医療経営ノウハウ集

身だしなみの規制

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ 医科・歯科医院&病院経営者は必見!              2015/4/29号
■┛  『医療経営ノウハウ集』
┃       発行者:医療経営力向上委員会 Medioal(メディオール)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆★公式ホームページは現在リニューアル中です(近日公開予定)☆★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▲『開業医のための労務問題Q&A』Vol.72▽▲
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日の質問】

『髪型や服装などの身だしなみを規制することができる?』

最近、当院では若い職員が増えてきているが、それに伴い髪型や服装の乱れ
が目立つようになってきた。髪型はかなり明るい茶髪の者や、服装は制服の
うえに派手な上着、他にネイルアートをしている者もいる。クリニックは
医療を提供する場であり、派手な格好は患者の信頼を損なうため、就業規則
で規制したいと考えているが、問題ないか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日の回答/社会保険労務士 長友秀樹】

就業規則に身だしなみの規制を設けることに問題はありません。規制の合理
性に関する判断基準は業種等により異なるものであり、クリニックは他業種
より強い規制であっても許されると考えます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日のポイント】

●患者の生命や健康を預かる医療機関たるクリニックの職員が、世間常識で
みて派手な髪型や化粧をしていたり、職員によって統一感のない、かつ清潔
感のない身だしなみをしていたとしましょう。
 このようなクリニックは、患者に対し、自分の身体を預けてよいのかとい
う不安を抱かせてしまい、結果的に評判を下げ患者離れを引き起こしてしま
う恐れがあります。

●このため、クリニックが職員の身だしなみに関心を払い、統一感、清潔感
をもった髪型・服装などをするよう求めることは当然のことです。
 また、これを就業規則に定めたとしても何ら問題はありません。

●ところが一方で、身だしなみに対する価値観は世代間で移り変わるもので
あり、若年者層であれば医療従事者の間でも、明るめの茶髪や派手目の化粧
を正当なお洒落の範囲内と考える者はいます。

●また、本来的に髪型や服装は個人の自由によるものであり、企業がどこま
でそうした部分に踏み込んでいけるのか、という疑問も生じます。

●過去の裁判例では、こうした個人の自由も、雇用契約を結んでいるからに
は一定の制約を受けるものとされています。

●さらに、ハイヤー運転手や郵便局職員の口ひげや長髪について、企業経営
の必要性、特にサービス業のように顧客の心情に依存する要素が強い業種で
は、他業種に比べて強い規制があっても合理性があるという判断を示してい
ます。

●但し、上記裁判例でいうと一律に口ひげや長髪を禁止するのではなく、
異様、奇異なものに限られるとしています。

●このため、クリニックにおいて就業規則などに身だしなみの規制を設ける
場合は、職員の主観ではなく、患者の立場から不安や不快感を抱かせないよ
うな基準作りが求められます。



ご質問・ご相談がある場合は、長友社会保険労務士事務所まで
       ↓↓↓ 
E-mail:hnagatomo@nagatomo-office.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▲セミナー情報▽▲ 未定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、メディオールによる開催予定のセミナーはありません。
次期開催が決定次第、本メルマガにて告知させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 発行者 ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

医療経営力向上委員会 Medioal(メディオール)
ホームページ  http://www.medioal.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む