は、問題ありませんが。。)

少し、もったいぶってしまいましたが、答えは、以下です。
既定の設定では、

  c:\account\会社名\第X期データ\siwake.bin

が、仕訳ファイルの実態です。

パソコン操作に詳しい方なら、これだけで、もう、何をすればいいのかお分かりと
思いますが、このメルマガは、初心者の方を想定読者としていますので、
以下に、詳しい「復旧手順」をご案内します。

 1)まず、仕訳日記帳で、入力済みの仕訳の日付を確認してください。
   すべての仕訳の日付が、「正しい会計期間」の範囲内であれば
   問題ありませんが、これから再登録する「本来の会計期間外」の仕訳が
   含まれていると、プログラムが受け付けなかったり、あるいは、
   想定していない情報ということで、おかしな処理になってしまう
   可能性もあります。
   「本来の会計期間外」の日付の仕訳は、予め、削除するか、もしくは、
   正しい会計期間内の日付に変更しておいてください。

 2)「税理士いらず」を、一旦、終了させます。

 3)Windows のファイル操作で、上述の

    c:\account\会社名\第X期データ\siwake.bin

   ファイルを他のフォルダにコピーなどして、保存しておいてください。
   (これを間違えると、復旧できません!)

 4)もう1度、「税理士いらず」を起動します。
   今度は、現在作業中の会計データ(会計期間を間違えたデータ)を
   きれいさっぱり削除します。

   以下の手順で、お試しください。

    [1] 念のため、バックアップを取っておきます。
      「ファイル->バックアップ」メニューで、バックアップファイルを
      作成しておきます。

    [2] 「ファイル->データ選択」メニューを選択してから、一旦、
      他の会計データ(たとえば、サンプルのカンタン商事)を
      作業中データとして選択します。

    [3] もう1度、「ファイル->データ選択」メニューを選択してから、
      今度は、削除する会計データを、マウスクリックで選択してから、
      「削除」ボタンをクリックします。
      このとき、「削除確認」ダイアログでは、

        Yes : ディスクのデータも一緒に削除する。

      を選択して、すべてのデータを削除します。

      ※これで、間違えた会計データは、きれいさっぱりなくなります。
       エクスプローラなどで、確認すると、

         c:\account\会社名\第X期データ

       というフォルダは、削除されています。
       (この会計データフォルダの削除は、「データ選択」メニューで
       行わないと、登録状態が削除されませんので、注意してください。
       エクスプローラなどで、フォルダだけ削除しても、登録状態は
       残ってしまいます)

 5)次に、「初期利用」メニューを用いて、再度、会社情報や、前期貸借対照表、
   前期申告書などの登録をします。
    -> 復旧できるのは、仕訳だけなので、その他の初期設定は、
     やり直す必要があります。
   ただし、仕訳は入力する必要はありません。

 6)もう1度、「税理士いらず」を終了させます。

 7)Windows のファイル操作で、3)の手順で保存しておいた、siwake.bin
   ファイルを

    c:\account\会社名\第X期データ\siwake.bin

   に、上書きします。

 8)再度、「税理士いらず」を起動してから、「帳簿->仕訳日記帳」メニューを
   確認してみてください。
   以前、入力した仕訳が、表示されるはずです。

と、記述してみると、かなり長い手順にはなりますが、要するに、

  ・siwake.bin ファイルを取っておいて、後で、差替えること
  ・先に、現在の会計データの登録状態を解除してから、会計データフォルダを
   削除すること。

ということです。

でも、くれぐれも、決算期や会計期間などは、慎重に設定してください。

========================================================================
■ 次回予告
========================================================================

次回は、2/13(金)の配信予定です。
(今回は遅れませんでした。ヨカッタ。。)

次回は、今回の続きで、

 減価償却、借入金関係の仕訳

を入力して、別表十六や内訳書11の記述イメージなどを考察します。

それでは、次回もお楽しみに!

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
  「税理士いらず」の使い方
    発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
  バックナンバーと配信停止はこちらまで
        ⇒ http://www.mag2.com/m/0000278053.html 
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 【発行元】
 有限会社アイソフト 「税理士いらず」販売事務局
 〒194-0013 東京都町田市原町田2-1-17 スペーシア町田304
 TEL : 042-720-7262 FAX : 042-720-7263
 e-mail: sales@z-irazu.jp <- ご意見、ご要望はコチラのメールアドレスまで
 URL   : http://www.z-irazu.jp
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

「税理士いらず」の使い方

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/08/10
部数 739部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「税理士いらず」の使い方

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/08/10
部数 739部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング