ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!

【NY1】露見する、日本のデフレ不況

カテゴリー: 2019年01月17日
---------PR---------------------

投資・経済・語学分野の【全面広告】募集中!
まぐまぐメルマガ1万部に『号外配信』
メルマガ号外広告、ビジネス広告を受付中。
初回割引きあり。
http://www.movie-marketing.jp/koukoku2

---------------------PR---------



■□ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!■□
 まぐまぐ殿堂入りメルマガ ほぼ日刊 1万部


今日のネタ
露見する、日本のデフレ不況



【メルマガ読者登録(無料)・登録解除】
http://www.movie-marketing.jp/melmaga-koukoku

まぐまぐ殿堂入り・「MONEY VOICE」採用メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000270230.html

【号外広告のお問い合わせ】080-1721-5482(随時)
http://www.movie-marketing.jp/koukoku2



------きょうのご挨拶---------------------


こんにちは。児島です。

最近、希望退職の募集や、閉店が、
目立ってきました。

日本では、依然として、
デフレ不況が続いているわけで、
いくら失業率が低いとか、
株価が高いと言っても、
不況の深刻化は、隠しようがありません。

きょうのメルマガです。


----------------NewYork1本勝負-----------



■アルペン、昭文社など、希望退職募集が続々


アルペンの300人希望退職、
地図・ガイド本の昭文社の希望退職などが、
話題になっているように、
業績悪化にともなうリストラが、
本格化しています。


また、昨日は、苦戦が伝えられていた、
サンドイッチチェーン「サブウェイ」の
首都圏のフランチャイズ、
エージー・コーポレーションが破産。


これまで、経営は、盤石とみられてきた、
サンマルクカフェなどを展開する
サンマルクも、業績の変調で、
株価が大幅安となっています。


大塚家具は、言うに及ばずで、
つまり、超デフレ価格よりも、
少し「高め」の価格で展開する企業が、
軒並み、ダメージを受け、
影響が出てきているのです。

吉野家も、そうですね。


「高め」といっても、ほんの少しで、
日本の消費者が、ほんの少しに、
ついてゆけなくなってきているわけです。


不振には、それぞれ理由があり、
超デフレ価格で、
うまくやっている企業も、
あるわけですが、

実際のところ、
日本は、本当は人手不足ではなくて、
雇用がだぶついており、
可処分所得が上がらずに、
むしろ、厳しさを増しているわけです。



■たぶん、外人は「サブウェイ」不振に驚く


サブウェイの不振には、おそらく、
外人は、驚くでしょう。


日本人は、サブウェイでも、高いのか?


こんな感じでしょう。


NYに長期滞在しますと、
サブウェイは、たいへん重宝します。


だいたい、
駅周辺の目立つところに
あったりしますし、
何が、いくらか、価格が明瞭です。

接客も、きっちりしています。


確かに、立地は、
外国のサブウェイの方が、
いい場所にあります。


これは、日本では、スタバ、
タリーズ、ドトール、マックなど、
立地争いが、厳しいためでしょう。


外国では、日本みたいに、
全部そろっている、というのは、
少ないですから、
おのずと、サブウェイが、
いい場所を押さえることが、
できるのでしょう。


NYの食事では、デリのような、
セルフタイプでも、
10ドル以内というのは、
なかなか、ないのです。


デリでも、すぐ、10ドルは、
超えてきますし、
レストランとなれば、
それほど、良い所ではなくても、
もっとしますから、
サブウェイは、目立つわけです。


それで、だいたい、
どこのサブウェイも、
人気を集めているわけです。


日本での不振について、
内装の問題を、
指摘されたりしていますが、
確かに、日本の比較では、
そうなのですが、

外国の人気店のサブウェイが、
特に、いいかというと、
店舗は、日本のサブウェイと、
同じような感じなのです。


おそらく唯一、違う点は、
外国の場合、
作る側の店員さんがアバウトで、
客側もアバウトで満足し、
それでいて、
店員さんが楽しそうに、
美味しそうなサンドをつくってくれる、
ということですね。


日本では、双方が、
律儀すぎるということが、
あるのでしょう。


話が長くなりましたが、
外国の場合、日本のように、
デフレが激しくないので、
NYなどのサブウェイは、
レストラン価格との比較感で、
十分、競争力があるということです。


こう書くと、日本でも、
スタバは、お客さんが多いではないか、
という話になるのですが、
スタバは、仕事や勉強の
滞在型となっていますから、

飲食店と言うよりも、
「場所貸し」要素が、大きいですね。


また、日本のスタバが、
世界的に見ても、
大きく進化したのも、確かです。



■日銀の株価かさ上げで、デフレをごまかし


結局、日本のデフレ不況は、
戦後最悪レベルで、
激しいものなのですが、
日銀が、株式(ETF)を
大量に買ったりして、
株高などでごまかしている、
ということです。


先日、DIAMOND onlineの記事で、
日銀が「大株主」になる企業100社ランキング!
(2017.9.21、ダイヤモンド・オンライン)
をみかけたのですが、
驚くべきデータが、紹介されています。


2017年8月末時点で、
ファーストリテイリングの浮動株では、
63.2%を日銀が保有しているとのこと。

また、日銀が、浮動株の、
2割、3割保有というのが、
ずいぶん出ていました。


それで、この記事は、
2017年なのですが、
その後も、日銀は、1日に約700億円とか、
株式ETFを買う日も、ありますから、
どんどん、もっと、
保有が増えているわけですね。


