技術士 合格の仕組み講座メールマガジン

サンプル誌

技術士合格の仕組み講座メールマガジンへようこそ!

このメールマガジンでは、技術士二次試験の合格を目指す方を対象に、

知っておかなければならない合格の仕組みについて

週1〜2回の割合で配信いたします。


まず、記念すべき創刊号の話題ですが、

今あなたがもっとも気にされている

『技術的経験論文』

について述べてみましょう。
 

この、技術的体験論文で一番大事な事って、

あなたは何だと思いますか?

それは、

「あくまでも試験官とのコミュニケーションであるということをキチンと認識すること」

です。

いくら文章がうまくても、いくら豊富な経験をつんでいても、

このコミュニケーションがヘタだったら、

合格はおぼつきません。

この、コミュニケーションって、

深く考えたことはありますか?


よく、勘違いしている人がいますね。

単にしゃべることがコミュニケーションだと。


ぜんぜん違いますよね。


自分の想いを相手に伝えるだけではなくて、

それを理解してもらうまでの一連のプロセスを総称して、

コミュニケーションとなっているんです。


なのに、

自分だけべらべらしゃべるだけしゃべって、

ちっとも相手のことを考えない人がいますが、

これはコミュニケーションをとっているとは、

とても言えたものではありません。


論文もそうなんです。

単に、書けばいい、というものではありません。

キチンとその内容を相手が理解してもらうまでが

論文なのです。


どのように表現したら相手に自分の事を理解してもらえるのか、

ということを常に念頭に置きながら、

構成を組み立てたり、言葉を選んだりしないといけないのです。


そのような意識をもって書いている論文と、

まったく無視している論文とでは、

ぜんぜんできばえが違います。


あなたも、是非、相手が読みやすいやさしい論文を

心がけてトライしてみてください。


きっと、書けますから。

技術士 合格の仕組み講座メールマガジン

発行周期: 週刊 最新号:  2018/11/10 部数:  767部

ついでに読みたい

技術士 合格の仕組み講座メールマガジン

発行周期:  週刊 最新号:  2018/11/10 部数:  767部

他のメルマガを読む