御薗治療院メールマガジン

御薗治療院メールマガジン

カテゴリー: 2016年05月04日
★★★★★★★★★★★★★★
  御薗治療院のメルマガ
★★★★★★★★★★★★★★

今日は胸郭を動かす動きです。

ブログを更新しました。
http://ameblo.jp/o-misono/entry-12156724308.html

本来胸郭は僅かしか動きません。
腰のようには動かないのは肋骨があるからです。

しかし、肋骨があることで全体として動きます。
空洞を保ちやすい。
つまり不完全な卵形になっているということです。
口腔、胸腔、骨盤腔は不完全な卵形です。
ここに軸を作るポイントがあります。

人によっては右寄り、右後寄りという形で動きやすいところと動きにくいところがあります。
さあそれでは実験してみましょう。

まず、両手を胸に置いて下さい。
そして、肘をなるべく水平にひろげます。
このとき肩に問題のある人は肘が水平まであがりません。
このような方は、鏡の前に立って貰って、肘の角度が同じになるようにしてください。
無理をして水平まで絶対にあげないで下さい。
水平まであがる人は水平まであげてください。
自分は水平まであがっていると思っても鏡でみると右が下がっていたり、左が下がっていたりします。
よく確認してください。
左右を同じにすることがまず第一です。

その状態で腰を捻らないで胸郭だけを少しずつ左右に捻って下さい。
だいたい2センチぐらいしか肘が回転しないと思います。
それ以上だったら腰を使っていますので無理に回転させないようにします。

これをやると自然に息を吐かないと回転できないのが確認できます。
運動をしながら息を吸ったり吐いたりすることがありますが、動きをすることで自然に呼吸をする。
という運動はそうありませんね。
軽く息を吐きながらこの動きをすると回転しやすくなると思います。

この運動は難しいかもわかりません。
慣れてない人は腰が必ず動いてしまいます。
そうすると回転してしまうのです。
胸郭の運動ですからあまり動かないのが普通です。
ここが普通の運動法とは違います。

知らず知らずに腰を使ってしまうので胸郭の運動にはなっていないということです。
たったこれだけの動きですら色んなことがいえます。

ただ行う運動が何故悪いのかがわかって頂けると思います。


御薗治療院HP http://www.o-misono.com/

ブログ      http://ameblo.jp/o-misono/

御薗治療院メールマガジン

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/21 部数:  304部

ついでに読みたい

御薗治療院メールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/21 部数:  304部

他のメルマガを読む