ピアノ教室の先生がお届け!メルマガでピアノレッスン

暑い地域と寒い地域、なぜ音楽は違う?【メルマガでピアノレッスン18.07.27号】

カテゴリー: 2018年07月27日
■今日の目次  July 27, 2018 issue

─── /| ──────────────────────────────
── //| ─ 卜、─────   ♪海野先生のピアノが楽しくなる話
── | _| ─ |ヽ ──── 『暑い地域と寒い地域、なぜ音楽は違う?』
──_| (ノ─ _| 丿───  ♪今日のピアノ練習お悩み
─ (ノ── (ノ ─── 『ペダルマークの次に出てくる結晶は何?』


 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃      海野先生の メルマガでピアノレッスン       ┃
 ┃                               ┃
 ┃     あなたのピアノを上達させる方法を教えます♪     ┃
 ┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
    ┃┃       登録解除はこちらから      ┃┃
    ┗┛   http://www.mag2.com/m/0000274388.html  ┗┛
♪+.o.+♪+.o.+♪+.o.+♪+.o.+♪+.o.+♪+.o.+♪+.o.+♪+.o.+♪+.o

     ピアノが好き!ピアノを弾きたい!ピアノが上手になりたい!
        そんなあなたの願いをたった30日で叶えます。

      ピアニスト海野真理*驚きのピアノレッスンはこちら
             ↓  ↓  ↓  ↓
        http://www.good-appeal.co.jp/piano3set/


      海野先生のコラム『暑い地域と寒い地域、なぜ音楽は違う?』
■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、海野真理です。

本当に毎日暑くて…。

誰に会っても「暑いですね~」の一言から会話が始まります。

今年は「もう、暑すぎですね!」とか、「何ですかね、この暑さ」とか、
さらにバージョンアップした挨拶になっています。

こんな季節は、クーラーの効いた涼しいお部屋で、
ちゃんとあたたかいコーヒーやジャスミンティーなど
いただきながらクラシックを聴く、というのはどうでしょうか。

この暑さは、外に出ない方がいいと思われますし…。

あたたかい飲み物、というのがまたポイントで、
涼しところで冷たいものは体が冷えすぎます。

内臓はあまり冷やさないほうがいいですからね。


さて、夏真っ盛りな今、夏に似合う曲というのがあると思います。

いろいろなところで開催されるなぜか野外フェスなどは
夏の音楽満載ですよね。

私は20代の頃、一晩中レゲエの生バンドが演奏している
海水浴場で、楽しく過ごしました。

飲んで、踊って、ゴロ寝して、また踊って。

今思えば若かったな、今ではとても出来ないな、
なんて思いますがあの温度や雰囲気、
夏にピッタリの音楽とで盛り上がりました。

レゲエやフェスはクラシック音楽ではありませんが、
音楽はすべて共通!

夏にピッタリのいい音楽だと思います。

もともとレゲエというのは1960年代のジャマイカで発祥し、
1980年代で大流行しました。

ボブ・マーリーを知らない方はいらっしゃらないでしょう。

あの温度とよく合ったリズムや楽器構成は、
やはりジャマイカという土地柄あっての音楽なのだと
あらためて思います。

レゲエが北欧、とは思いませんよね!

私が「ああ!これはとてもラテンな雰囲気。スチームドラムとか
似合いそう。」と思ったクラシックにフランスの
ダウリス・ミヨー作曲「スカラムーシュ」
という曲があります。

本当にラテンな感じで、2台ピアノやサックスでの
演奏をよく聴きます。

第3楽章冒頭には「サンバのリズムで」と書いてあるくらい
ですから、まさに暑いとこの音楽、ということですね。
(作曲家はジャマイカではなくフランスですが…)

では先ほどでてきた、寒いところを連想する北欧、
こちらの音楽といえば。

もうこの人しか思い浮かばない、といっても過言ではない作曲家。


ジャン・シベリウス。


フィンランディア、交響曲、ヴァイオリン協奏曲。

何を聞いても涼しげ!

本当に2、3度は温度が下がりそうな感じです。


このジャマイカサウンドと北欧サウンド、なにがどう違うのでしょう?


