少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった!

春休みの効果的なトレーニングのコツはコレだ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった! Vol.315
サッカー少年と親と指導者のためのメールマガジン 2018/4/3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ナボコーチです。

メルマガを開いていただきありがとうございます。

■新年度がスタートました!

昨日の4月1日より新年度がスタートしました。
2018年度、ワールドカップ年度です。

先週末は、チームのメンバーが2つに別れて活動しました。

6年生チームは通常練習です。

4年生以下のU10チームは大会に参加しました。

このチーム、力を伸ばしてきているのですが
なかなかタイトルが取れずにモヤモヤしていました。

新年度に入ったとたんの優勝。

エイプリルフール?とホッペをギュッとひねりましたが
現実でした。


春休み中なので多数のチームが参加していました。

足慣らしと他チームとの交流の意味での参加でしたが
やはり勝てばうれしいものです。


しかも、全員出場での勝利なので全員がガッツポーズ!

今年度のテーマ「全員出場・全員ヒーロー」を年度始めに
達成してしまったという訳です。

今年度予定されている大会でも全員出場を目指します。
結果は後でついてくると思って活動します。


■全員出場・全員ヒーローのワケ

昨年度の活動での反省のひとつに

「メンバーがほぼ固定されているので、試合に出られない子の
モチベーションが低くなってしまう」

ということがありました。

モチベーションだけでなく、技術や体力面でも
試合に出ているメンバーとあまり出ていないメンバーの差がついてしまう。

小学生のサッカーでこれはよい状態とは言えません。

なので、できるだけ練習試合を組んで、試合を楽しんでもらうことにしました。

やはりサッカーをしているという実感と喜びを感じることで、通常の練習にも
身が入るようですね。

保護者の皆さんもベンチにいる我が子よりボールを追う姿を見たいものですし
スタメン組とベンチ組というグループが出来てしまうことは避けたいところです。


■今やっている練習の目的って何?

一方で、高学年の今年のテーマは「考えること」なので、練習を行いながら
ひとつひとつの練習の意味や目的を考えさせました。


いつものボールリフティングですが、ボールを落とさないように蹴ること以外に
どのような効果があるか?

これを考えさせました。

「トラップがうまくなる」

「集中力がつく」

という良い答えが出てきました。

私が用意した答えは

「サッカーは、ボールを蹴る瞬間はいつも片足でバランスをとっている。
リフティングはひとりでもできる片足バランスの練習だから
動いてリフティングを続けるともっと効果がある」

というものでした。

さらに

「ボールが近すぎても蹴りづらいし、遠すぎてもダメ。ちょうどよい位置で蹴ることを
覚えること。

ボールをコントロールすること以外に、ボールが蹴りやすい位置に自分が移動すること。

ボールを思い通りにしたかったら自分が蹴りやすい位置に動く。これもコツだよ」


(これ、実は鬼木理論です^^)

高学年たちは、意識してリフティングを始めました。

いいぞ、いいぞ、この調子で頑張れ!


リフティングだけではサッカーは上手くならないのですが
サッカーがうまい子はリフティングも上手い。

その理由は、ボールの動きに合わせて移動できることが強みと言えそうです。


■春休みに家庭でできること

サッカーの練習時間以外に家庭でできるサッカー上達法があります。
ボールを触ろうということ以外にできること。

それは、食事と睡眠です。

食事については、ある程度の量を食べることが必要です。
今食べている量の2割増しから始めてください。

ひとりで食べる食事は食欲も出ないものですが、なるべく家族と一緒に食べることや
会話を楽しみながら食べることで、子供の食欲を観察することが出来ます。

ご飯など炭水化物だけでなく肉や魚などタンパク質も2割増しにしましょう。

次に睡眠です。

食事と睡眠が体を修復して大きくします。

ポータブルゲーム機などで目と脳を酷使すると睡眠の質が悪くなることはよく知られていますが、
サッカー少年、少女の場合、その習慣を見直すことも春休みだからできることですね。

寝る前の1時間前には、いわゆる「発光体」を見ないことも秘訣のようです。
タブレットやスマホを見ながら寝るということもよくないですね。

■効率的なシュート練習の方法とは

チーム練習、例えば、20人程度の選手が効率的に練習できるかどうかを
工夫することは、意外にやってみないとわからないものです。

グラウンドの大きさ、コーンの数、スモールゴールの数など場所や用具の制限も
あります。

シュート練習では待ち時間を少なくする工夫など、実際に取り組んでいる方もいることでしょう。

ドリブル練習など、ひとりでボール1個という練習は効率よくやれるのですが、
パスやコンビネーションの練習になるとちょっと難しくなります。

クサビを入れて、落として味方に渡して・・・


シュート練習の効果的な方法に悩んでいる方へ私のブログの記事をおすすめします。
>>http://jr-soccer-coaching.naotech.info/3/shoottraining.html



■長友選手のトレーナー 鬼木祐輔コーチが教えてくれる
 春休みのパーソナルトレーニング

小学4年生以下のサッカー少年少女にオススメです。

サッカーが上手くなるための体の動かし方を覚えるトレーニングです。

鬼木トレーナーは、フットボールスタイリストとして国内の強豪チームで指導したあと
ヨーロッパに渡っていました。

ロシアワールドカップでの活躍が期待される長友選手の専属トレーナーとしても活躍しています。

鬼木理論は、サッカーの上達に欠かせない「動き」づくりの方法と、
上手い選手が共通して行っている「ある動き」を習得すること、プレーの質を上げるという方法です。

ブログでの紹介ページ
>>http://jr-soccer-coaching.naotech.info/dribble/onikitraininngsiaituuyou.html


鬼木理論「重心移動で上手くなる」公式サイト
>>http://link.naotech.info/oniki1.html



■編集後記

先日のなでしこJAPAN対ガーナは7得点という大勝でしたが
岩渕真奈選手のゴールを見ることが出来て個人的に満足です。

マナドーナは、自分でも行ける、パスも出せる。
円熟味が出てきました。


女子サッカーは、とても基本に忠実で、少年少女サッカーの手本になります。

ボールを受ける前に一度顔をあげて攻撃方向を見るとか、相手から遠い場所にボールを置くとか、
基本に忠実で、しかも、見ていてわかりやすいです。

ぜひ、なでしこのプレーを参考にしてみてください。

気になるプレーはスロー再生で!
ノートにメモするとよいでしょう。


最後まで読んでいただいてありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2018 jr-soccer-coaching NABO All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった!

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/12 部数:  1,876部

ついでに読みたい

少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった!

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/12 部数:  1,876部

他のメルマガを読む