御薗治療院メールマガジン

御薗治療院メールマガジン

カテゴリー: 2016年05月21日
★★★★★★★★★★★★★★
  御薗治療院のメルマガ
★★★★★★★★★★★★★★

自分が思っている程いい加減にはできない。
今日はちょっと難しい話ですが何かを極めようとしている人ならばわかります。
ブログを更新しました。
http://ameblo.jp/o-misono/entry-12162322927.html

いい加減って日本人が忌み嫌う言葉でもありますよね。

でもなかなか自分が思っている程いい加減にできないことってあります。
考えてないっていい加減じゃないんですよね。
考えてないのはただ考えてない。
その場その場で言葉をつくろっただけなんです。

そういうのを一般的にはいい加減っていいますがね。
私は自分の性格はいい加減な性格だと思っています。

でも治療の中でいい加減をするのはもの凄く難しいんです。
人の身体を扱っているからできるだけ丁寧に見ようとします。
良くなって欲しい。
そういう気持ちが強く出過ぎます。
これはいい加減にはできない。
でもその気持ちが過ぎるとうまく診断できないんです。
おせっかいになってしまうんです。

治療の中では過剰刺激という言葉で表現されます。
過剰刺激は必ず反発を招きます。
治療をする上でもっとも最初に習うことです。
過剰刺激=誤診、誤治ですからね。
その時は良くても絶対に後から良くならない。
これは治しているのではなく悪くしているんです。
そういうことを最初に習います。
この戒律を守り続けるのはそう簡単なことじゃない。

治療をはじめるのは簡単です。
でも治療を止めるのって難しいのです。
どこで治療を止めれば良いか?

これは一生かかっても完璧にはできないんじゃないかと思う程難しい。
これにはホトホト難儀しました。
力みが少しでもあると診断と治療ってうまくできない。
しかし、考えてないと治療が発展しない。
知識がないと発展しないけど、不必要な知識があり過ぎると迷ってしまっていい加減にはできない。
この狭間で診断するのが筋力検査なんです。
どこまで行っても身体を完璧に把握することはできません。

物理の世界でも同じです。
統一理論を完成させ宇宙の仕組みを解明しようとしていますができませんね。
たぶん人類がそれを完成させることは不可能でしょう。
でも近づくことはできます。
それは様々なことに応用できます。
でもホントのことは科学では絶対に知り得ない。

まあ今物理の世界でもそういう見解なんですよね。
ちょっとオカルト的にも思えたりするのが物理学の世界みたいです。
宇宙の出来事を解明しようとして道半ばです。
だから何があってもおかしくない。
これが本当の世界なんです。

ある程度は説明できますし、昔よりかなり説明できるようになってきた。
でも説明できるようになってきてからが大変みたいですね。
だから全ては説明できない。
しかし、感じることはできる。
それがホントの世界なんだと思います。
頭で理解しようとしても理解できない。でも感じることはできる。
どちらも必要なことなんだと思います。
筋力検査はそれをダイレクトに捉えることができる唯一の方法だと思います。
筋力検査はリズムがとても大事です。

リズムがないと正しく判断できません。
リズムのない診断や治療は奇妙なものになりもの凄く疲れます。
見た目はアクションがないので実質的な労力はそれほどありません。
しかし、精神的労力はもの凄い。
身体の芯を貫く程の威力かも知れません。
だからリズムが大事なんです。
ひも理論みたいに宇宙は振動で成り立っているというのを体感できます。
治療をして身体が疲れるのはリズムがないからなんです。
リズムをつかむためにはいい加減ができないと駄目なんです。

ちょっと今日は一般の人には難しい話だったかもわかりません。
でも治療家は必ず出会うことです。そして必ず迷います。
その迷いが多ければ多い程、良い治療ができるのです。
治療をするということは宇宙を体験することと同じだと私は思っています。
ミクロコスモスである身体を扱い、それを操作するのは宇宙を扱うことと同じです。

慎重に優しくリズミカルに・・・。

これは運動法も同じということが今までブログを読んでくれていたらわかると思います。
全ての事柄は慎重に優しくリズミカルに行ったものだけがうまく行きます。
強引に行ったものは必ずどこかに破綻がきます。
これは真実です。
治療の中で宇宙を表現したい。
それは私の願いでもあります。
そうなると患者さんの身体はリズムを取り戻し、数秒で劇的によくなります。
科学の入る余地などありません。

ただそうなる。
そしてただただ良くなる。
理由は説明できない。
そうしか言えないんですよね。
それに同調した人は劇的に症状が変化します。
そういう治療が私の目指す治療です。
でも理論を理解しようとする。
理論と体感を同時に奏でる。
そのリズムが調和した時しか治療にはならない。
ほんと矛盾そのものの世界が治療の世界です。

御薗治療院HP http://www.o-misono.com/

ブログ      http://ameblo.jp/o-misono/

御薗治療院メールマガジン

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/23 部数:  303部

ついでに読みたい

御薗治療院メールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/23 部数:  303部

他のメルマガを読む