御薗治療院メールマガジン

御薗治療院メールマガジン

カテゴリー: 2016年11月04日
★★★★★★★★★★★★★★
  御薗治療院のメルマガ
★★★★★★★★★★★★★★

物があれば幸せか?2

ブログを更新しました。
http://ameblo.jp/o-misono/entry-12214871322.html

人間と猿の違いは、物を扱う容量の大きさ
 
ではないかと思うんです。
猿も時々道具を使ったりします。
でも圧倒的に人間の方が道具を使うのが上手いし、その使い方を考えます。
 
そしてそれを共有します。
技術の共有ですよね。
 
科学の発展が悪い。
車社会が・・・。
動物に見習わなければ!!
 
とかよく言われますが、動物から見習うのは、本来は何もないんだということを学ぶだけでいいと思うんです。
余計なことを考えないでただ生きる。
それを学ぶだけでいいと思うんですよね。
ワザワザものを捨てる必要もないと思うんです。
 
科学の発展をとめる必要はないと思います。
それがもし人類の破滅になったとしてもです。
破滅も発展ですからね。
 
また自分は殆ど何も持っていない。
道具も余計なものもないという方がいらっしゃると思います。
でもね。
よく考えてください。
猿と人間の違いは物を扱える能力じゃないんですよ。
本当の能力の差は言葉を操れる能力です。
 
言葉を使って技術の伝承を行うことです。
言葉を持っているだけで道具を持っている訳です。
道具は持ってないけど知識は持っている。
それも道具を持っているのと変わらない。
物を持っていようといまいと、言葉と知識という道具を使っている訳です。
 
人と関わって生活していたら言葉という道具を使わないと生きていけない。
 
最小限の言葉しか使わなければ・・・。
仙人ですよね。
山奥にでもいなきゃ社会生活は不具合がでますよね。
 
それを選択するのも思考です。
元々は言葉です。
人間は人間と楽しみを共有するから人間なんですよね。
そこで物や知識、経験、技術というのが発展します。
自然なことです。
これは大自然と同じ自然なことなんだと思います。
大自然という言葉がなければ大自然はないんですよね。
 
だから結局物のあるなしは関係ない。
もし、それに拘っていたら物のあるなしに囚われているだけだと思います。
人と関わって社会生活をしていたら沢山の物を持っているのと同じだなと私は思っています。
 
言葉を使って技術を伝承し、発展した先には何があるかはわからない。
破滅があるかも知れません。
それを止める技術もあるかもわかりません。
でも結局はそれを進めるのも止めるのも技術であり、言葉なんだと思います。
そう思うと言葉ってもの凄い威力があるって思いません?
 
私はそう思います。
 

御薗治療院HP http://www.o-misono.com/

ブログ      http://ameblo.jp/o-misono/

御薗治療院メールマガジン

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  304部

ついでに読みたい

御薗治療院メールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  304部

他のメルマガを読む