こよみ屋のHappy Times(メルマガ版)

こよみ屋の Happy Times(メルマガ版) vol.26 平成29年12月18日


カテゴリー: 2017年12月18日
──────────────────────────────────────


        ☆ こよみ屋の Happy Times(メルマガ版)☆


──────────────────────────────────────
                  (平成29年12月)メールマガジン26号

いつもお世話になっております。

グレゴリオ暦今年最後の新月ですね。
普段、毎日のようにやってくる色々なメルマガを見て
ウンザリしていた事もあり、なかなか更新が出来ずにおりました。
皆様のお目汚しになってしまうかもしれませんが
最後までおつきあい頂けましたら幸いです。

【 今日のニュース 】───────────────────────────

☆「丸一年カレンダー2018」発売中☆

☆今日というスペシャルな日について☆

──────────────────────────────────────

☆「丸一年カレンダー2018」発売中☆

今年で製作12年目の新しい旧暦、丸一年カレンダーを発売中です。
たまに「なぜ左回りなのですか?」とご質問を頂いたり、
「右回りにして欲しい」とのご意見を頂くのですが
一日の情報をタテにお入れしているので左に流れていくのが
自然なんですよね。また、北極星から太陽系を見た時には
太陽の周りを地球が左回りに回っている(自転、公転共に)事から
丸一年カレンダーは左回りになっております。

陰陽で見ると右回りは陽、左回りは陰との見方もあるそうです。
時計を筆頭に人工物は右回りの物が多いので現代社会は陽の傾向が強まっていると
言えるかもしれませんね。意識的に左回りを生活に取り入れる事で
リラックスした、自然と溶け込むような時間を取り戻す事が出来る気がします。

気象庁内の本屋さん、農家の方向けの本屋さんというマニアックな所で
お取り扱いを頂いている事も嬉しい限りです。(一般認知がイマイチ?(T-T))

「丸一年カレンダー2018」を御注文時、ご希望の方には今年の
カレンダーを同梱しておりますので通信欄に「17冬同梱希望」と
お書き添え下さい。今年のカレンダーが残り僅かになりましたので
ご希望の方はお早めにお申し付け下さい。

http://www.koyomiya.com/kyureki/maru1/index.html

──────────────────────────────────────

☆今日というスペシャルな日について☆

今日(西暦12/18)は新月です。
旧暦では霜月朔日。
そして13の月の暦では「月の創世記」(KIN209~260)に入りました。
「新月」と「月の創世記」がシンクロするという興味深い始まりの日です。

この52日間は、人類の歴史の5200年とも対応しています。
一日が約20年、今日KIN209が5200年前の20年、
そこから毎日20年ずつ進みます。
最終日KIN260 西暦2/7の日は1993年〜2012年の20年。
(お持ちの方は『新しい時間』P126、127をご参照ください)

一日一日イメージの力で歴史を清めていくと、
人が本来持っていた能力を呼び起こされ、
自然や宇宙とシンクロした時間を生きれるようになるのかも知れませんよ。

「13の月の暦」では、今は「律動の月」ですから
リズムに乗って、浄化と創造の素晴らしい時間にしていきましょう。

「13の月の暦」も好評発売中です。
http://www.koyomiya.com/13moon/index.html

──────────────────────────────────────

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この秋からこよみ屋ではジョギングが流行中です。
週に何度か、近くの公園1周5キロを歩いたり走ったりしています。
秋から始めたので木々の色やキンモクセイ、銀杏の香りなど日々の植物の変化、
朝の澄んだ空気を楽しんでいます。

先日、学芸大学の先生のウォーキング教室に参加したのですがポイントは3つ。
腕は前に振るのではなく、肩甲骨を意識して引くようにする。
骨盤を前に出すようなイメージで脚を出す。上半身が骨盤の真上にくるように歩く。

これから更に寒くなるので続けられるかどうか分かりませんが(^_^;)
無理せず楽しみたいと思います。

☆引き続き素敵な時空の旅を~☆
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

──────────────────────────────────────
こよみ屋の Happy Times(メルマガ版)

発行:こよみ屋
ホームページ:http://www.koyomiya.com
ご意見・ご感想:wa@koyomiya.com
バックナンバー・配信停止:http://archive.mag2.com/0000272991/index.html
──────────────────────────────────────

こよみ屋のHappy Times(メルマガ版)

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/18
部数 1,082部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

こよみ屋のHappy Times(メルマガ版)

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/18
部数 1,082部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング