御薗治療院メールマガジン

御薗治療院メールマガジン

カテゴリー: 2016年08月18日
★★★★★★★★★★★★★★
  御薗治療院のメルマガ
★★★★★★★★★★★★★★

認識のケア2

ブログを更新しました。
http://ameblo.jp/o-misono/entry-12190926272.html

認識をケアしようと思っても関節はなかなか動きません。
 
何が正しいのかがわからなくなります。
と言われます。
しかし、注意点は今まで書いたとおりです。
膝頭が真正面を向いて骨盤の幅で椅子に座り、膝の真下に踵がくるようにする。
踵を動かさずに爪先が真正面を向くようにする。
第二指(示指)の延長線上が膝頭の中心にくるように座る。
 
これだけの注意です。
これが正しいのではありません。
これが真っ直ぐであり角度0度という意味です。
 
そしてこの姿勢が角度0度と認識していない場合、基準がゼロではないということです。
この姿勢をとると非常に辛いという方が多くみられます。
無理にこの姿勢をとるのではなく、この違和感そのものが基準であるゼロ。
 
と認識することが重要ということです。
修正したり直したりするのではなく、見た目はゼロにしていて違和感を受け入れる。
ということです。
決してストレッチをする訳ではありません。
 
違和感を受け入れていると関節が勝手に柔らかくなってきます。
これはストレッチではありません。
脳を変える訳です。
脳の感覚を変えるということです。
角度0にならないのも脳が角度0は内向きだと認識しているからです。
それを変えない限り角度0を0と認識できません。
 
何度も言います。
角度ゼロはゼロです。
この世にたった一つしかありません。
この基準を認識しない限り角度5度は間違っているということが言えます。


御薗治療院HP http://www.o-misono.com/

ブログ      http://ameblo.jp/o-misono/

御薗治療院メールマガジン

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/23 部数:  303部

ついでに読みたい

御薗治療院メールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/23 部数:  303部

他のメルマガを読む