少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった!

サッカーを楽しもう!考える力を身につけよう!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった! Vol.313
サッカー少年と親と指導者のためのメールマガジン 2017/12/28
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ナボコーチです。

メルマガを開いていただきありがとうございます。

5ヶ月ぶりのメルマガです。
本当に久々になってしまい申し訳ございません。

この5ヶ月は充電期間というか、研究期間というか
現場での指導と、関係する方々との研究と
有意義な時間でした。

来年から読者の皆さんにアウトプット出来たらいいなと
考えています。

■第41回全日本少年サッカー大会

今日、準々決勝、準決勝が行われました。
ベスト8はすべてJリーグジュニアです。

街クラブが姿を消してしまいましたが
今年は、JリーグJrの破壊力は圧倒的ですね。

決勝は明日。
北海道コンサドーレ札幌 対

です。

全少が冬期開催になったことで
小学6年生というシーズンを余すことなく
使えるというメリットがあります。

と同時に発育発達のピークにかかる時期
なので、大きい選手のパワフルなプレーも
目立ちます。

パッと見ると中学生に見えるほどです。

8人制コート、小学生ゴールが狭く
小さく感じますが、ゴールを攻める
ゴールを守るという攻防が絶え間なく
繰り返されるので

日本サッカー協会が8人制サッカーを
導入した目的のいくつかは
達成出来ているように見えます。

シュート技術の上手い、下手がこの時期の
少年サッカーの勝敗を決めると言っても
過言ではないかと思います。

明日の決勝が楽しみですね。

地上波、BS、ネット配信情報は
こちらです。
→http://www.jfa.jp/match/japan_u12_football_championship_2017/tv.html


■サッカーを楽しんでいますか?

このメルマガのテーマは

「少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった!」

というものです。

練習方法を間違えると上達しかったり
悪いクセがついてしまう。

よい練習方法を繰り返すことで
上達が早まる。

よい練習方法は、将来、中学生、高校生に
なった時でも大切な土台として
基礎を作ってくれる。

サッカーは練習でしか上達しないので
練習方法にこだわろう!

