技術士 合格の仕組み講座メールマガジン

自分の足元に転がっている、凄さ。


カテゴリー: 2017年03月12日
┃--「技術士合格の仕組み講座」ビジネスマン自立実践会--   
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃  技術士に合格するには“合格の仕組み”を実践する必要がある。
┃  あなたもその“仕組み”を実践して新たなビジネスステージへ!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

水ぬるむ春・・・とはいえ、まだまだ寒い日が続きますが。

先日、技術士二次試験の合格発表がありました。
長い長い受験シーズンがようやく終わりましたね。

あなたの結果は、いかがだったでしょうか。

あなたのこと、そしてあなたの想いを、当講座にお知らせ願えないでしょうか。
本講座の書籍や教材が、あなたのその喜びに少しでも貢献できたのなら、この上ない幸せです。

あっという間に終わりますので、どうぞこちらから。
https://www.secure-cloud.jp/sf/1393724851InWNqUNk

あなたの声をもとに、来年度受験される方により良いサポートをさせて頂きたいと存じますので。





そういえば・・・

先日、本当に久しぶりに映画を観に行きました。


いつも「忙しい忙しい」ばかりで、働き始めてからというもの、映画に行こうなどと思う暇すらなかったけれど。

ただ、あまりにも前評判がよかったので、一応見ておこうと思っただけだったのだけれど・・・



・・・まさか、映画館の暗がりの中で、歯を食いしばって、画面から眼を逸らし、必死になって嗚咽をこらえるような思いをするとは。



「ガーン!!」と脳天をバットで叩かれたような衝撃を受けて、数日、ボゥっとしたまま過ごす羽目になるとは。



人生も半ばを過ぎているというのに、こんなに鮮烈で、しかも強烈な衝撃を受けることになるとは。。。







これを観た多くの人がいう、「凄い」映画。





その凄さとは・・・、




CGスペクタクル?




いえいえ。そんな軽薄なモノではありません。





感動巨編?




いえいえ。そんな安っぽいモノでもありません。




じゃあ、何って?




それは、



それは、それは・・・



とても一口では語れないような、



人生だけでなく、

きっと今を生きる人々の価値観ごとごっそり変えてしまうような・・・



ただ、ただ、

自分の周りにいる人々が、

ただただ、人々の日々の生活そのものが愛しくなってしまうような・・・



何の縁もなく、知り合うこともない、そんな人すら愛しくて愛しくてたまらなくなるような・・・






・・・・



人が、与えられた運命に従って、ただひたすらに、その日その日を生きていく。
そして自分が必死に生きているからこそ、同じような運命を背負った他者を、慈しむ。

こうした、人としてごく当たり前なコトの、凄さ。




実は自分の足元に転がっている、凄さ。


この凄さに気付いてしまった人は、

きっと、それまでと、それからが、まったく違う光景に映ることでしょう。





「果し合いに行く侍のような心境」。

こんな、何だかキナ臭く、妙に気取った勇ましいワードを声高に叫ぶ人がいます。

「武士道の精神を取り戻せ!」などと。


でも、そもそも、江戸時代には武士はたった10%程度の割合しかいないし。

そんなマイナーな存在に我が国の精神を代表させられるワケもなく。



我が国の長い歴史が育んできたものは、
そんな妙に勇ましいココロなどではなく、

雨の日も風の日も、慎ましく、苦労を厭わず、与えられた運命に従って、ただただ必死に生きていく、そんな庶民のしたたかさなのでしょう。


でも、そのしたたかさの裏は・・・、
儚さ、物悲しさでいっぱいなのでしょう。



・・・・



あ、言い忘れましたが・・・


戦時中の広島県呉を舞台にしているこのアニメ映画、


“芸能界のドン”から睨まれているという、とある有名な女優さんが声優を務めています。


この有名な女優さんの代表作は、誰もが知る朝ドラなのだけれど、


後々、

この方の代表作と言われるのは、
この映画のほうになるかもしれませんね。

きっと。


*************************************************
◆発行者 ビジネスマン自立実践会
◆発行者サイト http://gijutsushi-jiritsu.com/
◆技術士 合格の仕組み講座 メルマガアーカイブズ
http://gijutsushi-jiritsu.com/mailmagazine_archive.html
◆お問い合わせ kouza@gijutsushi-jiritsu.com
◆メールマガジンの登録・解除
http://www.mag2.com/m/0000273024.html 
*************************************************

技術士 合格の仕組み講座メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/06
部数 764部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

技術士 合格の仕組み講座メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/06
部数 764部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング