少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった!

バックパスは逃げのパスじゃない!超攻撃的に使う方法とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった! Vol.326
サッカー少年と親と指導者のためのメールマガジン 2018/10/29
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、ナボコーチです。

メルマガを開いていただきありがとうございます。

高校サッカーの都道府県大会も大詰めですね。

出身高校や応援している高校がトーナメントで負けてしまうと
少年サッカーの保護者たちもテンションがダダ下がりですね。

昨日は交流大会でした。集合早々に高校サッカーの話題のお父さんたち。

そんなお父さんたちに、将来の金の卵をしっかり応援してやって
ください!と活を入れました。

天気もよく、サッカーに集中出来る環境だったので、戦術について
子供たちと保護者に説明しました。

名付けて「急がば回れ作戦」です。

それはいったい何?

詳しくは本編にて!


レッツトライ!


■3つの「B」を教えます!

さて、今週のトレーニングをはじめます。
3つのBとは

●Ball-Control (ボールコントロール)
●Body-Balance (ボディバランス、フィジカル)
●Brain    (ブレイン=頭脳=頭を使う、知識、アイデアなど)


■今週のBは「ブレイン」です。

●急がば回れ作戦で攻撃しよう!

サッカーの試合は、ボールを持ったらとにかく相手ゴールを目指すもの。
そんな教えを忠実に守って、相手に囲まれてボールを失う。

実力差が大きいとこんな場面も多いものです。

ですが、そこで大事な大事なボールを失わずに攻撃する方法にトライ
してみようという作戦が、急がば回れ作戦です。

今回も図解した方が早いので詳しくはブログ記事で!

https://jr-soccer-coaching.naotech.info/cat34/tactics-backpass.html

小学4年生くらいになるとこの作戦が使えます。

よいキックが出来るようになることが前提です。

来週になったら鈴木陽二郎さんの蹴り方DVDについて紹介しますので
お楽しみに!


お問い合わせフォームです。
https://juniorsoccer.info/otoiawase/

レッツトライ!

■サッカー上達法、体の内側から上手くなる

重心移動アナライズ1(基礎編)
>>https://link.naotech.info/oniki1.html

重心移動アナライズ2(上級編)公式サイト
>>https://link.naotech.info/oniki2.html 


■オススメメルマガ!

3分で分かる!初心者のサッカー・フットサル上達法
https://www.mag2.com/m/0000272002.html

■編集後記

久々に大人用ゴールを使って練習をしました。

ゴールが大きい、高い、広いですね。

なのに、紅白戦では点が入らない。

そもそもシュート数が少ないです。

フットサルゴールを使っての紅白戦の方が
シュート数が多かったりします。

ゴールの大きさとシュート数は関係ないところが
情けないですね。

「ゴールが大きい!入る可能性が大きい!シュート打つぞ!」

と単純に考えて欲しいのですが。

その後、お父さんたちも紅白戦をやったのですが
いつもと変わらずのシュート数。

ゴールに近づくこと=シュートチャンス

シュート数を増やすことを課題にしようと思った1日でした。


さあ、今週も頑張りましょう!

レッツトライ!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログ

親子のためのジュニアサッカーコーチング
http://jr-soccer-coaching.naotech.info/

親子のためのサッカー教室
http://juniorsoccer.info/

親子で楽しむジュニアサッカー
http://ameblo.jp/juniorsoccer/

■YouTube
https://www.youtube.com/user/nabosoccer/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2018 jr-soccer-coaching NABO All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった!

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/29 部数:  1,769部

他のメルマガを読む