そんな実体験から生まれたテーマでした。

この約半年間に、いろいろな練習方法と
指導者に触れ、練習に大切なことを
いくつかプラスして、いくつかマイナス
しなければならないと考えました。

・プラスするもの

サッカーを楽しむという要素を
どんな練習にもプラスすべきです。

苦痛を感じながら繰り返す練習は
決してプラスにはなりません。

サッカーはゲームそのものが楽しい
ボールを奪い合うことが楽しい
そしてゴールを決めることが楽しい

なので、ゴールがあること
相手がいること

これが基本にあるべきだと
考えています。

ドリル練習で基礎を作るという
考え方もありますが

ドリル練習だけで上達はしません。
ボール扱いが上達しても
サッカーが上手くなる訳では
ありません。

もうひとつ

サッカーの練習だけでなく
体を思い通りに動かすことが
出来るようになる練習を
することです。

ややこしいですが

自分の体を思い通りに
動かせないのに、
サッカーの複雑な練習で
効果を生むことは
難しいですということです。

ですから、個人差はありますが
動きを身につけることは
急がば回れ的に

サッカー上達の土台になります。


・マイナスするもの

さまざまな練習方法がありますが
引き算も必要かなと考えています。

それは、ボールにこだわり過ぎない
ということです。

チームやグループでボールを持つ時
ボールにこだわり過ぎることで
まわりが見えなくなってしまいます。

ボールが大切、ボールが大事
ボールを運ぶ、ボールを奪う

ボール、ボール、ボール。

ボールは、サッカーというゲームに
必要不可欠ですけど
ボールにこだわり過ぎると
サッカーにならないよ。

という考え方です。
賛否両論あると思います。

相手の動き、味方の動きを
見る力がないのに

ボール扱いがいくら上手くても
サッカーにはなりません。

フリースタイラーになるので
あれば別(フリースタイルという
競技ジャンルが確立しているので

サッカーとフリースタイルを
混同しないことが大事です)
です。

■考えてプレーしてますか

今、小学6年生の子は
5号球を使って練習して

中学校やジュニアユースクラブで
サッカーをするための
練習をしていることかと
思います。

中学生になれば環境が変わります。
何と言っても指導者と仲間が
変わります。

「小学生で何を習ってきたんだ」

と言われる場面もあることでしょう。

なので、指導者は卒業と一緒に
財産をもたせてやる必要が
あるのです。

財産とは、中学生や高校生に
なっても、減るどころ増えるように
ならなければなりません。

食いつぶして終わりにならないよう
財産を持たせます。

少年サッカーの財産とは

「考える習慣」

です。

コーチの言うとおりに動くことを
繰り返した小学生は

中学生になって

「自分で考えろ」

と言われても、考える方法が
わからないので考えることが
出来ません。

サッカーで「考える」必要が
ある場面とはどんな場面でしょうか。

試合が始まる前から終わったあとまで
考えること、判断することの
連続なのですが・・・

考えているけど、パターン化して
いる。ということもあるでしょう。

パスコースが狭くても、5本に
1本は通るので、無理に通そうとして
ボールを失う。

これは、考えているようで
考えていない例です。

指導者が変わるとこういう場面で

「4本のミスの原因は何だ?」

と聞かれてても答えられない
かも知れませんね。

「いつもそうしているから」

という答えは答えになって
いません。

試合時間の中でなんどか
トライしていれば1点に
結びつくと考えて

確率は低いと思っているけど
通れば点を決めてくれると
考えていた。

ミスすれば相手ボールになるけど
そこは自分が必死に守備して
奪い返すつもりだった。

実際、4本のミスのうち
2本はすぐに奪い返すことが
できた。

などなど、試合の流れの中で
プレーを選択した理由を
答えることが出来る選手は

ふだんの練習でも「考える」
ことを習慣化していないと
そうそう出来ることでは
ありません。

■指導者は根比べ

楽しくサッカーをする。
考える習慣を身につけさせる。

この2つは大切だと感じながらも
チームの勝率とか

チームの盛り上がりということを
考えると

単純にパワーサッカーを
進めた方が、効率がいいと
考える方もいることでしょう。

でも、最近の少年サッカーの
トレンドは違います。

楽しむこと、考えることを
抜きにして語れません。

保護者は勝率を求めるでしょう。

勝てば盛り上がるし
応援のしがいもあります。

負けたけどいい内容でした。
こういう言い訳を聞いても
保護者はピンとこないものです。

保護者も指導者もそして子供たちも
結果は負けたけど
内容はよかった。

というサッカーを経験することで
中学、高校でサッカーを
続け、花を咲かせる子供たちが
増えてくれればいいなと
考えています。

長い目で見ることで得るもの
失うもの。

目先を見て得るもの失うもの。

この両者を経験することで
指導者としての成長があると
思います。

私が少しだけ成長したなと
思う瞬間は

子供たちがみずから

コーチ、負けたけど面白かった!

と言ってくれた時です。
その目には涙が浮かんでいたり
しますけど、そこが成長なんです。

負けず嫌いだけど、手応えを
感じること。

自分のすべてを出して
負けた結果は相手が強かっただけ。

サッカーは相対的な勝敗なので
弱い相手に大勝しても
そこに得るものはない。

強い相手と拮抗した試合をして
0-0とか1-0とか0-1と
いうような内容の試合を
することで成長する。

そう考えています。


■冬休みにトレーニングするなら

小学5年生以下のサッカー少年少女に
オススメです。

サッカーが上手くなるための体の動かし方を
覚えるトレーニングです。

すぐにサッカーが上手くなることは
ないですが、一度覚えた動きで

チーム練習効果がアップすることでしょう。

>>>>http://link.naotech.info/oniki1.html

■おすすめメルマガ

お父さん、お母さん、初心者コーチ
サッカー未経験だけどサッカーをする羽目になった方

いろいろな角度から
サッカー上達法を解説してくれます。
実に、「軸がブレない」方です。

3分で分かる!初心者のサッカー・フットサル上達法
http://www.mag2.com/m/0000272002.html

初心者のサッカー・フットサル上達ノウハウ。
大人になってからサッカー・フットサルを始めた
「出遅れプレーヤー」必見!
高校からサッカーを始め、
大学で全国大会出場選手からレギュラーを奪った
「出遅れプレーヤー」の筆者が、
「遅れを取り戻す上達法」を紹介します。



■ご挨拶

本年はメルマガをご購読いただき
ありがとうございました。

来年は発行頻度をあげたいと思いますので
よろしくお願いします。

では、よい年をお迎えください!


最後まで読んでいただいてありがとうございました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2017 jr-soccer-coaching NABO All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった!

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/10/22
部数 1,884部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった!

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/10/22
部数 1,884部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング