中国株投資レッスン

本土株式市場、商い閑散、当面は政策が頼り!!


カテゴリー: 2018年09月20日
////////////////////////////////////////////////////////////////
                   2018年9月20日 第544号

      「中国株投資レッスン」

      TS・チャイナ・リサーチ株式会社 田代尚機 発行
////////////////////////////////////////////////////////////////


     目次
     1.10月18日、日本株、中国株セミナー開催のお知らせ!!
     2. 本土株式市場、商い閑散、当面は政策が頼り!!
     3. 『中国株二季報 2018年夏秋号』の販売開始!!
    

1.2018年後半の日本株・中国株を斬る!!
 10月18日13:30~、日本株、中国株セミナーで講師を務めます!!

 マクロ経済、相場見通しが半分、個別銘柄が半分といった構成です。

 サンワード貿易株式会社主催の有料セミナーです。

 詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。
http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/10/18_ek/

2. 本土株式市場、商い閑散、当面は政策が頼り!!
 先週の上海総合指数は0.8%安。週足ベースでは3週連続の下落となった。

 指数ごとの動きを比べてみると、上海50指数は0.5%安だが、創業板指数は
4.1%安であった。小型株が売られ、大型株が相対的に堅調であった。

 前回のレポートでは、米中貿易摩擦の軽減でリバウンドするのではないかと書いた。
2000億ドルの追加関税措置は9月6日の意見徴収期間を終えているが、
未だに発動されておらず、一方で、米中協議が再開される見通しとなった。

 商務部は13日、定例のプレスリリースを行い、メディアからの質問を受けたが、
その中で、ロイター社は「アメリカのムニューシン財務長官は中国に対して貿易協議を
打診したとメディアが伝えているが、近々新たな協議を行う予定があるのかどうか、
また、長期に渡る貿易摩擦を解消することのできるような具体的な協議が
行われると信じてよいのかどうか」と質問した。

 これに対して高峰報道官は「米中貿易協議団はいろいろな形式で意思疎通を
図っており、各自関心のある問題について交流を進めている。中国側は確かに
アメリカ側の招待・要請を受けており、中国側はこれを歓迎している。現在、
いくつかの具体的な細かい部分について意思疎通を行っている。中国側は
貿易摩擦の激化はどちらの利益にもならないと認識している」などと答えている。

 追加関税措置は短期的には増税に等しく、景気への影響は大きい。
トランプ大統領は、ブラフで追加関税措置をちらつかせているのではないか
といった見方もある。米中貿易摩擦は短期的には解決されることはないかも
しれないが、アメリカ側の攻勢にも限界があるともいえよう。

 13日(木)の上海総合指数は1.1%上昇しており、市場はこれを好材料と捉えてはいる。
ただし、予想されたほどにはリバウンドは大きくなく、14日(金)には下げに転じて
しまっている。とにかく商いが増えない。資金が流入しないことには株価は上がらない。

 景気指標については、8日(土)に貿易統計、11日(火)に物価統計、12日(水)に
金融統計、14日(金)に経済統計が発表された。景況感に対するコンセンサスは、
輸出、固定資産投資は下振れ、物価、鉱工業生産、消費は上振れといった結果に
終わった。

 金融統計については金融機関のバランスシート上の貸出は増えているが、
オフバランスも含めると減っているといった状態で、引き続き金融レバレッジの
縮小が進んでいる。設備投資については急増が期待されているインフラ投資
(8月累計)が4.2%増で7月累計と比べると1.5ポイントも低下している。

 もう少し細かく見ると、水利管理投資は▲3.6%減で減少幅は2.9ポイント拡大している。
公共施設投資は3.0%増で1.3ポイント低下、道路輸送関連投資は9.3%増で
1.2ポイント低下、鉄道輸送関連投資は▲10.6%減で下落幅は1.9ポイント拡大
している。

 日本のマスコミは景気対策でインフラ投資が急増し、むしろ非効率な投資が増える
ことが心配だなどと報道しているところもあるが、足元のデータを見る限り、当局は
引き続き金融レバレッジの縮小を進めており、インフラ投資についても、質の
チェックが厳しく、金額ベースでは鈍化が続いているといった状態である。

 そもそも、7月23日に開かれた下半期の経済方針を決める会議(定調)では、
「財政金融政策の作用を更にしっかりと発揮するように、内需構造の調整を拡大し
実態経済の発展を促すこと、弱点部分の補強を巡り、後方からの支えを増強し、
民生に恵みをもたらすよう有効な投資措置を推し進めること」などの方針が
指示されたが、「農業生産でよく行われる大量の水を流す灌漑方式のような強烈な
刺激策は決して行わない。形成の変化に基づき、機会に応じて先を予測して
微調整を行う。ピンポイントで調整コントロールを行う。外部環境の不確実性にうまく
対応し、経済成長速度が合理的な範囲に留まるようにする。財政、金融政策を
協調して力を発揮させ、実体経済に対してさらに効果的で、マクロ経済の
大局のために力を発揮させる」といった点が付け加えられている。

 あくまでも、供給側改革を進め、金融リスクを縮小する中で景気に配慮するといった
程度である。

 景気が悪くなっているのは米中貿易戦争のせいではない。当局が供給側改革、
環境対策を強化しており、不動産バブル、金融レバレッジの縮小の手を緩めない
からである。市場では、そのことが改めて意識されているように感じられる。

 人民元対ドルレート基準値は8月28日に1ドル=6.8508元まで高くなった後は
少しずつ元安方向に動いている。人民元安見通しは根強く、人民元資産は
売られやすい地合いが続いている。
 
 2015年の大相場以降の最安値は2016年1月27日の場中で記録した
2638.30ポイントである。テクニカルにはここが破られると下落が加速する可能性が
高まることから、当局はここを強く意識していると多くの本土投資家たちは考えている。

 下げれば当局が対策を打ち出すとみられるが、それは国家隊の買いか、
資本市場改革か、それとも新たな景気対策なのか?それに、米中協議の進展が絡む。
今週の相場の焦点は、当局がこの下値を死守できるかどうかである。
(9月15日作成)

【本土株下落の要因は他にある!!】
 グローバルで比較した場合、中国本土株の下落が目立つ。

 上海総合指数は9月12日(水)の場中で2647ポイントを記録、2016年1月27日
の場中で記録した2638ポイントまで10ポイント足らずに迫っている。
この時の安値は、2015年6月にピークアウトした大相場の戻り安値と
なっている。

 この安値を切るということは、テクニカルに見て大きな意味を持つ。
底割れとなり、下値のめどが立てにくくなる。14日(金)の終値は
2682ポイントまで戻しているものの、2%弱下落すれば、安値更新する水準だ。

 ご興味があれば、ご購読をお願いいたします。
田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株
https://foomii.com/00126

3.『中国株二季報 2018年夏秋号』の販売開始!!
 中国株投資の必携・必読書、二季報最新号の発売が開始されました。

 特集の“中国のニューエコノミーVSオールドエコノミー”を執筆しました。

 詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。
https://www.nikihou.jp/organ/nikihotscr.html


---------------------------------------------------------------------
電子メールに掲載されている内容等は、投資の参考となる情報提供のみを
目的としたものです。したがって、勧誘を目的としたものでありません。
投資に関する最終判断は、お客様御自身の責任でお願い申し上げます。
TS・チャイナ・リサーチ株式会社の電子メール情報を用い、発生した
いかなる損害(被害)及び民事、刑事的問題については、
当社は一切の責任を免れます。
 本件に記載されている内容はその正確性又は完全性を保証したものでは
ありません。記載された内容は、予告なしに変更することがあります。また、
投資結果を保証するものではありません。投資に関する最終判断は、御自身の
責任でお願い申し上げます。


---------------------------------------------------------------
  中国株投資レッスン
    発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
    配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000265585.html 
---------------------------------------------------------------

中国株投資レッスン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/20
部数 1,901部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

中国株投資レッスン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/20
部数 1,901部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング