フライフィッシング進化論 (世界最先端情報)

サンプル誌


フライフィッシング私的大全へようこそ!

始めまして。
発行者のしょうぶと申します。
ご購読頂きまして大変ありがとうございます。

このメルマガでは、フライフィッシングにまつわる様々な事柄、情報を
広く深く発信していければと思っています。

とは言っても、フライフィッシングは果てしなく奥が深い遊びですので、
その全てを網羅する事は到底、私では出来ません。
ですから、おのずと私的に偏ると思いますが、ご理解頂きお楽しみ下されば幸いです。



さて、
今回は増刊号ですからずばり「フライフィッシングとは何ぞや?」
から話したいと思います。


釣りには様々なジャンルがありますが、
その中で、私はフライフィッシングを選びました。

あなたもそうではないでしょうか?
何故私達はフライフィッシングを選んだのか?

もしくは、フライフィッシングを今まさに選ぼうとしている方々。
何故、フライフィッシングを選ぼうとしているのか?


ん〜初っ端から難しい題材ですね。
簡単には答えは出ないと思います。



■私も最初はルアーでバスなどを同僚や友人達とやっていたんですね。
で、この時は年に何回かのイベントという感じで満足していました。
つまり、友人達との遊びの一つとして釣りがあったわけです。
深くはまる事はなかったのです。
たまにやるゴルフと同じレベルでした。

ある日、同僚たちといつものように霞ヶ浦へバス釣りに行ったんですね。
そしてその日、フライでバスを釣る人を目撃してしまったのです。

何か普通の糸より太そうでカラフルなラインが空中に舞っていました。
その華麗でおしゃれな感じが私を惹きつけました。
なんなんだろう?・・、どういう釣りなんだろう・・、?不思議でした。

何となく知ってはいたものの、実際に目撃するとどういう釣りなんだろう?と
すでに興味深々、やる気満々の自分がそこにいました。
一瞬で、その世界に引きずり込まれたのです。

つまり、キャスティングループの放つオーラに打ちのめされたのです。


次の日の仕事帰り、釣具の量販店に寄りました。
友人達はルアーなどを見ていましたが、
私は真っ先にフライのコーナーへ行き、
分け分からずに見て回りました。

難しい横文字ばかり。
鉄の工具。(後でバイスだと分かりました)
動物の体毛らしき物が入った怪しい袋。
鳥の羽らしきものが、色とりどりズラッと並んでいました。


何なんだろう?どうするんだろう?
もうちょっとしたパニック状態です。訳分かりません。

そしてその中で一際美しい色彩の羽を見つけたのです。
それが、ピーコック。孔雀の羽でした。

手に取って眺めました。
何て綺麗なんだろう。この独特な輝きはいったいどうした事だろう?

決めました。
この釣りをやりたい、やろうと。

つまり、ピーコックの放つ美しさに打ちのめされたのです。


そんな感じで私のフライフィッシングは始まりました。
やはり、他の釣りとは一線を駕した世界観がそこにはあったのです。



という訳で、
皆さんも自身のフライフィッシング事始を回想してみると面白いかもしれません。





美しいキャスティング。
美しいフライ。
美しい川。
美しい日々。




この世のどこかに桃源郷があるとしたら、
もしかして、フライフィッシングにそのヒントがあるのかもしれません。


という事で、増刊号はこの辺で。



「スポーツであり、芸術であり、哲学であり、ハンティングであり、祈りである」
と感じているフライフィッシングの果てしない魅力を今後も追っていきたいと思っています。


乞うご期待!

次号もお楽しみに。



■編集後記


実はフライフィッシングに惹かれた要因はまだあったのです。

それは、私の心の最も奥深いところにありました。

それは些細な日常の出来事の中にありました。

少年の日のとある出来事でした。

この事が私の魂を揺さぶったのだと思います。

・・・
・・・
・・・

このことについては、また近々書きたいと思っています。




サイト 「フライフィッシング私的大全」
http://www.flyfishing-japan.com/



ご意見、ご感想はこちら
メール
shobu@qf.main.jp

フライフィッシング進化論 (世界最先端情報)

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/17
部数 112部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フライフィッシング進化論 (世界最先端情報)

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/17
部数 112部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング