ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!

超長期の景気循環、コンドラチェフサイクル

カテゴリー: 2017年02月27日
月額5000円の動画マーケティング!
東京の動画制作会社 日本Web動画マーケティング
http://www.movie-marketing.jp

■□ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!■□


今日のネタ
超長期の景気循環、コンドラチェフサイクル


【メルマガ登録(無料)・解除】
http://www.mag2.com/m/0000270230.html
まぐまぐ殿堂入り・「MONEY VOICE」採用メルマガ

【号外全面広告】お問い合わせ080-1721-5482(随時)
http://www.movie-marketing.jp/melmaga-koukoku


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。児島です。
去年のメルマガでも、お伝えしましたが、
コンドラチェフサイクルにご興味のある方が
多いようですので、再び、メルマガにまとめます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■超長期の景気循環、コンドラチェフサイクルとは

コンドラチェフサイクルとは、約100年前の、
ロシアの経済学者、コンドラチェフが、分析したものです。

西側・資本主義国の景気が、超長期のサイクルを持っている
点を分析したものです。

この長期波動の理論は、現在も、多くの経済専門家の
支持を集めています。

簡単に、ご説明しますと・・・

50年~70年の、経済サイクルの前半(30年間ぐらい)は、好況。

サイクル後半(30年間ぐらい)は、不況というサイクルです。


■ニコライ・コンドラチェフ(1892-1938)

経済学者コンドラチェフは、1917年のロシア革命のあと、
新しい政権の要職も務め、初期ソビエト政権で経済学者として活躍。

しかし、集団農場への批判などで、
スターリンの粛清の対象となり、銃殺されました。

ソ連の悲劇の経済学者です。


■サイクルの見方は、少々難しい

このコンドラチェフサイクルですが、経済恐慌の周期に、
ぴたりと、あてはまります。

このため、現代の、欧米の投資関係者の間でも、信奉者は多いです。


一方で、1つのサイクルの起点や終点を、何年から始まったとみるかは、
エコノミストの間でも、見解が異なります。

ある人は、○○年からが、サイクル開始といい、また、別のエコノミストは、
△△年からが、サイクル開始と言います。

このため、本によって、期間や、サイクルのあてはめ方が、
違ったりしてきます。

あの本では、こう書いているけど、こっちは、こうだった、
という感じです。

ですから、きっちり、何年から、と決めるよりも、社会情勢などを
勘案して、おおむねの「時間の帯」で考える方が、よいかと思います。


■2017年は、どの位置?

2017年を考えるうえで、
まず、前回のサイクルの起点をどこにするか、です。

1929年のNYウォール街の大暴落と世界大恐慌。

1939年~1945年の第二次世界大戦。

この頃は、明らかに、経済サイクルの「底」ですね。

悲惨な経済状態、経済恐慌です。


そして、その後、戦後の日本では、神武景気が始まりました。

ネーミングは、始まって以来の好景気、という意味でした。

この神武景気は、1954年末(昭和29年)~1957年(昭和32年)です。


そして、次も好況が訪れます。岩戸景気です。

岩戸景気は、1958年(昭和33年)~1961年(昭和36年)。


さらに、いざなぎ景気は、
1965年(昭和40年)~1970年(昭和45年)。

この頃は、明らかに、経済サイクルの循環は、上向きです。


これらの好景気のうち、神武景気は、白黒テレビ・電気洗濯機・電気冷蔵庫が
「三種の神器」といわれた、空前の好景気でした。

この神武景気と、岩戸景気の間には、「なべ底不況」がありますが、
不況の長さは、短いです。

コンドラチェフサイクルでは、上昇期の不況は、軽く済むのです。
(逆に、下降期の不況は、恐慌になりやすい。)

こうした流れをみますと、これらの景気の良い時期は、
コンドラチェフサイクルは、上昇しています。


こうした変化を見ますと、実体経済の上向きの起点は、
1945年~1950年前後が、妥当となります。

場合によっては、1935年~1940年ごろに、既にサイクルは
底を打っていた、という見方もできます。


その後の、日本のバブル崩壊が、1990年。

神武景気から見ますと、やはり、いい時期は、30年余り、です。

いい時期が、起点からみて、後ろに、ずれているように見えるのは、
サイクルの上下の向きと、実際の景気の相対的な水準が、異なるためです。

たとえば、上向きでも、まだ相対的に下の方に位置すれば、
景気は厳しいですし、
逆に、下降していても、まだ、相対的な水準が高ければ、
「好況の温度が残っている」ような感じであるためです。