もうこれは、ほとんど、「買い占め」と、
言えるのではないでしょうか。


日銀の株式ETFの購入がなければ、
自然な日経平均の株価は、
かなり低いはずです。


株価が高いから、
景気は良い、という話にしているわけで、
これは、株価をゆがめて、
景気認識をゆがめているわけです。


こういうわけですから、
実際のところは、
日本のデフレ不況が激しいというのは、
国民感覚や、街中の様子の方が、
正しいと言えるでしょう。


いくら、日銀が、
株価だけ、持ち上げてみたところで、
デフレ不況は、隠しようがない、
ということでしょう。




【まぐまぐ大賞2018】
マネーボイス部門トップ10入り
ニューヨーク1本勝負「連動メルマガ」
http://www.mag2.com/m/0001682243.html
毎週金曜日+緊急市況メール



【編集後記】
ちょっと、日本経済は、
大変なレベルですね。

さて、期間限定で提供しました、
「景気サイクル2019」ですが、
紙の印刷の分が、少し余裕があります。

今の時代は、どうしても、
ダウンロードが、人気ですね。

紙の印刷をご希望の方は、
少し余裕がありますので、
よろしければ、メール下さい。
(児島)


「景気サイクル2019」※研究20年。

なぜ、景気サイクルは予想できるのか?
1960年代から、その詳細を、
明らかにします。

15,000円(税込)
印刷版+希望者は1回レクチャー

<↓↓お申込みEメールアドレス>
y-k-com@ck9.so-net.ne.jp
(児島)



◇ビットコイン「投げ銭」して下さる方は、
こちらのビットコイン・アドレスへ。
3Pc5T9EmbZtx4mdsaPrSfxWhzvaNPdmFBN


※このメルマガは、長期の景気循環を念頭に、
経済のファンダメンタルズについて書いたもので、
短期的な個別株式、為替の値動きを示唆するものではありません。
※情報の収集には、万全を期しておりますが、
記事による、いかなる損失にも、責任を負うことはできません。


-----------------------------------


長期景気予測:上昇(20年〜30年単位)
中期景気予測:円高・株安


■超長期の景気循環コンドラチェフサイクル

ロシアの経済学者コンドラチェフが
発見した、資本主義の超長期周期の
経済サイクル。
1929年のウォール街大暴落、
2008年リーマン・ショックと、
約70年前後とされる、大きな
景気変動の周期が存在しています。
http://archives.mag2.com/0000270230/20170227071449000.html


■景気対策には、GDPの増加が不可欠

低成長でも、良いではないか、
デフレでも良いではないか、
というのは、大きな間違い。
日本衰退・貧困化で、国民の
生活は、生存権ギリギリの
状態に転落するからです。
貧困を防ぐには、GDPの成長が
必要です。
http://archives.mag2.com/0000270230/20170104083716000.html


■コンサルタントが言う、グローバル化が失敗したわけ

グローバル化、自由競争は、各国が
個人消費を増やし、良好な経済で
あることが、公平性の前提です。
個人消費が低迷する国が、
輸出で一方的に儲けるのは、
隣の畑が良いからと、土足で
入っていくようなものです。
http://archives.mag2.com/0000270230/20170124085004000.html


■トランプ大統領は、なぜ中低所得層に人気なのか?

トランプ大統領の政策は、荒唐無稽に
とらえられていますが、実は正しい。
トランプ大統領は、NYでも、
クイーンズ出身。
経済政策の何が正しく、何が正しくない
かが、見えているのです。
http://archives.mag2.com/0000270230/20161116101411000.html



-----------------------------------


■フェイスブック
https://www.facebook.com/yasutaka.kojima.official


■VALU
https://valu.is/nikotama0001/data


■インスタグラム
https://www.instagram.com/kojima.yasutaka/


■ツイッター
https://twitter.com/nikotama0001


■ユーチューブ
https://www.youtube.com/channel/UCgdeapIXT37nrWkveH0QJvw


■ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!連動メルマガ
月額324円の有料メルマガも発行しています。
「連動メルマガ」も、お楽しみください。
http://www.mag2.com/m/0001682243.html
月額324円(税込)毎週金曜日+号外配信あり


-----------------------------------



東京の動画制作会社
日本Web動画マーケティング
http://www.movie-marketing.jp


中近東エアラインに強い実績!
キャビンアテンダントスクール「スカイーアリ」
https://www.youtube.com/watch?v=t6eKi8-jon0
http://sky-ali.com/


プラスチック試作の荒川技研(株)
「プラスチック試作」でご検索下さい。
http://www.a-giken.co.jp/
https://youtu.be/Le40QdbT2X0


柔道整復師・鍼灸師など人材募集「ほねごり」
https://www.youtube.com/watch?v=bq8hJJ9ZkVA
http://www.honegori-group.com/recruit/


動画戦略に、ご関心のある方は、弊社までお問い合わせ下さい。
080ー1721ー5482(担当:児島、24時間OK)
http://www.movie-marketing.jp


-----------------------------------


まぐまぐ殿堂入り・「MONEY VOICE」採用メルマガ
『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』
                約1万部

■メルマガ発行 

東京都港区南青山5丁目17ー2 表参道プラザ
日本Web動画マーケティング 児島康孝
http://www.mag2.com/m/0000270230.html

Eメールアドレス 
y-k-com@ck9.so-net.ne.jp

号外広告のお問い合わせ 080-1721-5482(随時)
http://www.movie-marketing.jp/koukoku2

メルマガ読者登録
http://www.movie-marketing.jp/melmaga-koukoku

成城ねっとTV 
http://seijo-net-tv.com

◇ビットコイン「投げ銭」して下さる方は、
こちらのビットコイン・アドレスへ。
3Pc5T9EmbZtx4mdsaPrSfxWhzvaNPdmFBN



-----------------------------------

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/20 部数:  10,651部

ついでに読みたい

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/20 部数:  10,651部

他のメルマガを読む