水素文明を産み出す士官学校ML

水素文明を産み出す士官学校ML_第207号

===============================
 水素文明を生み出す士官学校ML 2012年12月15日号(第207号)
===============================

橘研究所の橘みゆきです。

明日は衆議院議員選挙の投票&開票が行われます。
この選挙で当選した議員は、任期終了まで解散がなければ201年12月
までの4年間、国会議員として働くことになります。

東日本大震災で大きく時代が動いた2011年から6年近く経過するまで
日本も世界も大きく変わります。
いいかげんな気持ちで投票した結果、とりかえしがつかなくなってしまう
ようなことがおこしてはいけません。

誰に入れようか迷っている方へ
2011年03月11日に発生した東日本大震災と大津波、福島第一原発事故で
東北地方は大きな被害を受けました。
Youtubeには、天皇陛下がTV、ラジオを通じて被災者を励ますお言葉が
アップされています。改めて聞いて、彼らが再び平穏に暮らせるように
するには自分は誰に投票すればよいのか考えるきっかけとなるでしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=RjzqmJtijCU
「天皇陛下から被災者への励ましのお言葉」(平成の玉音放送)

民主党政権ではなぜか復興が進まず、政治は混乱を極めました。
いまだ自宅に帰れずに避難生活を続けている方が大勢います。
内外いろいろ問題を抱えています。大いに悩んで投票してください。

今回の選挙は、日本の未来を左右する大事な選挙ですので、1人でも
多くの読者が投票されることを願っています。

明日の衆議院議員選挙は、20世紀の日本、いいかえると昭和の残像を
ひきずってきた平成20年間の日本をいったんおわらせる選挙です。
その意味で、とりあえず前議員はできるだけ多く落選させた方がよい
でしょう。

小選挙区と比例区両方に出ている候補を落選させるには、当選する可能性
がもっとも高いライバル候補に票を集中させ、前議員に大差をつけて当選
させることが必要です。
比例区で復活させないようにすることも大切です。
前議員が小選挙区で総得票数の1割未満しか得票できなかった場合、比例
1位でも当選することができず、拠託金も没収されます。
それくらいの大差がつかないと落選できないのですが、可能性はゼロでは
ありません。

一方、来年の参議院議員選挙は、新しい日本を作るきっかけとなる議員を
選ぶ選挙です。半年以上の時間がありますから、政界再編の動きにひとつ
の方向が決まって、旧ソ連崩壊後のロシア共和国みたいにまったく景色が
変わっているでしょう。 そのきっかけが明日の選挙結果なのです。

<<忘年会のご案内>>

橘研究所では、例年、コミケ開催にあわせて、忘年会を行っていますが
今年は、コミケに落選してしまい、サークル展示ができません。
そのため、単純に忘年会になります。

来年は再び東日本大震災になるのか、尖閣諸島で戦争になるのか、
原発がまた爆発するとか、東海東南海南海地震がおこるのか、
よくわかりませんが、今年以上に苦しい年になるでしょう。

災害時、せめて命だけでも安全なところに逃れるために、いまできること
は何か? そんなお話を忘年会でお話できればと思います。

日時:2012年12月30日(日) 17:00~20:00
開催場所:まぐろ居酒屋 さかなや道場 八重洲中央口1号店 
     (夏の夜会と同じ場所なのは偶然だぞ!!)
集合場所:JR東京駅 八重洲地下街・イーストスポット(16時45分までに)

(参考HP)http://konononikki.seesaa.net/article/305852413.html
      河野の日記  くわしい写真とかあります

参加希望者は、12/28(金)までに以下のメールアドレスに
 ・お名前
 ・当日の緊急連絡先(必須)を記入の上ご連絡ください。
 (折り返しメールにて、主催者の当日緊急連絡先を連絡致します)

 定員に達し次第受付を終了しますので宜しくお願い致します。
 (既にギリギリです)

連絡先: juokudo@gmail.com  


2012/12/15 橘みゆき 拝

=============================
メールマガジン「水素文明を生み出す士官学校ML」
発行責任者:橘みゆき
新世代どっとネット:http://neo-generation.net/blog/
士官学校ブログ:http://blog.goo.ne.jp/tachibanamiyuki/

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む