石平(せきへい)のチャイナウォッチ

「ポスト重慶事件」で加速する中国の資本主義化

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
2012.06.14 No.183号 
╋■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
~誰よりも中国を知る男が、日本人のために伝える中国人考~
石平(せきへい)のチャイナウォッチ
http://www.seki-hei.com
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
=★==========================================================★=
■ 「ポスト重慶事件」で加速する中国の資本主義化
=★==========================================================★=

6月8日、重慶市で開かれる政府主催の「民営経済発展大会」で、
市共産党書記の張徳江氏は「旗幟鮮明にして民営企業家の合法的権益を守ろう」
とする講話を行った。彼はさらに、市として今後、
民営企業家の「財産権」を守るために有効な措置を講じるとも表明した。

「資本主義の敵」であるはずの共産党の幹部は、
民間企業家=資本家の財産権を「旗幟鮮明にして」
守ることを宣言しているのは滑稽にも聞こえる矛盾だが、
この「宣言」の背景にあるのは当然、
張氏の前任である重慶市前共産党書記の薄煕来氏の暗影である。

今年の3月までに重慶市トップとして在任中の四年余、
薄氏は黒社会撲滅運動(打黒)を展開する一方、
貧富の格差の拡大に歯止めをかけるような諸政策を講じてきた。
だが、「持たざる者」から歓迎されたそれらの諸政策は逆に、
重慶市の「持てる者」を不安に陥れた。特に「打黒運動」の中では、
多くの民間企業家は「黒社会関係者」として逮捕されて財産も没収された。
四年余の「薄煕来時代」は、民営企業家にとってまさに「受難の時代」だった。

薄氏が重慶でやったそれらことは、
元を正せばむしろ共産党本来ならの伝統的政策である。
「持てる者」から奪って「持たざる者」を救済するというのは、
まさに毛沢東たちの起こした共産主義革命の「王道」だったのではないか。
昔の「革命歌」が好きな薄氏は明らかに、
資本主義の根絶と「平等社会建設」を唱える毛沢東路線に返ろうとしていた。

だが薄氏の失脚後、党中央から派遣された新しい党書記の下、
いわば「脱薄煕来化」が強力に進められた。
「革命歌」の歌声がぴたりと止んでしまい、
「打黒」運動もあっさりと中止された。
冒頭の張書記の講話はまさに薄氏の政治路線に対する総清算である。

「民営企業家の権益を守ろう」
とする張書記の講話には実はもう一つの思惑がある。
去年から中国経済全体が減速を続けている中で、
各地方政府は地元経済の成長維持に躍起になってきているが、
重慶市もその例外ではない。
人気の高い薄氏の失脚後に市民の不満はますます高まってきている中で、
経済の安定維持は何よりもの急務だ。
上述の「民間企業家保護宣言」はまさにそのための経済安定策の一環であろうが、
その一方、重慶市政府はまた、交通・エネルギー・金融・水利・市政・医療・教育
などの領域への民間資本の参入を奨励する方針を打ち出した。

金融・市政・教育などの「社会主義国家」
の独占分野への民間資本への参入まで認めてしまうことは、
間違いなく中国の資本主義化の加速を意味するものだが、
この方針はもちろん中央政府の承認を得ている。
というよりもむしろ、成長の低迷に焦っている中央政府の方は率先して、
国家の独占分野への民間資本の参入を促して経済の活性化に繋ごうとしているのだ。
薄煕来氏の失脚で毛沢東回帰の「左派路線」が挫折した後、
未曾有の経済低迷を背景にして、
中央政府も重慶政府もいっせいに「右」の方へ舵をきり、
正反対の「資本主義路線」へと走り出した。

その一方、たとえば薄氏失脚後の重慶市では、
4月10日、5月29日、6月6日と続けて
大規模な抗議活動やデモ騒動が起きていることからも分かるように、
以前は薄煕来路線によって代弁されているような
民衆の不満をいかに吸収していくのかということは、
依然として重慶市の地元政府と中央政府にとっての大難題である。
社会的安定を図るのには経済の高い成長率を維持して行かなければならないのだが、
そのために推進した民営企業家重視の「資本主義路線」は
逆に貧富の格差の拡大に拍車をかけ、
民衆の不満のよりいっそうの高まりを招きかねない。
今後の共産党政権は一体どうやってこの根本的な矛盾を克服できるのか。

まさに手並み拝見である。

( 石 平 )

=★=【PR】=======================================================★=
┠──────────────────────────────────
╋╋…‥・    ・・‥‥…━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━
無料メルマガ┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信  ┃ 
登録はこちらから→ ( http://www.mag2.com/m/0000110606.html )

国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。
情報・戦略の観点から、また、リアリズムの視点から、
日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。
━╋…‥・    ・・‥‥…━━━━━━━╋━━━┯━━━━━━━━━

=★=【PR】=======================================================★=
誰よりも中国を知る男・石平
と、日本初の民間人国家戦略家・副島隆彦
がカチンコ対決!

『石平・副島隆彦 日中殴り合い対談』3枚組CDで発売!!!

http://www.seki-hei.com/sekisoe.html
:『石平・副島隆彦 日中殴り合い対談』3枚組CD

=★=【PR】=======================================================★=
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆  石平(せきへい)のチャイナウォッチ
◆
◆ 発行者へのご意見:http://www.seki-hei.com/contact/
◆ このメールマガジンは、「まぐまぐ」を利用して配信されています。
◆ このメールマガジンの友人、知人等への転送は自由です。
◆ ただし、ヘッダ・フッタ付きで転送してください。
◆ 配信停止は、http://archive.mag2.com/0000267856/index.htmlからできます。
━…━…━…━…━…━…━…━…━ http://www.seki-hei.com/ ━…━

ついでに読みたい

石平(せきへい)のチャイナウォッチ

発行周期:  隔週刊 最新号:  2017/06/02 部数:  13,743部

他のメルマガを読む