圧倒的に違うのは、「長調か短調か」。

もちろん暑いほうが長調、寒いほうが短調ですね。

絶対そうですとはいいませんが、これはけっこう当てはまります。


そして次に考えるのは「リズム」。

生き生きと動きがあったり、裏拍にアクセントがあったりするものが
暑い音楽によくみられます。

逆に寒い音楽は、ロングトーンでちょっと吹雪みたいな
雰囲気だったり、ヴァイオリン協奏曲の冒頭のように、
ピアニッシモで同じことを繰り返す伴奏、
そこに長い音符が多いメロディが入ってくると、
本当に雪女が出てきそうです。

ひんやり冷たい雰囲気は、あまり活動的なリズムは少なそうですね。

人間も、あまり動かない方が体温も上がらず涼しいですね。

動くといっぱい汗がでて暑いです。

ひょっとして、音楽にも同じことが言えるのかもしれません。

作曲家自身が暑いところ、寒いところ出身、ということ、
その人自身が幼少時代から肌で感じている温度、湿度、
雰囲気というものが作品に大きく影響していると思います。

私たちは音楽を聴くことでそういった疑似体験を
しているのかもしれません。

カリブ海のどこか伸びやかなリラックス感、ツンドラ、
フィヨルドのとんがった厳しい感じ。

どちらも行ったことも体感したこともないけれど、
音楽からそれを感じて共感できるのが本当に楽しいです。

「夏はガッツリ暑く!」派のあなた。

「暑いの苦手、少しでも涼しく!」派のあなた。

どちらもこの夏は家で音楽で、それを楽しんでみるのもいいですね。


♪暑い夏は涼しい部屋でピアノを弾いて過ごすのもいいかも。

♪季節の音楽を楽しむのもなんだか素敵だな。


★そんなあなたに朗報です!★

DVD付きで、見てすぐわかる!
海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

「楽譜が読めない」
「忙しくてレッスンに通えない!」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には名曲が弾ける!!

さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

海野先生の楽しいピアノレッスンを、あなたの自宅へお届けします。

 → http://www.good-appeal.co.jp/piano3set/



      今日のお悩み『ペダルマークの次に出てくる結晶は何?』
■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.海野先生、本当にお久しぶりです。

  第3弾ではペダルを使うので、キーボードから
  電子ピアノに買い換えました。

  そこでペダルに関する質問です。

  1.ペダルマークの次にたまに出てくる雪の結晶のような
    マークは何ですか?

  2.(今「悲愴」を練習しているのですが)ペダルを踏むと、
    どうも力が入ってしまい、ペダルを踏まない方が
    滑らかに感じるほどです。
    どうすれば、ドスンドスンならないで踏めるのでしょうか?

                   (50代2にゃんのママさんより)

A.こんにちは、ご質問ありがとうございます。

  ペダルに関するご質問ですね。

  ピアノを始めてすぐの頃は、ペダルを使わないので、
  楽譜の五線の部分しか見なくて良かったのですが、
  ペダルの記号が五線の外、下に書いてあるので
  そこまで気を使って見なくてはいけません。

  でも、楽譜のようにドレミを読まなくて良いですし、
  マークがついているかついていないか、ということなので、
  慣れれば目に入るようになりますし、入ってきたら
  足が動くようになりますよ。

  ではご質問の1

  Pの記号は「ペダルを踏む」という記号、これは割とご存じです。
  
  それとセットのように存在し、でも必ずしも
  書いてなかったりする記号が

  「*」こんなマーク、雪の結晶みたいなマークです。

  これはペダルを離す、というマークです。

  !!!なるほど、ですね。

  踏みっぱなしなんてありえないから、絶対に離したり
  踏み変えたりしなくてはいけません。

  その離す記号なのです。

  Pが「オン」なら*は「オフ」です。

  ただ、書いていないことがあるというのは、連続して
  踏みかえながらペダルが付く時には、いちいちペダルを
  離す記号は書きません。

  Pのマークが連続して書いてある、ということになります。
  
  Pマークよりも知られていない理由は、ここにあるかもしれません。


  続いてご質問2

  ペダルを踏むことによって音楽はなめらかになる、
  でも身体の使い方がぎこちないとドスンとなってしまう、
  その通りですね。

  ペダルはあくまで演奏の補佐、なのでペダルは踏んだり
  離したりが分からないくらいなめらかに
  行われるのが理想です。

  私もついガシガシ踏んでしまって、ペダルの音が
  大きくなって演奏の妨げになることもありました。

  「ペダルうるさい!」と先生に注意されることも多々…。

  これも一つの運動ですから、まずは弾かないでいかに
  なめらかなペダル操作ができるかペコペコ動かしてみて下さい。

  そして、弾いたらつい踏み込んでしまって、という方は
  おそらく指とペダルが同時に「えいっ!」となっている
  可能性もあります。

  指より少し遅らせてペダルは踏みます。

  音が出る、すぐ踏む、の繰り返しです。

  そのタイミングを考えると、割とふんわり踏めることも
  あるので、意識してみて下さい。

  美しい曲にするために、ペダルはとても必要なことです。

  そして操れる!?ようになるととても楽しい!

