〔分岐点〕モザイク社会のカナダに何が見える

生活保護

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


           【分岐点】
     ■モザイク社会のカナダに何が見える■
                                                   No.1552
                                                Dec.,8. 2014
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

みなさん
こんにちは「ひげタム!」です。

7日の日曜日には
バンクーバーのダウンタウンで
毎年恒例のサンタクロースのパレードが開催されました

ほとんど毎日雨が降っていたバンクーバーでしたが
なぜか?日曜日にはお天気が良く
大勢の人が沿道を埋めていました

カナダにおいてはクリスマスが1年間で最大のお祝いですから
もう街は、クリスマスムードで大いに活気づいています

街のあちこちでは、クリスマス・ツリーを売るお店もオープン
クリスマス飾りも綺麗ですね


◇---◇<今日のトピック>◇---◇---◇---◇--◇

<<カナダの今日のニュース斜め読み>

◆病院で医者が患者に暴力をふるわれる
◆ノースバンクーバーで落石
◆BC州教員組合の教員へ非公式のボーナス支給?

<<ひげタムのちょっと気になる話題?>>
         生活保護
        
◇---◇---◇---◇---◇---◇---◇---◇---◇---◇

●カナダの今日のニュース斜め読み●

…… カナダ、バンクーバーで起きた
 主なニュースを解りやすく解説します。……

◆病院で医者が患者に暴力をふるわれる

ペンティクトンの病院で医者が患者に暴力をふるわれ
大ケガをする事件が発生した。

金曜日、ペンティクトン・リジョナル・ホスピタルから
午後4時22分に警察に通報があり警察が病院へ

駆けつけ、医者に暴力をふるった精神病の30歳の男性を
逮捕拘束した。

殴られた医者は、顎の骨などを折る大ケガを負ったと
言うことですが、男性の暴れ方はすごかったと看護士が

証言している。病院では、月曜日の午後に公式に記者会見を
開き事件を説明すると言うことです。

◆ノースバンクーバーで落石

ノース・バンクーバー、リバーサイド・ドライブ、
ツインブリッジ近くで落石が発生し大きな岩がシーモア・

リバーに流れ落ち川の一部をせき止めている。
これにより川の水位が一部の場所で高くなっているところが

あると言うことです。
この落石で川の近くに住む住民の家が破壊されるなど

直接的な被害は出ていませんが、川の水位が上昇していることから
今後、大量の雨が降れば川が氾濫し洪水の危険もある。


また、気象状況の変化により再び落石が発生する可能性もあり
近くの住民は、不安な日を送っている。

◆BC州教員組合の教員へ非公式のボーナス支給?

BC州教員組合の代表Jim Ikerは、今年の夏に行われた
教員組合のストライキで賃金カットとなった補填を

非公式のボーナスという形で各教員へ支給することを
明らかにした。

金額については、公表されていないがBC州政府が
拠出した金額は、1億500万ドルですでにチェックは、

郵送されていると言うことで近々、チェックを
受け取ることになると説明している。


▼ カナダの世相を反映する出来事、
          知ってて得すること
              いろいろ発信します。▼


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
|                        
|   ●●● カナダの日本語ラジオ放送 ●●●
|
| ▼カナダの日本語ラジオ放送が24時間いつでも聴けます。▼
|
|     ホームページのアドレス:
|        http://www.czoom.net
|
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【分岐点】━┛

~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~


■□■ ひげタムのちょっと気になる話題? ■□■

千円ぜいたくも我慢 衆院選 生活保護、最大の削減幅

 「近所の中華料理店で月一回、ラーメンと中瓶のビール一本を注文するのが
楽しみ。千円ちょっとのぜいたくかな」
 七年前から生活保護を受けている中村敬(たかし)さん(51)が、
人懐っこい笑顔を見せた。さいたま市西区のアパートで一人暮らしだ。
 高校卒業後、旧国鉄に入ったが民営化で解雇され、職を転々とした。
三十五歳でがんが見つかった。二千万円の治療費のための多額の借金を払えず、
四十四歳の時、自己破産に追い込まれた。
 「アパートに住めるだけいいけど、ぎりぎりだ」。ただでさえ切り詰めている
暮らしは昨年八月、さらに厳しくなった。厚生労働省が物価下落を理由に
段階的に生活扶助を引き下げ始めたのだ。
 二回目の今年四月の減額では消費税増税の開始と重なり、物価上昇分が
加算されたが、来年四月の三回目の引き下げを合わせ、削減額は計六百七十億円。
削減幅は過去に例のない平均6・5%。子どもが複数いる家庭では
最大10%にもなる。
 中村さんの場合、昨年八月に千円減った。月に一度のささやかなぜいたくを
する分に当たる。現在、毎月の生活費に充てる生活扶助が約八万一千円、
家賃に充てる住宅扶助が約四万七千円支給されている。十一月から冬季加算と
して約三千円が上乗せされたが、灯油代を節約してストーブは寝る前の
一時間しか使わない。
 中村さんは「少しでも困っている人を助けたい」と、貧困に苦しむ人たちの
相談に乗っており、携帯電話代がかさむ。光熱費と水道代を払えば、
生活扶助の半分を超える。このため、食費は月三万円と決めている。
自炊でも一日一食か二食しか取れない。毎月、手元に残るのは五千円ほど。
来年四月以降、それすらも難しくなる恐れがある。
 「憲法が保障する生存権に違反していないか」。八月、中村さんら
埼玉県内の三十~七十代の生活保護受給者二十五人が、国とさいたま市に
引き下げの取り消しなどを求めて提訴した。同様の集団訴訟は他に千葉、
愛知県などでも起こされている。
 十一月十九日、傍聴席が全て埋まったさいたま地裁の法廷に中村さんは立った。
がんは今も肺、胃をむしばみ、医師からは「余命半年」と宣告された。
治療は、病院側が国の未承認の新薬を使う条件で無料だが、先の見えない
暮らしを続ける窮状を証言席から訴えた。
 「この裁判に勝つことができ、それまで生きられたのであれば、私は他の
原告や支援者の方々と一緒に、趣味の映画観賞をしたい。
それが今の私の願いです」
 中村さんのテレビは今年の夏の落雷で壊れ、修理できないままだ。 
(菊谷隆文)

<生活保護> 憲法25条の「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の
生活を営む権利を有する」を保障するため、1950年に生活保護法が
制定された。受給者は95年に過去最低の約88万人だったが、近年は
リーマン・ショックなどの影響で増え続け、今年9月現在、
約216万5000人。保護費の本年度予算は過去最高の3・8兆円。
国が75%、自治体が25%負担する。事実上、受給者の増加に予算が
追いつかず、1世帯当たりの受給額は減る格好となっている。
(東京新聞)


では
また明日。



★☆★
  お友達でまだメルマガを購読していない人がいましたら
        是非、購読をお 勧めください。
               ★☆★


----------------------------------------------------------------------
メールマガジン:【分岐点】モザイク社会のカナダに何が見える
 発行責任者:田村 富士夫
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000270434.html

◎〔分岐点〕モザイク社会のカナダに何が見える
 のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000270434/index.html
----------------------------------------------------------------------

〔分岐点〕モザイク社会のカナダに何が見える

発行周期: 平日日刊 最新号:  2017/05/25 部数:  514部

ついでに読みたい

〔分岐点〕モザイク社会のカナダに何が見える

発行周期:  平日日刊 最新号:  2017/05/25 部数:  514部

他のメルマガを読む