技術士 合格の仕組み講座メールマガジン

完全なる悪ノリでスミマセン。。。


カテゴリー: 2018年08月12日
┃--「技術士合格の仕組み講座」ビジネスマン自立実践会--   
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  技術士に合格するには“合格の仕組み”を実践する必要がある。
┃  あなたもその“仕組み”を実践して新たなビジネスステージへ!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…


ようやく、
「聴く!技術士二次試験論文のツボ」の後継本の執筆が終わり、
初稿ですが、出版社様に原稿を渡すことができました。

現在、先方で査読されていて、
これから細かなやり取りが始まります。


・・・かれこれ、5年近くになるでしょうか。
試験制度の変更があって、「論文のツボ」が型落ちになってしまい、
そんな中でも本は売れ続けて、結局、品切れになって、
編集者の方も
「試験制度が変わったのに、そのままの内容で増刷するのは受験者を迷わす」
ということで、増刷もせず・・・。
読者の方からも、出版社様経由だったり、直接だったり、
「品切れなんですけど、手に入らないでしょうか?」
といった苦情を受け続けていて・・・。

ようやく、執筆の呪縛から逃れることが出来そうです。


その間、編集者の方に双子のお子さんが生まれて、
今は産休中とのこと。なのに、

「技術士を目指す人にとって、必携の本となるようにしたいですね!どうぞよろしくお願いします。」
だなんて。

これまで、
締め切りの延期ばかりしかご連絡できなかったことが、
心残りです。


そういうことで、現在、ボールは出版社様にあるのですが、
実は、少し相談事を付記して原稿を送りました。

その相談事の一つが、
参考書としてこんな描写、アリでしょうか?ということなんです。

今回の原稿で、記述式問題の解説をする部分を、
なるべく読者が受験者マインドになれるように、
試験会場での答案作成プロセスを実況形式で記述しているのですが、
少々、やりすぎたかなぁ、と感じる部分がありまして。

午後の記述式問題の、二つ目の問題を解き終わって、
最後の問題に取り掛かろうとする、その一呼吸置いている場面を、
次のような、小説形式で描写してしまったんですね。

*************************************

選択科目2を終えた。
ここで再び、筆を置く。強く握りすぎていて、熱を持っている。
次の選択科目3を解き終われば、筆記試験までの長く、しかも曲がりくねった道がようやく終わる。
試験があるというのにシゴトもずっと忙しく、学習にあまり時間はかけられなかったけれど、超効率学習によって学習効果を爆上げして、今日までそれを続けてきた。
そして、合格可能性は6割を超えているという気持ちで今日を迎えられた。
その結果、必須科目、選択科目2-1、2-2と、一通りの答案を書くことができている。
よし、いける。この調子なら、最後の選択科目3も乗り越えられるだろう。そうすれば、きっと最高の気分でこの会場を後にすることができる。
そう思ったら、なんだかワクワクしてきた。。。
ただ、予想通りに腕と手首に疲れがでてきた。脳ミソもパンパンだ。
そりゃそうだ。朝の試験開始から3時間半ほど経過したが、ずっと極度の集中状態だったのだから。
あ゛~。かなりくたびれた。
でも、よしよし。腕も手も指もハートも、みんなよく頑張っている。
それじゃ、最後の戦いを前に、できる限りの気分転換を図ろう。

しばし両目を閉じてみる・・・。

蝉しぐれが、相変わらずキャンパス中から鳴り響いていくる・・・。

しばし瞑想に耽ったのち、再び両目を開いて窓の外に眼を遣ると、先ほどより少しだけ勢いが衰えた夏の日差しが、まだ燦々と輝いている。

再び1分ほど両目を閉じてみる。
疲れてはいるが、気分はかなりスッキリした。兎にも角にもあと2時間だ。
試験を再開しよう。選択科目3。
選択科目3の出題を一瞥(いちべつ)しただけで、設問が長く、いろいろな付帯条件があることが見て取れる。
でもまあ焦るまい。何より8つのステップがあるのだから。

平成29年度の上下水道部門―下水道の出題。
冒頭に下記の断りが示されている。

*************************************

今年の冬場に、実は小説形式で、いくつかメルマガを書いていたのですが、
実は、こうした記述をしようという、実験だったんです。

メルマガで書いてみて、何より自分なりに楽しかったので原稿に採用してしまったので、
ある意味、完全なる悪ノリです。。。

これを、代わりの編集者の方に、「削るべきですかね?」
と相談しているところです。


削れ、って、おっしゃいますかね・・・?



言うだろうな。。。



*************************************************
◆発行者 ビジネスマン自立実践会
◆発行者サイト http://gijutsushi-jiritsu.com/
◆技術士 合格の仕組み講座 メルマガアーカイブズ
http://gijutsushi-jiritsu.com/mailmagazine_archive.html
◆お問い合わせ kouza@gijutsushi-jiritsu.com
◆メールマガジンの登録・解除
http://www.mag2.com/m/0000273024.html 
*************************************************

技術士 合格の仕組み講座メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/06
部数 765部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

技術士 合格の仕組み講座メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/06
部数 765部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング