映画から学ぶ人生の物語

風の谷のナウシカ

○○○「映画から学ぶ人生の物語」○○○

「人生という物語は映画と同じ展開をする」という仮説を元に

神話と人間の深層心理のつながりを論じたユングの説明を参考に、

人生と物語・物語と神話・神話と映画・映画と人生との関連性を勝手に述べながら、

これを読んでくれた人のこころが少しでも軽くなればいいなと思い書きます。

感謝してます。



○○○○○○○○○○○○○○○○○○
	

今日の映画   「風の谷のナウシカ」


ヒーローは辺境から現れる?


○○○○○○○○○○○○○○○○


おはようございます。


寒い日が続きますね。そろそろ花粉症の季節なので


いいマスクがないか探している今日この頃です。


今日の映画は宮崎駿さんの作品です。


○○○○○○○○○○○○○○○○


私が中学生のころ上映され映画館まで行った記憶のある作品ですので
思い入れは深いです。


このメルマガは映画評論をしているわけではないので、
いつものように内容には触れません。


この映画のポイントはサブタイトルにあるように
ヒーローは辺境から現れるということです。


どういうことだと思いますよね。


スターウォーズでもそうですが、
どのヒーローものの映画でもいつも辺境から現れるということです。


○○○○○○○○○○○○○○○○


「人生という物語は映画と同じ展開をする」


という仮説のもとにこのメルマガを書いているのですが
それは深層心理とリンクしていると考えているからです。


ヒットする映画などは神話をモチーフにして作られているわけなんですが、
通常二時間で、自分の人生と同じような展開を見せられるから
感動するのであります。


そういう風に作られているということですね。


また、神話が発しているメッセージというのは
人間の意識の成長進化と呼応している
と感じたのでこのメルマガをはじめました。


つまり、映画でおきることは自分の人生でも
起きますし、すでにおきてます。


今回のテーマは、自分を救うヒーローというのは
自分の思ってもいない側面、つまり辺境に存在すると考えられます。


○○○○○○○○○○○○○○○○


この場合、辺境とは自分の思ってもいない性格の部分を示します。


普段はおとなしい温厚な性格だと思っている人が、
趣味の世界ではエネルギッシュで行動的な側面を
持ち合わしていたりします。


また、仕事ではバリバリ・ガツガツ営業している人が、
家では料理をして繊細な盛り付けを好んだり
お花が好きだったりします。


自分を救うことのできるヒーロー性は意外な側面が
影響しているといえます。


実際に自分で自分のことをいろいろ規定して
普段生活しているわけですが、意外と自分の知らない性格や
押さえつけている部分が意識の成長を助けていることがあります。


私事ですが、普段は男らしくしようと思っています。
何事にも積極的で行動力ある側面を前面に出しています。


高校時代は剣道で鍛えたし、仕事でもリーダーシップをとるために
先頭きって指示采配したり、とっても強がっています。


しかし、それでは救われませんでした。


自分自身を救った側面は、
内気で人見知りし、引きこもっていたい自分です。


そういう側面を認め、活用することで
強がっていなくていいけない自分を押さえつけるとことやめました。


自分の中の女性性に気がつき、
コロンをつけたり、肌にクリームを塗ったりすることで
ますます自分が好きになりました。


○○○○○○○○○○○○○○○○


そういう自分では思ってもいなかった側面が
いまの自分の仕事につながっております。


化粧品などを販売するとは思ってもいませんでいたが、
取り扱っていてとっても楽しいのです。


自分でも使っているし、使ってもいただいた人には感謝されております。


やっと天職を見つけたのかなくらいに思えるくらい
日々充実してます。


自分の思ってもいない性格が、自分を救ってくれたのでした。



○○○○○○○○○○○○○○○○


自分自身が嫌いな方へ。


自分の以外な側面が、自分を救うヒーローかもしれません。


自分の嫌いな部分を今一度見つめなおしてみてはいかがですか?


自分自身がかわいいと思えたら、それはヒーローの出現です。


その部分がかならず自分を救ってくれるヒーローに成長することでしょう。


今回もお読みいただきましてありがとうございました。





次回は、「最高の人生の生き方」です。


サブタイトルは、フィッシャーキングの傷を癒す方法です。


人は幼いころ、ちょっとしたことで心に傷を負います。


それをフィッシャーキングの傷といいますが、
癒す方法があるのです。


ではまた次回。ありがとうございました。



○○○○○○○○○○○○○○○○

別のメルマガです。

http://www.mag2.com/m/0000280461.html



「無人島でも生き残れるフィッシング・マーケティングのすすめ」

マーケティングを知っていれば、自分でビジネスを起こせます。


これからの時代は、大企業依存から中小企業自立の時代になると確信してます。


それにはマーケティングの知識が必要ですが、それは魚釣りと同じ要領だと思ってます。


その魚釣りとマーケティングをリンクさせ、

かつ現代の殺伐とした社会を無人島にたとえて説明していきます。


なお、もう起業して成功してしまった人には
このマガジンは必要ありません。

まだ自立できていない会社員と
ご主人に依存している主婦に読んでほしいと考えてます。

無人島でも生き残れるような強さを身につけ

一緒にこの混沌とした社会に一筋の光を見出して

いけたら楽しいなと思い書いている次第です。



http://www.mag2.com/m/0000280461.html



○●○●○●○●○●○●○●○●○●

もう一個のメルマガです。

「実践・心の師匠から学んだ人生の智慧」


http://www.mag2.com/m/0000280314.html


○●○●○●○●○●○●○●○●○●


今まで自分の人生に影響を与えてくれた先生を「心の師」として仰ぎ、

その教えが混沌に生きる現代人に少しでも糧になればいいなと思い、

実践してきたことをお伝えしていきたと思います。

「心の師」とは、安教授(大学時代の恩師)

佐藤忠志先生(浪人時代の恩師)

中村天風先生(大哲人)安岡正篤先生(漢学者)

船井幸雄先生(経営者・コンサルタント)

斉藤一人先生(名経営者・日本一の納税者)

小林正観先生(日本一の講演者)です。

http://www.mag2.com/m/0000280314.html



○○○○○○○○○○○○○○○○

ありがとう・ありがとう・ありがとう

○○○○○○○○○○○○○○○○○○

http://ameblo.jp/hat569932/
こちらはブログです。色即是空の「空」とはなんぞや
という旅に出ています。「幸せ見聞録」です。
○○○○○○○○○○○○○○○○○○
通販もしてます。船井幸雄グループ 本物研究所
本物商品販売店「しきそくぜくう」
http://www.sikisokuzekuu.com/
○○○○○○○○○○○○○○○○○○
メルマガ解除はこちらから、お役にたてれば幸いです。
http://www.mag2.com/m/0000272392.html

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む