百徳通信 ~時を紡ぐ、想いを紡ぐ~

サンプル誌

誰もが最初の出会いを持っていることと思います。

私の古布と出会いは、2002年にさかのぼります。

その頃私は鳥取に住んでいて

絣のパッチワークを始めて作りました。



絣の作品でに心ひかれたのが、白絣でした。

その教室では先生から布をわけていただいたのですが、

どうしてもその白絣を手に入れたくて

初めて鳥取の風庵という骨董のお店を訪ねました。

そのお店は、今yahooオークションにも出店しています。

民家の2階に古布がところ狭しと並んでいて、その多くが絣でした。

鳥取は、絣の産地でもあったので蔵に多く眠っているんですね。

その頃の価格で、白絣は1m1500円。

びっくりしましたが、はぎれで初めて購入しました。



その後、両親の住む石川に移り住むようになりました。

そして、あらたな事実を知ります。

私が過去に住んでいた中能登町こそが、

白絣である能登上布の産地であったということです。

転勤族であった私は、中学の頃に移り住んだその町の

歴史について何も知らなかったんですね。

白絣は、木綿の絣よりも歴史が古いです。

なぜなら、麻で作られていたからです。

この麻は今リネンとして手作りの流行の先端に位置していますが、

その歴史は縄文までさかのぼるんですね。

さて、布の歴史を共にさかのぼっていくことにしましょう。

百徳通信 ~時を紡ぐ、想いを紡ぐ~

発行周期: 隔週刊 最新号:  2018/06/07 部数:  24部

ついでに読みたい

百徳通信 ~時を紡ぐ、想いを紡ぐ~

発行周期:  隔週刊 最新号:  2018/06/07 部数:  24部

他のメルマガを読む