技術士 合格の仕組み講座メールマガジン

『論理的な文章』を書く要諦

┃--「技術士合格の仕組み講座」ビジネスマン自立実践会--   
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  技術士に合格するには“合格の仕組み”を実践する必要がある。
┃  あなたもその“仕組み”を実践して新たなビジネスステージへ!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

今年、あなたが二次試験を受験されるのであれば、
きっとお正月も、学習に明け暮れていたことでしょう。

今年、あなたと同じように7月に同じ教室で机を並べる受験者のうち、
多くの人は、まだエンジンがかかっていません。

この冬が、差を付けるチャンスです。

春以降は、なかなか思うように差を広げることはできません。
みんな同じように頑張るからです。

普段のシゴトでも、なんでもそうなのですが、
人が頑張ってない時にいかに頑張るか。
ここが、人と差を付けるポイントです。




その二次試験では、
膨大な専門知識を蓄える必要があるのは勿論ですが、
あなたが心配しているのは、
むしろ答案作成のほうではありませんか?

多くの人が文章を論理的に書くのは難しいというんですけれど、
そんなところで躓かないでヨ~
というのが、私の正直な感想です。

ぜんぜん、難しくありません。
乱暴な物言いですが、
バカでも書けるのですから、あなたが書けない訳がないんです。
ゼッタイに書けます。

というのは、もう、方法論が、確立されているからなんです。






「1ヶ月で大金持ちになるたった3つの方法」



よりも、
もっとしっかりとした方法論が、
論理的文章の作成においては、
確立されているのです。





「あなたも風水グッズで金運アップ!」



なんかよりも、
もっともーっとしっかりとした方法が、
発見されているのです。


だから、あなたは、
その方法を知って、
そして知った内容を実践して、
その実践に慣れてしまえば、
論理的文章を書く方法がモノにならない訳はないのです。



梅棹忠夫という人が、
『知的生産の技術』という本の中で、
論理的な文章の書き方について、
ちょっと長くなりますが、大事な部分だけ、引用します。


・・・
文章を書くという作業は、じっさいには、二つの段階からなりたっている。
第一は、かんがえをまとめるという段階である。
第二は、それをじっさいに文章にかきあらわす、という段階である。
・・・
実は、第一の「かんがえをまとめる」ということが、
ひじょうにたいせつなのである。
・・・
それでは、どのようにして、かんがえをまとめるのか。
・・・
おもいつくままに、順序かまわず、どんどんかいてゆく。
・・・
つぎは、この紙切れを一枚ずつみながら、
それとつながりのある紙きれがほかにないか、さがす。
・・・
論理的につながりがありそうだ、とおもわれる紙きれを、
まとめてゆくのである。
・・・
こうしてできあがった紙きれのつらなりを、
わたしは「こざね」とよんでいる。
・・・
こざねの列がいくつもできたところで、
さらにそれらのこざねどうしの関係をかんがえる。
そして、論理的につながっているものを、しだいにあつめてゆく。
・・・
この方法でやれば、だれでも、
いちおう論理的で、まとまった文章がかける
・・・



論理的な文章を書く要諦が、ここに示されています。

ね?
「あなたがモテる男になる一番の近道」
よりも、もっとしっかりとした方法論が確立されていますでしょ?



何歳ぐらいのときに読んだ本かも定かではないのですが、
この『知的生産の技術』は、きっと若いころの私にも、
大いなる影響を与えてくれたのでしょう。


梅棹忠夫のいうとおり、論理的な文章を書くポイントは、たった二つ。
まず、ワーッと、とりあえずどんどん、
どんどん、
どんどんどんどん、
アタマの中にあるネタを、何も考えずに吐き出す、というフェイズ。
そして、もう一つは、その吐き出したものを、似た者同士をまとめながら、
ある程度の束になったころに、その束ごとの相関性を考えて、
順序を付ける、というフェイズ。

この二つ。


梅棹忠夫は、これらの思考を小さな紙片に書き込んで行っていたのですが、
こうして思考を整理し発想を洗練させる手法は、
川喜田二郎の「発想法」と相通じていますね。
梅棹忠夫も文章中でKJ法に言及しています。






『でもさぁ、小さな紙にいちいち書いていくなんて・・・面倒くさいヨ』










エッ!?







チョッと何言ってるのかわからないんですけど。




あなたねぇ、

だって、

だって、もう、

あなたの手元には、ほら、
Microsoft Wordがあるじゃ、
あーりませんか。


梅棹忠夫が苦労して紙きれに書き込んで、束ねて、
そして順番を入れ替えていた作業が、今は、
あなたの右手の人差し指だけで可能じゃ、
あーりませんか。



だから、
これからあなたがとりかかる記述式問題の答案作成も、
最初のうちは、このWordベースでやるということも
一つの大切な工夫かもしれませんよ。


設問文をネ~ットリと読むのは当然として、
その後、いろいろ思いついたネタを書き出して、
それからネタの登場順を考えて論理性を担保させる訓練は、
文章の論理性に自信が無いというのなら、とても大切です。



このあたりは、
「80歳まで健康に生きる10の心得」
よりも、しっかりとした方法論が確立されています。




最後に、梅棹忠夫はこの『知的生産の技術』のおわりに、
文章を書く時の注意点についても述べています。

来年、二次試験を受験するあなたにとって金言になるでしょうから、
引用しておきますね。



・・・
このいそがしい世の中で、俳句をあじわうようなつもりで、
論文をなんどもよみかえして、あじわってくる人はあるまい。
一ぺんよんで、すっとわからぬような文章は、
やはりぐあいがわるのではないか。
・・・
この種のことは、頭でいくら理解しても、
やってみなければまったく無意味である。
・・・
くりかえしていうが、実行がかんじんである。
・・・










ね?




丑の刻に
鉢巻きにローソク立てて五寸釘持って神社の裏でゴソゴソするよりも、
もっとしっかりとした方法論が確立されていますでしょ?



ヒュ~ 




ドロドロ~





『聴く!技術士二次試験一発合格のツボ』はこちらから!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://amzn.to/2Q8oSnX


*************************************************
◆発行者 ビジネスマン自立実践会
◆発行者サイト http://gijutsushi-jiritsu.com/
◆技術士 合格の仕組み講座 メルマガアーカイブズ
http://gijutsushi-jiritsu.com/mailmagazine_archive.html
◆お問い合わせ kouza@gijutsushi-jiritsu.com
◆メールマガジンの登録・解除
http://www.mag2.com/m/0000273024.html 
*************************************************

技術士 合格の仕組み講座メールマガジン

発行周期: 週刊 最新号:  2019/01/19 部数:  786部

ついでに読みたい

技術士 合格の仕組み講座メールマガジン

発行周期:  週刊 最新号:  2019/01/19 部数:  786部

他のメルマガを読む