御薗治療院メールマガジン

御薗治療院メールマガジン

カテゴリー: 2016年05月16日
★★★★★★★★★★★★★★
  御薗治療院のメルマガ
★★★★★★★★★★★★★★

触れるか触れないかの刺激!!
ブログを更新しました。
http://ameblo.jp/o-misono/entry-12160809480.html
 
触れるか触れないかの刺激では何も変わらない!!
 
そう信じている人も多いと思います。
グイグイ揉まないと効果はない!!
そう信じ込んでいる人は多いと思います。
グイグイ揉むとグイグイ揉まれたという感覚がありますからね。
気持ち良いという感覚もある。
だから効いているような気持ちにもなります。

確かに弱いだと刺激量は少ない。
しかしただ弱く刺激すれば良いかというとそうではありません。
ここが一番大事なんです。
今回の膝の動きをして使っている筋肉がわかったら、その筋肉の場所をしっかりイメージして行うことに意味があります。
筋肉の場所といっても解剖学的なことを知っている必要はありません。
使っている筋肉の場所を何となく意識すれば良いのです。
できれば3Dで意識してください。
そんなふうに意識してこの膝の動きをすると内股だけじゃなく膝の外側や下腿の前外側とかも使っていることに気づかないでしょうか?
内股ほど強くはないですが使っている感覚があるはずです。

そうなんです。
膝の曲げ伸ばしをする時は内股の筋肉や膝の外側の筋肉、下腿前外側の筋肉、足首内側の筋肉等を使っているということです。
これらが主に使う膝の曲げ伸ばしに関する筋肉なのです。
しかし、医学の本を読むと主動作筋という言葉あります。
主動作筋とは関節を動かすときに主に使う筋肉という意味です。

感覚的なものと主動作筋はあきらかに違います。
主動作筋という名前で覚えてしまうので、感覚的なことがわからなくなるんです。

膝を曲げるときの主動作筋は大腿二頭筋である。
なんていう覚え方をするから意味がわからなくなるんですよ。
頭だけで理解してはいけないというのはこういうことなんです。
単なる学問上の話であって実際の話とは大きくかけ離れているんです。

常識は人を愚かにします。
自分で考えたり感じたりすることを止めてしまいます。
だから強く揉んでしまうんです。
だから主動作筋は大腿二頭筋であるみたいなことを信じ込んでしまうんです。

それを手放さなければ新しいものは生み出されません。
先入観なく自分の身体の感覚に神経を研ぎ澄ませてみてください。
そうすることで全く違う事実がわかってきます。
というかそうしないと感動もなければ本当のことは何一つわかりません。
まずはあなたの頭の中にある常識を捨ててください。


御薗治療院HP http://www.o-misono.com/

ブログ      http://ameblo.jp/o-misono/

御薗治療院メールマガジン

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/21 部数:  304部

ついでに読みたい

御薗治療院メールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/21 部数:  304部

他のメルマガを読む