ですから、1990年のバブル崩壊は、その前に、既に景気循環は、
下降していて、それが実感できるレベルになった、ということです。

おそらく、景気循環のピークは、1980年代であったのでしょう。

1980年代から、30年から35年ぐらいの、下降期が始まっている
わけです。

その後の、証券・銀行危機、デフレ不況、リーマンショック。

厳しい景気循環の下降期でした。


それで、ようやく、現在は、下降期が終わった、という頃です。

終わっても、相対的なレベルは、低いので、まだ経済は、厳しいです。

1990年のバブル崩壊の頃が、相対的には、ましだったのと、
逆の場面でということで、同様です。

おそらく、リーマンショックが、下降サイクルのダメ押しだったのでしょう。

場合によっては、グラフの方向性だけに限れば、上昇が始まりつつある
時期だった可能性もあります。

グラフの方向性にかかわらず、
景気の相対的な水準が低い時期ですので、激しい恐慌が起きやすいというわけです。


1945年から計算しますと・・

1945+60=2005

1945+70=2015

サイクル70年説をとれば、2015年が、転換点です。


1980年代が上昇期のピークとして、30年~35年後でみますと、
やはり、2010年とか、2015年とかになります。

そして、今後は、景気は急速に良くなり、10年後には、神武景気のように、
いわゆる、国が始まって以来の、空前の好景気が起きていることになります。

ちょっと、信じ難いですが・・

1990年ごろに、ここまで日本の景気が悪化するのが、予想しにくかったのと、
同様です。

今度は、逆なことが、起きるわけです。

今は、1945年と同じで、国民生活は苦境にあるのですが、
これから、30年ぐらい、2050年ごろまでは、
日本の景気は、非常に良くなることを示しています。

ちょっと信じにくいですが、これまでの恐慌状態の逆、ですね。


■転換期には、産業革命が起きる

そして、恐慌状態から、経済が上昇するときには、
産業革命が起きます。

めざましい、発展が、起きるわけです。

AI(人工知能)なのか、水素なのか、何かが、きっかけとなり、
産業が飛躍するわけです。

前回は、コンピュータ革命といわれています。


最近の日本は、貧困化を背景に、痛ましい事件も相次いでいますが、
もう少しで、社会が変化するはずです。

サイクルが、あと5年先だった、といわれれば、がっくりきますが、
たぶん、株価が、既に先行して高い水準にあるので、
上昇への転換点は、既に過ぎているでしょう。



【編集後記】
欧米勢に一矢を報いる手法にご関心がある方は、
こちらのラインナップをどうぞ。

【アルゴリズムトレードの弱点発見!ノウハウ】
http://www.movie-marketing.jp/055a

【バルーンFX】雇用統計・FRB・ECBで30pips狙う
https://coconala.com/services/184185 (クレジットカード対応)
http://www.movie-marketing.jp/balloon

【バルーンFX】雇用統計・FRB・ECB/『当日の朝』編
http://www.movie-marketing.jp/balloon3

雇用統計で5pipsを高確率でゲット【売り編】
https://coconala.com/services/149100
雇用統計で5pipsを高確率でゲット【買い編】
https://coconala.com/services/149090


・・・・・・・・・・・・

東京の動画制作会社
日本Web動画マーケティング
http://www.movie-marketing.jp

キャビンアテンダントスクール「スカイーアリ」
中近東エアラインに強い実績!
https://www.youtube.com/watch?v=t6eKi8-jon0
http://sky-ali.com/


プラスチック試作の荒川技研(株)
「プラスチック試作」でご検索下さい。
http://www.a-giken.co.jp/
https://youtu.be/Le40QdbT2X0


動画戦略に、ご関心のある方は、弊社までお問い合わせ下さい。
080-1721-5482(担当:児島、24時間OK)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まぐまぐ殿堂入り・「MONEY VOICE」採用メルマガ
『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』

メルマガ発行 
東京都港区南青山5丁目17-2 表参道プラザ
有限会社にこたま投資コンシェルジュ 児島康孝

メールアドレス y-k-com@ck9.so-net.ne.jp
成城ねっとTV http://seijo-net-tv.com
号外広告のお問い合わせ 080-1721-5482(随時)
http://www.movie-marketing.jp/melmaga-koukoku

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/03/19 部数:  10,638部

ついでに読みたい

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/03/19 部数:  10,638部

他のメルマガを読む