  ぜひ頑張ってくださいね♪
  

★★あなたの質問にお答えします!★★★

ピアノ初心者の方で、「ここが上手く弾けないなぁ」「どうすれば良いの?」
などなど、ピアノに関する疑問、質問があれば私にお寄せ下さい。

ピアノのお悩みに関する質問はこちら
  → http://piano-dvd.com/mail_qa.html


      あとがき
■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

冒頭でも言いましたが、もう聞き飽きたというくらいの
「暑い、暑い」の言葉、それでもやはり口から出るのは
「暑い」の言葉ですね。

連日ニュースやワイドショーで、熱中症についてとても詳しく
特集をしてくださっているので、今年は妙に詳しくなりました。

予防法、対処法、いろんなことがもうバッチリ!
くらいの知識はあります。

ただ、本当にそうなったらできるのか、そうなっていることに
気付くことができるのか、というと、実践していないこともあり
ちょっと心配はあります。

いつも頑張っているバレエのお稽古、ここでも私は普段から
メチャメチャ汗をかきます。

レオタードもタオルも絞れるくらい。

それは一生懸命お稽古している証拠?くらいに思って、
特に対処はしていませんでしたが、今年はちょっと怖い。

顔が真っ赤になって汗をかいて、その後頭が痛くなって、
いつまでも身体から熱が引かなくて、という状況が
まさに熱中症のたまご?いやすでに熱中症かもしれない、
と思います。

なので、タオルを濡らして、保冷剤で冷たくして、汗を拭く時は
そのタオルで拭く、皮膚をつねに濡らしておいて気化熱で熱を下げる、
ということを気を付けています。

ピアノの練習で、そこまでの恐ろししく大量の汗はかかないけど、
これも油断ならない。

隠れ脱水、軽度の熱中症になるかもしれません。

そういえばつい先日も、ついレッスンに熱が入って、
途中で頭がくらくらして「こ、これはヤバい!」
と思いました。

先生も途中で水分補給など、考えなくてはいけませんね、反省…。

とにかく、しばらくはこの暑さが続きます。

どうぞ皆様、十分にお気をつけてくださいね!

それではまた♪♪♪


ピアニスト 海野真理


※次回配信は、8/9(木)です。ぜひお楽しみに。


★海野先生のFacebookページはこちら⇒ https://goo.gl/wSZ0n7


★海野先生のピアノレッスンが自宅で受けられる!
 楽しみながら上達できる『30日でマスターするピアノ教本』
 今すぐクリック!→ http://www.good-appeal.co.jp/piano3set/


★ちょっとピアノを弾いたことがあるけど忘れたなぁ・・・
 もう一度弾きたいなぁ・・・。という方はこちら
  ⇒ http://www.uminomari.com/4th/



 ☆  <ピアニスト海野真理>
┏*┓ 武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。
┣╋┫ 数々の演奏会に参加し、今なお精力的に演奏活動をしている。
┗┻┛ ピアノ教室『海野真理ムジカソナーレ』では、沢山の生徒を抱える。
    明るく楽しい指導が好評で、老若男女問わず高い人気を博している。
    【30日でマスターするピアノ教本】を監修。
    受講者数は12,000人を突破の大人気ピアノ教本となっている。


-------------------------------------- Let's enjoy playing the piano!!
社会人のためのピアノ講座
【海野先生が教える初心者でもたった30日でピアノが弾ける方法】

URL   : http://www.good-appeal.co.jp/piano3set/
      http://pianisuto.com/
Yahoo!ショップ:
http://store.shopping.yahoo.co.jp/good-appeal/piano1.html

楽天市場: http://item.rakuten.co.jp/piano-dvd/pr-1/

初心者向けピアノ楽譜サイト:http://www.pianogakufu.com/

Mail : info@pianokouza.com

Presented by 海野真理

企画・運営:株式会社グッドアピール
------------------------------------------------------------------------ 
登録・解除はこちらから→http://www.mag2.com/m/0000274388.html

ピアノ教室の先生がお届け!メルマガでピアノレッスン

発行周期: 隔週木曜日 最新号:  2018/12/13 部数:  1,320部

ついでに読みたい

ピアノ教室の先生がお届け!メルマガでピアノレッスン

発行周期:  隔週木曜日 最新号:  2018/12/13 部数:  1,320部

他のメルマガを読む